麻婆豆腐のカロリーとレシピ

麻婆豆腐
麻婆豆腐は、ひき肉のようなうま味が豆腐にしみて、子どもや老人まで人気がある中華のおかずです。
中華料理屋でも人気のメニューですが、日本の家庭でいちばん親しまれている、いまや国民的な中華といえる料理になっています。
日頃あまり使わない調味料などもありますが、材料さえ揃えれば手軽で簡単に作ることができます。

今回は、そんな麻婆豆腐におけるカロリーとレシピなどを紹介します。

麻婆豆腐のカロリーとレシピ

【カロリー】
290キロカロリー(kcal・1人分)

【麻婆豆腐の紹介】
麻婆豆腐は、市販の中華の素に頼らなくても、豆板醤や甜麵醬などの調味料を活用すれば、手軽に本格的な中華の味わいを出すことができます。
本場の中国では辛みをしっかりきかせますが、好みで加減するといいです。

【材料 2人分】
牛ひき肉・・・100g
豆腐(絹)・・・1丁
太白ごま油・・・小さじ1
ニンニク(みじん切り)・・・1片
ショウガ(みじん切り)・・・1片
豆板醤・・・小さじ2/3
甜麵醬・・・大さじ1と2/3
酒・・・大さじ2
しょうゆ・・・小さじ1/2
小ネギ(小口切り)・・・1~2本
粉山椒・・・適量

●Aの材料
片栗粉・・・小さじ2
水・・・大さじ1と1/3

【下準備】
豆腐を1cm角程度に切り、塩を加えた湯で温める程度にゆでる。

【作り方】
①フライパンに、太白ごま油とニンニク・ショウガを入れて弱火で熱し、香りが出たらひき肉を加えて炒める。
※ ニンニク・ショウガは焦げやすいので、火にかける前に油といっしょに入れて炒め、香りを出す。

②ひき肉がポロポロになったら、片側に寄せてフライパンを傾けて油を集め、豆板醤を入れて熱し、香りが立ったら甜麵醬も入れて熱する。
※ 豆板醤は油の中で炒めると、より香りが立ち、色鮮やかなオレンジ色になる。
肉から出た脂を鍋に傾けて一か所に集め、その中で炒め、続けて甜麵醬も同様に炒め合わせると風味が引き立つ。

③ひき肉に調味料を合わせからめるように炒め、酒・湯カップ1を加えて炒め、しょうゆで味を調える。

④あらかじめ湯で温めておいた豆腐の水気をきって加え、2~3分煮込み、調味料をなじませる。
※ 豆腐は水切りしておくより、塩を加えた湯で軽くゆでておくほうが、水切りにもなり、くずれにくくなる。

⑤Aを合わせた水溶き片栗粉を回し入れ、大きく返しながら混ぜ、とろみをつける。

⑥小ネギを散らし、粉山椒を加え、皿に盛ったら完成です。

スポンサードリンク

他の豆腐料理のカロリー

※ すべて1人分のカロリーです。

豆腐ステーキ

湯豆腐

肉豆腐

揚げ出し豆腐

285キロカロリー(kcal)

163キロカロリー(kcal)

295キロカロリー(kcal)

273キロカロリー(kcal)

麻婆豆腐は290キロカロリーですが、他の豆腐料理とカロリーは同じくらいになっています。

他の中華料理のカロリー

※ すべて1人分のカロリーです。

春巻き

麻婆茄子

棒棒鶏(バンバンジー)

回鍋肉(ホイコーロー)

308キロカロリー(kcal)

378キロカロリー(kcal)

314キロカロリー(kcal)

361キロカロリー(kcal)

青椒肉絲(チンジャオロース)

焼き餃子

レバニラ炒め

270キロカロリー(kcal)

351キロカロリー(kcal)

380キロカロリー(kcal)

308キロカロリー(kcal)

中華料理は基本的にカロリーが高いのですが、麻婆豆腐は豆腐がメインで少し低くなっていますので、他の中華料理よりは気にせず食べることができます。

さいごに

麻婆豆腐は、食べやすくてボリュームがあり、味が濃くてご飯にとても合うので夕食のメニューにはピッタリとなります。
今回は麻婆豆腐を紹介しましたが、同じ様な料理に麻婆茄子があります。
こちらの記事にて麻婆茄子のカロリーなどを紹介していますので、よかったら見てくださいね。

 麻婆茄子のカロリーとレシピ

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。