トマトソースパスタのカロリーとレシピ

トマトソースパスタ
トマトソースパスタとは、その名の通りトマトソースを使ったパスタです。
パスタにはいろいろな種類がありますが、最もオーソドックスなものでシンプルな料理になります。
トマトとスパゲティは相性がよく、家庭や飲食店などでもよく作られている人気があるメニューになっています。

今回は、そんなトマトソースパスタにおけるカロリーとレシピなどを紹介します。

トマトソースパスタのカロリーの特徴

トマトソースパスタのカロリーは、今回紹介するレシピだと471キロカロリーです。
トマトソースは、基本的にどんな食材とも合いますので、使う具材はお好みになります。
玉ねぎやニンジン・ナス・ベーコンなどがよく使われていますが、使う具材によってカロリーは変わってきます。

気になる人は、カロリーの低い野菜などを使うとよく、シンプルにすればするほどカロリーは低くなってきます。

他のパスタのカロリー

ペペロンチーノ(スパゲティ80g)

ジェノベーゼ(スパゲティ80g)

ボンゴレ(スパゲティ80g)

ナポリタン(スパゲティ80g)

534カロリー(kcal)

587カロリー(kcal)

654カロリー(kcal)

604カロリー(kcal)

カルボナーラ(スパゲティ80g)

ペスカトーレ(スパゲティ80g)

和風きのこパスタ(スパゲティ80g)

たらこパスタ(スパゲティ80g)

772カロリー(kcal)

596カロリー(kcal)

453カロリー(kcal)

474カロリー(kcal)

パスタはどれもが高カロリーなのですが、トマトソースパスタは使う具材や調味料が少なめなので、カロリーは低いほうになっています。

トマトソースパスタのカロリーとレシピ

【カロリー】
471キロカロリー(kcal・1人分)

【トマトソースパスタの紹介】
イタリア版万能調味料であるソフリットが味の決め手です。
少し芯が残るアルデンテのパスタにからめ、できたてを食卓へお届けします。

【材料 2人分】
トマト缶詰(ホール)・・・320g(約4/5缶)
バジルの葉・・・5~6枚
塩、こしょう・・・各適量
スパゲッティーニ・・・160g

●ソフリットの材料(出来上がり1カップ弱)
ニンジン・・・1本
タマネギ・・・1個
セロリ・・・1本
オリーブ油・・・1カップ

ソフリットとは?
香味野菜を油でじっくりと炒め煮にし、甘みを引き出したイタリアンのうま味の素です。
ミートソースや炒め物に加えたりと、いろいろな料理に使用することができます。
冷凍庫で1~2ヶ月ほど保存することが可能になっています。

【作り方】
●ソフリットを作る
①ニンジンは皮をむき、タマネギとともに適宜な大きさの乱切りにする。
セロリはザクザクと切る。

②ニンジンとセロリをフードプロセッサーでペースト状になるまできざみ、タマネギも同様にする。

③鍋に②とオリーブ油を入れて強火にかける。
煮立ったら弱火にし、水分がなくなってしんなりとしたあめ色になるまで40分ほど煮る。
これでソフリットの出来上がりです。
※ カロリーが気になる人はオリーブ油を半量にし、水1/2カップを加えてもよい。

●トマトソースを作る
④鍋にソフリット、トマト缶詰を缶汁ごと入れて火にかける。
トマトをつぶしながら火を通し、バジルの葉を粗くちぎって加える。
煮始めの半分くらいの量まで煮詰めたら、塩・こしょうで味を調える。

●パスタをゆでる
⑤深めの鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯量の1%強の塩を加える。
スパゲッティーニを両手で握り、鍋の上で少しひねるようにしたパッと離して放射線状に広げ入れる。
ときどきかき混ぜながらゆで、再び煮立ったらやや弱火にする。
※ ふきこぼれそうになっても差し水はしないこと。

⑥袋の表示時間より少し長めに数本を取り出し、爪で切ってゆで加減を確認する。
少し芯が残る程度のかたさになったら、ざるに上げる。
※ このかたさをアルデンテという。

●ソースと麺をあえる
⑦④のソースにゆで上がったスパゲッティーニを入れて手早くあえ、器に盛りつけたら完成です。


パスタは、作り立てのソースをゆでたてのパスタにからめるのがいちばんです。
ソフリットはれ冷凍保存できるので、多めに作ってストックしておけば、トマトソースもあっという間に作ることができます。

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。