ビーフステーキのカロリーとレシピ

ビーフステーキ
ビーフステーキは、イギリスから伝わった牛肉料理の一種であり、牛肉のヒレまたはロースのスライスを焼いたものです。
塩・こしょうなどで味付けしていますが、牛肉の美味しさをそのまま味わうことができるので、人気がある調理法になります。
焼き加減により、レア・ミディアム・ウエル-ダンに分かれ、赤ワインなどといっしょによく食べられています。

今回は、そんなビーフステーキにおけるカロリーやレシピなどを紹介します。

ビーフステーキのカロリーとレシピ

【カロリー】
630キロカロリー(kcal)

【ビーフステーキの調理ポイント】
シンプルな調理法だから、焼き方次第で美味しさが決まります。
塩・こしょうの味付けだけで十分ですが、ここでは、炒めたエシャロットをのせて風味をプラスしましょう。

【材料】
牛ロース肉(1枚150g)・・・2枚
エシャロット・・・1+1/3個(または玉ねぎ1/2個)
油・・・大さじ1+1/3
バター・・・大さじ1
赤ワインビネガー・・・少々
塩・こしょう・・・少々
マスタード・・・適宜

付け合わせ
『フライドポテト・・・適宜 クレソン・・・少し』

材料メモ
エシャロットの姿は小さな玉ねぎのようですが、玉ねぎとはまた違った香味がある野菜です。
フランス料理やイタリア料理ではポピュラーな素材で、刻んで炒めて香りを出し、ソースや煮込みの風味づけに使われています。

【材料の準備】
牛肉は、焼く30分ほど前に、冷蔵庫から出して室温に戻し、すじ切りをする。
エシャロットはみじん切りにする。
フライドポテトは作っておく。

【作り方】
①焼く直前に、牛肉の両面に塩・こしょうを振る。
このとき、高い位置から振ると、均一に散ってムラがないです。

②フライパンに、油・バターを熱して煙が出てきたら、牛肉を盛り付けて、表になる面から強火で焼く。
焼き色がついたら裏返し、好みの焼き加減に仕上げる。
ミディアムは弱火にして2分ほど焼く。
レアなら強火のまま焼き色をつける。
ウエルダンなら弱火で3分ほど焼く。

④仕上げに、フライパンを傾けて脂身に油を回して焼くと、カリッと香ばしく焼き上がります。

⑤肉を取り出して皿に盛り、焼き汁の残ったフライパンにエシャロットを入れ、赤ワインビネガーを振り、エシャロットが色づかないように炒める。

⑥ステーキの上に⑤のソースをのせる。
付け合わせのフライドポテト・クレソンを添える。
好みでマスタードをつけて食べるといいです。

他の肉料理のカロリー

ローストビーフ(牛もも肉 130g)

ポークソテー(豚ロース肉 150g)

ローストチキン(鶏モモ骨付き肉 150g)

チキンの香草焼き(鶏モモ肉 150g)

377カロリー(kcal)

548カロリー(kcal)

307カロリー(kcal)

372カロリー(kcal)

鶏の照り焼き(鶏モモ 150g)

手羽先のグリル(鶏手羽先 100g)

豚肉のしょうが焼き(豚肩ロース肉 100g)

豚キムチ炒め(豚バラ肉 75g)

436カロリー(kcal)

212カロリー(kcal)

331カロリー(kcal)

442カロリー(kcal)

肉にはいろいろな調理法がありますが、肉のカロリー自体が高いので、どの料理もカロリーは高くなっています。

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。