ズワイガニの特徴とは?産地や栄養・カロリーなども紹介♪

ズワイガニ

ズワイガニの特徴

別称・方言
セイコガニ(メス)、コウバガニ(メス)、マツバガニ(鳥取)・エチゼンガニ(福井・石川)・ヨシガニ、タラバガニ(山形)

名前の由来
ズワイという名前は、細くまっすぐな小枝を意味する「すわえ」に意味するとされています。

特徴
ズワイガニは、クモガニ科の甲殻類であり、北太平洋・オホーツク海・ベーリング海・日本海では北海道東岸まで・太平洋側は銚子沖までの寒海に分布しています。

通常は200m前後の深層に生息し、冬季に浅場へ移動します。
オスは脱皮を繰り返し甲幅約15cmほどになりますが、メスは約8cmほどで成熟します。

ズワイガニは、冬の味覚の王様といわれていて、日本海では冬の風物詩となっています。
味がよく脚にも肉量が豊富なことから、市場では最高値で取引されています。
漁獲される地域によって、北陸地方では越前ガニ・山陰地方では松葉ガニと呼ばれています。

食べ方
市場では、大形のオスのみをズワイガニと呼び、メスガニや幼ガニはセイコガニ・セコガニと呼ばれていて、主に鍋物のだしなどに使われています。
新鮮なものは刺身でも食べられていますが、カニすき・塩ゆで・蒸すなど、さまざまな食べ方が楽しめるのが特徴になります。
カニの殻にはうま味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれているので、鍋の中に殻ごといれてだしを取ると、塩やしょうゆなどの調味料を減らすことができます。

カニ味噌は、濃厚なうま味があり、とても美味しいです。
味噌とつくので脳みそと思われがちですが、実は肝臓やすい臓部分になります。

ズワイガニの旬

旬のカレンダー
ズワイガニの旬
資源保護のために漁期が決められれていて、美味しいオスは11月~3月下旬までになります。

ズワイガニの産地

農林水産省(平成24年漁業・養殖業生産統計)参照

兵庫県
全国漁獲の31.8%の構成比 1,400t
鳥取県
全国漁獲の25.0%の構成比 1,100t
福井県
全国漁獲の11.4%の構成比 500t

ズワイガニは、国産物よりも輸入物のほうが圧倒的に多く、最近は低価格な輸入物がスーパーなどで販売されていることもあります。
オスは海外から大量に輸入されますが、メスは国産ものになります。

国産物では数が足りないので、現在では、ロシア・アラスカなどからの輸入物が国産物の10倍ほども輸入されています。

ズワイガニの上手な選び方

  • 手で持った時に重いもの。
  • 甲羅に黒い粒があるのは身が詰まっています。
  • 甲羅などが黒ずんでいるものは古いので避けたほうがいいです。

スポンサードリンク

ズワイガニの栄養と効能

ズワイガニズワイガニは、高たんぱく・低脂肪・低カロリーであり、ビタミンB1やビタミンB2・ビタミンE・カルシウム・カリウムなど、他のカニよりもさまざまな栄養素が含まれています。

ビタミンB12が豊富に含まれていて、赤血球の生成を助ける働きがあるので、貧血予防に有効とされています。
ナイアシンが豊富に含まれていて、アルコールの代謝を促し、二日酔いを予防する効果が期待できます。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、肝機能を高める作用があるタウリンが含まれています。
味噌の部分には、肝臓の機能を活発にし、疲労を回復させるグリコーゲンが豊富に含まれていています。
新しい細胞を作る原材料となる核酸が豊富に含まれていて、新陳代謝を活発にし、老化防止に対する効果が期待できます。

ズワイガニの主な効能

疲労回復・貧血の予防、改善・二日酔いの予防・コレステロールの上昇抑制

ズワイガニの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンE・カルシウム・カリウム・ナイアシン・タウリン・グリコーゲン・核酸

ズワイガニのカロリー(kcal)と糖質

ズワイガニのカロリーですが、生の場合は63kcal・ゆでた場合は69kcalであり、糖質は0.0gです。(※ 可食部100gあたり)
他のカニですが、タラバガニのカロリーが75kcal・糖質が0.2gで、毛ガニのカロリーが72kcal・糖質が0.2gになります。

カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材になります。

他の魚介類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の魚介類と比べるとカロリーは低く、糖質はほぼ同じくらいになっています。

  • アジ・・・126kcal・0.1g
  • イワシ・・・169kcal・0.2g
  • シシャモ・・・177kcal・0.2g
  • ホタテ・・・88kcal・3.5g
  • スルメイカ・・・83kcal・0.1g

      

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。