ムーンライト(森永製菓)のカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

ムーンライトは、森永製菓が販売しているクッキーです。
デザインはとてもシンプルであり、満月のような丸型をしていますが、1960年に発売開始された、かなり長い歴史を持つロングセラー商品です。
きめ細やかな口どけ、卵とバターの絶妙なバランスが特徴であり、販売されているクッキーの中でも人気があります。

クッキーといえば、小麦粉や砂糖・バターなど、さまざまな原料が使用されているのでカロリーは高いと思わますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は、そんなムーンライトにおけるカロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

ムーンライトのカロリーと原材料・栄養成分

ムーンライト(森永製菓)
【カロリー】
43キロカロリー(kcal)・1枚(標準8.1g)あたり

【内容量】
14枚(2枚パック×7袋)

【原材料名】
小麦粉 砂糖 ショートニング 鶏卵 バターオイル 植物油脂 マーガリン 卵黄 食塩 乳化剤(大豆由来) 香料 膨脹剤 カロテン色素

【栄養成分表示】
たんぱく質:0.5g 脂質:2.2g 炭水化物:5.2g 食塩相当量:0.04g

ムーンライトのカロリーの特徴

ムーンライトのカロリーは、1枚(標準8.1g)あたり43キロカロリーです。
森永製菓の他のクッキーと比較してみると、マリーは1枚(標準5.4g)あたり24キロカロリー、チョコチップクッキーは1枚(標準9.3g)あたり49キロカロリー、チョイスは1枚(標準8.7g)あたり44キロカロリーとなっていますので、特別カロリーが高いといったわけではありません。

けれども、1箱には14枚入っていて、すべて食べた場合は602キロカロリーとかなり高くなってしまいます。
全部を一度に食べるのではなく、個包装になっているので小分けにして食べたほうがいいです。

購入者さんたちの口コミ

●お馴染みのクッキーです。ネーミングが素敵ですよね。
バターや玉子の風味が口いっぱいに広がるのを紅茶で楽しむのが好きでした。
最近はコーヒーにもあうなぁと思います。

●クッキーはサクサクホロホロしていて、味ではバターの風味も感じられます。
小分けパックで2枚入っているので、食べすぎることを防げて助かります!笑
懐かしい甘さというか優しい味で変わらぬ人気だなと感じます。

●パッケージが昔懐かしのサンリオのキキララということでかわいくって手に取り購入したお菓子です。
箱をあけると個包装のクッキーが入っています。
2枚セットの個包装なので1回に食べるのにちょうどいい分量。
すごくやわらかくって、かまなくっても口の中でとろけていてくれます。
香りもすっごくよくってバターの香りがしっかりています

●小さい頃から何かあると食べていた馴染みの深いお菓子です。
まあるいクッキーはとってもサクサクでもしっとりとしてて、口に入れた瞬間広がるバターの奥深い風味がすごく美味しかったです。
パッケージもとってもオシャレだし、飽きのこない定番おやつにもってこいですね。

●サクサク食感で甘さもちょうどよいクッキーです。
バター味が軽めなのでしつこくない味わいです。
紅茶とともにいただくととてもおいしいです。
1パック2枚入りなので食べすぎも防いでくれます。

●とても卵の味わいがあって、ほんのりとした甘さがしつこくなくて美味しかったです。
サクサク食感もいいですね。
2枚ずつ個包装になっているのも嬉しいですね。

●サクサクとして、優しい味です。たまごの味が強くて、柔らかいです。
一枚ずつ丁寧に仕上げられているなと思います。
市販のクッキーにしては、手作り感のある親しみやすいもので、子どもの頃からよく食べています。
コーヒーにもよくあいます。

●サクサクの食感とバターや卵、ミルクの風味をふんだんに感じて味わって食べるとすぐに満足感が生まれます。
口どけもよく甘さも後を引きません。美味しいと思います。

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。