ゴーヤチャンプルーのカロリーとレシピ

ニガウリの調理法

ゴーヤチャンプルーのカロリーとレシピ

【カロリー】
285キロカロリー(kcal・1人分)

【ゴーヤチャンプルーの紹介】
チャンプルーは、ちゃんぽんなどと語源は同じで、いろいろ混ざった料理のことになります。
代表的なのは、ゴーヤと豆腐の組み合わせで、単にチャンプルーといえばこれであり、卵でまとめたものは相性もよく人気抜群です。
独特の苦みがあって、にがうりともいわれるゴーヤは、ビタミンが豊富な野菜になります。
苦味は、種を除き、塩でもんだりすれば、ぐんとマイルドになって食べやすくなります。

【材料 2人分】
ゴーヤ・・・縦1/2本
豆腐(木綿)・・・1/2丁
豚バラ肉(薄切り)・・・70g
しょうが(薄切り)・・・2枚
ごま油・・・小さじ1
卵・・・1個
かつお節・・・15g
しょうゆ、塩・・・適量

※ 炒め油にはラードを使ってもOKです。
コクが出てさらに本格的な味がします。

【下準備】
●ゴーヤ
縦2つ割りのゴーヤは、種とワタをスプーンなどで除き、薄切りにします。

●豆腐・豚バラ肉
豆腐はペーパータオルで軽く水気を押さえ、4つに切る。
豚肉は3cm幅に切る。

【作り方】
①薄切りにしたゴーヤに塩1つまみをふって混ぜ、10分ほどおき、水洗いして水気をきる
※ ゴーヤに塩をし、水洗いをしてしっかり水気をきることで、余分な苦味を取り除く。

②ごま油としょうがをフライパンに入れて弱火にかけ、十分に香りが出たら豚肉を加えてほぐしながら炒める。
肉の色が白くなったらゴーヤを加えて炒める。
※ 先にしょうがの香りを油に移し、豚肉を加えてほぐすように軽く炒める。

③おおよそ火が通ったら、豆腐を粗くくずしながら加えて炒める。
豆腐の水気がとんだら、しょうゆ大さじ1を加えて調味し、炒め合わせる。

④ほぐした卵を回し入れてざっと混ぜ、卵にほぼ火が通って全体にからまったら、かつお節を加えて混ぜ、出来上がりです。
※ 卵を入れ、半熟状になったら大きく混ぜる。
仕上げにかつお節を加える。

地域料理のカロリー

バッテラ(大阪府 ごはん200g・サバ150g)

賀茂ナスの田楽(京都府 ナス150g)

岩国寿司(山口県 1人分・21.7g)

讃岐うどん(香川県 1人分・431g)

637カロリー(kcal)

133カロリー(kcal)

264カロリー(kcal)

991カロリー(kcal)

じゃこ天(愛媛県 1人分・61g)

広島風お好み焼き(広島県 キャベツ100g・めん75g・豚バラ50g)

かつおのたたき(高知県 かつお80g)

カツめし(兵庫県 1人分・384g)

93カロリー(kcal)

597カロリー(kcal)

96カロリー(kcal)

939カロリー(kcal)

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。