棒棒鶏(バンバンジー)のカロリーとレシピ

棒棒鶏(バンバンジー)
棒棒鶏(バンバンジー)は、蒸し鶏に芝麻醤などゴマのソースをかけた四川料理です。
中華料理の前菜としてよく食べられていますが、あっさりとした口当たりがおいしく人気の料理となっています。
棒棒鶏(バンバンジー)という名前の由来は、加熱した鶏肉を棒でたたき、やわらかくして裂いたのが始まりだとされています。

今回は、そんな棒棒鶏(バンバンジー)におけるカロリーとレシピなどを紹介します。

棒棒鶏(バンバンジー)のカロリーとレシピ

【カロリー】
314キロカロリー(kcal・1人分)

【バンバンジーの紹介】
今回紹介する加熱方法は、沸騰したお湯に入れたらすぐに火を止め、鶏にゆっくりと火を通すやり方です。
火が通り過ぎてパサつくという失敗がなく、うま味も逃げずジューシーに仕上がるのでおススメです。

【材料 2人分】
鶏もも肉・・・小1枚
キュウリ・・・1本
トマト・・・1/2個
レタス・・・1枚

下ゆで用
酒・・・大さじ3
水・・・1ℓ
塩・・・10g
長ネギ(青い部分)・・・1本
しょうが(皮)・・・1片

タレ
酢・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
ごま油・・・小さじ1
しょうが(みじん切り)・・・1片
長ネギ(みじん切り)・・・6cm
練りゴマ・・・大さじ1
ラー油・・・少々

【下準備】
①鶏もも肉の余分な脂を切り落とす。
②もも下の部分にある筋を、包丁の刃元で切る。

【作り方】
①下ゆで用の材料を厚手の鍋に沸かし、必ず沸いたところに鶏肉を加え、すぐに火を止める。
ふたをしてそのまま冷めるまでおく。
※ ゆでずに余熱で火を通すので、湯の量は正確に。
冷めにくいように、鍋はピッチリしまる厚手のものがよく、あまり口径の大きくないものを使う。

②タレの酢・砂糖・しょうゆ・ごま油・しょうがを合わせ、長ネギを加えて、その上に練りゴマを広げるようにのせる。
最後にラー油を加え。全体をざっくりと粗く混ぜる。
※ 合わせる順序が大切です。
一般的な調味料、しょうが、長ネギ、その上に練りゴマ、ラー油を入れ、混ぜ過ぎないようにするのがポイントです。

③①のゆで汁が冷めれば、肉にも火が通って出来上がりです。
※ 季節にもよりますが、約30~40分ほどでゆで汁が冷め、肉の中心まで火が通ります。
盛りつけまで時間があるときは、ゆで汁に漬けた状態で冷蔵庫に置く。

④キュウリは、ピーラーで縦に長い細切りにする。
トマトは半月切りにし、レタスは太めのせん切りにする。

⑤鶏肉の汁気を切り、細切りにする。
④を器に盛って鶏肉をのせ、②をたっぷりとかけると完成です。

スポンサードリンク

さいごに

棒棒鶏(バンバンジー)は1人分で314キロカロリーです。
エビシュウマイは287キロカロリー、麻婆春雨は322キロカロリー、春巻きは308キロカロリーですので、他の中華料理と比較するとカロリーは同じくらいになっています。
カロリーにおいては特別高いわけではなく、食べすぎなければそれほど気にする必要はないと思います。
鶏肉と野菜の組み合わせがあっさりとして食べやすいので、食欲がない時期である夏場のメニューに向いています。

今回は棒棒鶏(バンバンジー)を紹介しましたが、同じようにお肉を使って調理している中華料理の仲間に回鍋肉(ホイコーロー)があります。
こちらの記事にて回鍋肉(ホイコーロー)のカロリーやレシピなどを紹介していますので、よかったら見てくださいね。

 回鍋肉(ホイコーロー)のカロリーとレシピ

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。