ローストチキンのカロリーとレシピ

ローストチキン
ローストチキンは、外国でのクリスマスの代表料理ですが、日本でもかなり有名になっています。
見た目に華やかなので、クリスマスを祝う料理としてはピッタリといえます。
また、皮はパリパリ・肉はジューシー、詰め物が入ったローストチキンの、丸鶏ならではのリッチな美味しさは格別です。
オーブン料理にあまり慣れない日本の家庭では敬遠されがちですが、ロースト用に処理された鶏なら、下ごしらえは魚よりも簡単です。

今回は、そんなローストチキンにおけるカロリーとレシピなどを紹介します。

ローストチキンのカロリーの特徴

ローストチキンのカロリーは663キロカロリー(1人分)です。
鶏に加えてさまざまな具材や調味料を使うので、カロリーはかなり高い料理となっています。
そのかわり、ローストチキンがあればお腹はいっぱいになり、他のおかずなどは別にいらないので、ローストチキンとワイン・サラダなどという組み合わせで食べることができます。

また、詰め物やつけ合わせの具材などを調整すれば、カロリーは減らすことができます。

他の鶏料理のカロリー

鶏の照り焼き(鶏もも肉 150g)

チキンの香草焼き(鶏もも肉 150g)

手羽先の唐揚げ(鶏手羽先 45g)

手羽先のグリル(鶏手羽先 100g)

436カロリー(kcal)

372カロリー(kcal)

61カロリー(kcal)

212カロリー(kcal)

チキンカツ(鶏もも肉 150g)

とり天(鶏もも肉 150g)

鶏の照り焼き(鶏むね肉 224g)

鶏の揚げおろしあえ(鶏もも肉 150g)

456カロリー(kcal)

539カロリー(kcal)

226カロリー(kcal)

484カロリー(kcal)

鶏料理のカロリーは、使う部位や具材・調味料などによってもかわりますが、基本的には高くなっています。

ローストチキンのカロリーとレシピ

【カロリー】
663キロカロリー(kcal・1人分)

【材料 基本分量・4人分】
丸鶏(ロースト用約1.5kg)・・・1羽
下味用の塩・・・7g
塩、こしょう・・・適量
バター・・・20g

●詰め物
ご飯・・・カップ1
玉ねぎ(みじん切り)・・・1/4個
マッシュルーム(みじん切り)・・・3個
鶏レバー(角切り)・・・2個
レーズン・・・30g
パセリ(みじん切り)・・・大さじ1
オリーブ油・・・小さじ1

●ロースト用野菜
玉ねぎ・・・3/4個
ニンジン・・・1本(120g)
セロリ・・・上部1/3本(30g)

●つけ合わせ
ジャガイモ・・・2個
小玉ねぎ・・・4個
クレソン・・・1束
レモン(L形切り)・・・4切れ

●ソース
白ワイン・・・カップ1/2

【下準備】
●詰め物
フライパンにオリーブ油半量を熱して玉ねぎを炒め、しんなりしたら軽く塩・こしょうをふって取り出す。
次にマッシュルームを同様に炒め、塩・こしょうをふって取り出す。
残りのオリーブ油を熱してレバーを加えて炒め、軽く塩・こしょうをする。
レーズンは、湯でサッと洗い、水気をきる。
他に、ご飯・パセリを準備し、ご飯にすべての具を加えて混ぜ、こしょうで味を調える。

●ロースト用野菜
玉ねぎ・ニンジンは輪切り・セロリは1cm厚さの斜め切りにする。

●丸鶏の下準備
①付属の首づるを取り置き、両手を使って外側全体に分量の下味用の塩をすり込んでいく。

②腹腔内にもていねいに塩をすり込み、1時間以上冷蔵庫に入れておく。

③出た水気をふき、手羽部分を腹側に折り返して固定させる(すでにそうしている市販品もある)。

④首の部分の穴を、皮を引っ張ってふさぎ、楊枝で止める。

⑤お尻の穴から、準備しておいた詰め物を詰め込む。

⑥最後に楊枝で縫うようにし、しっかりと止めておく。

⑦足を寄せて合わせ、タコ糸でしばる。

【作り方】
①天板または耐熱バッドなどに、下準備したロースト用野菜と首づるを敷き、鶏をのせる。
バターを耐熱容器に入れ、ラップなしで電子レンジに10秒ほどかけて溶かし、鶏全体に塗る。
※ 天板には、香味野菜の玉ねぎ・ニンジン・セロリを敷いてよく焼く。
ローストの風味をよくするだけでなく、ソースの素になる。

②250℃に予熱したオーブンに入れ、200℃に温度を下げて約20分焼く。
途中で油が出てきたら脂をすくって全体に回しかける。
焼いている間に、つけ合わせようの野菜の準備をする。
ジャガイモを皮つきのまま半分に切り、小玉ねぎは皮をむく。

③20分焼いたらジャガイモを加え、出てきた脂を鶏全体に回しかけて再度オーブンに入れ、10分焼く。
また脂を回しかけ、小玉ねぎを加えて、さらに10分焼く。

④もものいちばん厚い部分に竹串を刺し、澄んだ汁が浮いてきたら焼き上がりです。
ジャガイモ・小玉ねぎと共に取り出して、温かいところで約15分休ませる。

⑤ソースを作る。
天板に残った脂を捨て、焦げた野菜を取り除き、白ワインを加えて底をこそげるようにしてうま味を溶かし、鍋に移す。
煮立ててアクを取り、こして別鍋に移す。
約半量まで煮詰めて酸味がとんだら、塩・こしょうで味を調えると完成です。
※ 盛りつけるときは、クレソンの太い茎を除いて器に置き、鶏のタコ糸・楊枝を除いてのせ、レモンと⑤のソースを添える。

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。