あじの塩焼きのカロリーとレシピ

あじの塩焼き

あじの塩焼きのカロリーとレシピ

【カロリー】
97キロカロリー(kcal)

【あじの塩焼きの紹介】
一尾魚の塩焼きは焼き加減が大切です。
皮はカリッ・身はふっくらと焼きあがったら理想的です。

【材料 2人分】
あじ・・・2尾
塩・・・適量
大根おろし、しょうゆ・・・各適量

※ 塩焼きには20cm前後の中型のあじが向いています。

【作りかた】
①あじは、両面にあるギザギザのぜいごを尾のほうからそぐように切り取る。
えらとはらわたを除き、水洗いして水気をふく。

②盛り付けで表になるように斜めの切り目で2~3本浅めに入れる。
※ 飾り包丁といい、焼くと見た目がよく、火も通りやすくなります。
また、斜め十文字に入れてもいいです。

③尾びれ・胸びれ・背びれを広げ、塩をまぶしつけるようにたっぷりとつける。
※ 焼いたときに焦げるのを防ぎ、でき上がりを美しくするのが目的で、これを化粧塩といいます。

④化粧塩をした部分を小さく切ったアルミ箔で包み、さらにガードする。

⑤あじの両面にまんべんなく塩をふる。
片手にあじを持ち、30cmくらい上から少しずつ落とすと、均一になる。
※ これそふり塩といいます。

⑥焼き網をよく熱し、器に盛るとき表になるほうを下にして、強めの火加減で焼く。
ほどよい焼き色がついて四分どおり焼けたら返し、火を少し弱めて中まで火を通す。
※ 返すときは、そのまま手前が向こうへ半回転させると簡単。

⑦器に盛り、大根おろしを添え、大根おろしにしょうゆをたらすと完成です。


盛り付けで上になるほうから強めの火加減で四分どおり、返したら火を少し弱めて六部焼くと、理想の焼き上がりになります。
尾や胸びれの化粧塩も、焦がさず美味しそうに焼くための大切な下ごしらえです。

グリルで焼くときは?
グリルは熱源が上火だけのものと、上下のものがあります。
上下だけなら盛るときに下になるほうから先に焼くと、カリッと仕上がります。
上下なら、盛るときに上になるほうを上にして焼きます。

また、焼き魚は「強火の遠火」で焼くのが理想的なので、焼き網は二重のものが向いています。

他の魚の塩焼きのカロリー

いわしの塩焼き

さんまの塩焼き

鮭の塩焼き

ほっけの塩焼き

126カロリー(kcal)

251カロリー(kcal)

187カロリー(kcal)

220カロリー(kcal)

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。