親子丼のカロリーとレシピ

親子丼

親子丼のカロリーとレシピ

【カロリー】
690キロカロリー(kcal・1人分)

【親子丼の紹介】
親子丼は、卵でとじるだけで手軽に作ることができる料理で、丼の中ではかなり人気となっています。
鶏肉の存在感で食べごたえがあり、うま味のしみ込んだ卵には格別の味わいがあります。
店では親子鍋という専用の小鍋で作りますが、家庭では小さいフライパンで代用することができます。
ポイントを押さえて1人分ずつ手早く仕上がれば、まさにお店の味わいです。
煮汁は京風のやさしい味、関東風の甘辛味の2種類を紹介していますので、お好みでどうぞ。

【材料 2人分】
鶏もも肉・・・120g
玉ねぎ・・・1/2個
三つ葉・・・1株
卵・・・4個
温かいご飯・・・丼2杯分
粉山椒・・・適量

●煮汁の材料(京風)
だし・・・カップ1/2
酒、みりん・・・各大さじ2
薄口しょうゆ・・・大さじ1

●煮汁の材料(甘辛風)
だし・・・カップ1/2
みりん・・・各大さじ1と1/3
砂糖、しょうゆ・・・各大さじ2

【下準備】
●鶏もも肉、玉ねぎ、三つ葉
鶏肉は余分な脂や皮を除き、薄くそぐように一口大に切る。
玉ねぎは横に薄切りに、三つ葉は3cmの長さに切る。

●煮汁
京風なら、2人分でカップ1/2に酒・みりん各大さじ2、薄口しょうゆ大さじ1を合わせる。
甘辛味の関東風なら、酒ではなく砂糖が加わり、しょうゆは濃い口となる。

【作り方】
①丼は1人分ずつ仕上げるので、卵は1人分2個ずつ溶く。
白いカラザを除き、あまり溶きすぎないよう箸で白身を切るようにしてザックリとほぐしておく。
一方で、材料を合わせた煮汁全量を煮立てておく。

②小さいフライパン(直径16cm以下、親子鍋でも)に①の煮汁の半量と薄切りの玉ねぎ半量を合わせて煮立て、鶏肉半量を広げ入れてふたをし、ひと煮立ちさせて火を通す。
※ ここまで2人分をいっしょに作り、卵でとじるところから半量ずつにしてもよい。

③三つ葉1を/4量散らし、1人分の卵の半量を回し入れ、周囲が固まってきたら中心に寄せ、残りの卵を円を描くように流す。
※ 卵は半量ずつ流す。
先に入れた卵が固まり始めたら、残りを流して全体をふんわりとさす。

④三つ葉を1/4量散らしてふたをし、30秒ほどで火を止め、30秒蒸らす。
丼にご飯を盛り、すべらせてのせ、粉山椒をふったら完成です。
※ 丼に盛った温かいご飯の上に、フライパンから直接、煮汁ごとすべらすように移す。

他の丼物のカロリー

牛丼(白ご飯250g)

かき揚げ丼(白ご飯250g)

カツ丼(白ご飯250g)

天丼(白ご飯250g)

923カロリー(kcal)

839カロリー(kcal)

981カロリー(kcal)

892カロリー(kcal)

かき揚げ丼(白ご飯250g)

麻婆丼(白ご飯250g)

うな丼(白ご飯250g)

鉄火丼(白ご飯250g)

839カロリー(kcal)

719カロリー(kcal)

890カロリー(kcal)

568カロリー(kcal)

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。