さんまの塩焼きのカロリーとレシピ

サンマの栄養

さんまの塩焼きのカロリーとレシピ NO.1

【カロリー】
251キロカロリー(kcal)

【さんまの紹介】
さんまは、秋刀魚という字のとおり、秋が旬の魚になります。
たんぱく質と脂質が豊富で、脂肪には不飽和脂肪酸であるEPAやDHAを含み、ビタミンAやビタミンB12なども含まれています。
口先と尾のつけ根が黄色いものは脂がのっていますが、ハリとツヤがあり、目が充血していないものを選ぶといいです。

【材料】
さんま・・・2尾
大根おろし・・・適量
すだち・・1個
塩・・・適量

【作り方】
①まず、さんまを洗います。
さんまは、塩水(2~3%・水3カップに塩大さじ1が目安)で洗い、水気を抜く。

②さんまは、内臓を切らないよう、頭から三分の二のところで二つに切る。
ざるにのせ、両面に塩をふる。
※ 尺塩といって、30cmふらい上から振ると均一になります。
尾ひれには指で塩をつまむようにつけて焼くと、ひれが焦げないですが、これを化粧塩といいます。

③焼き網を赤くなるまで十分に熱し、盛り付けた時に表になるほうから焼く。
魚は頭を左、腹を手前に盛り付けるのが基本であり、表を下にして並べるが、グリルの場合は表を上にする。

④中火で4~5分焼いて、きつね色にきれいに焼けたら、裏返して同様に2~3分焼いて中まで火を通すが、押してみて弾力があればOK。
焼き魚は遠火の弱火が基本だが、家庭用の焼き網やぐグリルでは火が近いので、中火にするといいです。
表六分の裏四分といわれ、表を六割焼いたら裏返しますが、返すのは1回だけでいいです。

⑤大根はすりおろして、ざるで自然に水気をきり、すだちは横半分に切ります。
さんまを器に盛り、大根おろしとすだちを添え、しょうゆを大根おろしにかけると完成です。

他の魚の塩焼きのカロリー

いわしの塩焼き

あじの塩焼き

鮭の塩焼き

ほっけの塩焼き

126カロリー(kcal)

97カロリー(kcal)

187カロリー(kcal)

220カロリー(kcal)

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。