八宝菜のカロリーとレシピ

八宝菜
八宝菜は、肉や魚介類・野菜など、たくさんの材料を炒めて作る中華料理です。
中華料理屋さんでは人気のメニューですが、美味しいので家庭でもよく作られています。
野菜などの食材は、冷蔵庫にあまってるものでも使用できるので便利ですし、さまざまな食材を同時に食べるため栄養豊富な料理になります。

今回は、そんな八宝菜におけるカロリーとレシピなどを紹介します。

八宝菜のカロリーとレシピ

【カロリー】
216キロカロリー(kcal・1人分)

【八宝菜の調理ポイント】
ていねいな下ごしらえで、素材がそれぞれに引き立ちます。
材料を炒め過ぎないことがポイントになります。

【材料 2人分】
豚もも薄切り肉・・・50g
紋甲イカ・・・40g
エビ(小さいもの・むき身)・・・25g
白菜の軸・・・1/2枚分
ハム・・・25g
ゆでたけのこ・・・40g
生しいたけ・・・1枚
ニンジン・・・40g
きぬさや・・・4~5枚
揚げ油・・・適量

Aの材料
『塩・・・適量 酒・・・小さじ1/2 こしょう・・・適量 とき卵・・・大さじ1/2 片栗粉・・・大さじ3/4 サラダ油・・・小さじ1/2』

Bの材料
『塩・・・適量 酒・・・大さじ1/4 こしょう・・・適量 片栗粉・・・大さじ1/2 サラダ油・・・小さじ1/2』

Cの材料
『塩・・・適量 酒・・・大さじ1/2 片栗粉・・・大さじ1/2 卵白(ときほぐす)・・・大さじ3/4 サラダ油・・・小さじ1/4』

合わせ調味料
『鶏がらスープ、オイスターソース、酒・・・大さじ1/2 しょうゆ・・・小さじ1/2 砂糖・・・小さじ1/3 水溶き片栗粉(片栗粉1:水2)・・・大さじ1/3』

【作り方】
①肉は食べやすい大きさに切ってボウルに入れ、Aの塩・酒・こしょうを加えてよくもみ、とき卵を加えてもみ込み、片栗粉を加えてさらにもむ。
肉どうしがくっつかないようにサラダ油を加えて混ぜ合わせたら、ラップをかけて10分ほど置く。

②イカは薄皮をむいて縦半分に切り、内側に2mm間隔で格子に深い切り目を入れる。
裏返して一口大の三角形に切る。
水洗いしてぬめりを取り、水の中で切り目を開く。
※ こうすると、炒めた時に花のように咲き、火の通りもよくなる。

③イカの水分をよくふいてボウルに入れ、Bの塩・酒・こしょうを加えてもみ、片栗粉を加えて混ぜ、サラダ油を加えてさらにもむ。
ラップをかけて10分ほどおき、味をなじませる。

④エビは背ワタを取って水洗いし、水気をきってボウルに入れる。
片栗粉適量(分量外)をふってもみ、臭みを取るためにエビを水洗いする。
水気をきって再び洗い、水気をふき取る。

⑤エビをボウルに入れ、Cの塩と酒をふってよくもみ、片栗粉をまぶす。
卵白を軽く泡立て、これに加え混ぜ、サラダ油も加えてもんだら、ラップをかけて10分ほどおく。
※ 卵白はエビをプリプリした食感にする。

⑥ニンジンは2mm厚さのひし形に切り、白菜の軸は縦半分に切ってから薄いそぎ切りにします。
タケノコは2mm厚さの食べやすい形に切る。
シイタケは石づきを除いて、大きめのそぎ切りにし、ハムは半分に切ってから3等分に切る。
きぬさやは筋を切る。

⑦中華鍋もしくはフライパンに揚げ油を150℃に熱し、肉・イカ・エビをほぐしながら順に入れ、くっつかないようにおたまなどで混ぜながら1分ほど火を通す。
イカが開き始めたら、⑥の材料を切った順に入れ、きぬさやの緑色が鮮やかになったら網じゃくしなどですくいます。
油などは油入れなどにあける。
※ これを「油通し」といいます。

⑧合わせ調味料の材料をボウルに入れてよく混ぜる。
⑦の中華鍋もしくはフライパンを火にかけ、油通しした材料を戻し、合わせ調味料を加えて混ぜ合わせる。
調味料が全体に絡んだら火を止め、余熱で火が入り過ぎないようにすぐに器に盛ると完成です。


肉や魚は下味をしっかりつけ、薄いころもでうまみを封じ込めると、驚くほど味わいがアップします。
湯通しで火が通っているので、仕上げの炒めは調味料がからまればOKです。

湯通しって何?
材料を炒めたり煮たりする前に、サッと油で揚げる、中国料理の下ごしらえのひとつです。
肉や魚介類は表面に油の膜ができ、うまみや水分が逃げません。
野菜は余分な水分やアクが抜け、火の通りが均一になります。

スポンサードリンク

さいごに

八宝菜のカロリーは1人分で216キロカロリーです。
青椒肉絲(チンジャオロース)は270キロカロリー、麻婆豆腐は290キロカロリー、回鍋肉(ホイコーロー)は361キロカロリーですので、他の中華料理よりもカロリーは低くなっています。
中華料理の中でもカロリーは低いほうなので、中華料理を食べたいけれどもカロリーが気になる人などにはおすすめの料理になります。

今回は八宝菜を紹介しましたが、同じ中華料理の仲間にレバニラ炒めがあります。
こちらの記事にてレバニラ炒めの栄養やカロリーなどを紹介していますので、よかったら見てくださいね。

 レバニラ炒めの栄養とカロリー・レシピ

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。