ジャーマンポテトのカロリーとレシピ

ジャーマンポテト
ジャーマンポテトは、ドイツではポピュラーなホクホクのじゃがいも炒めです。
ジャーマンという言葉は、日本語で「ドイツ人」もしくは「ドイツ製」という意味なので、ドイツが発祥の料理だということが想像できます。
じゃがいもをメインとしている料理で、野菜やソーセージ・ベーコンなどの組み合わせが一般的ですが、冷蔵庫にあまっている食材と組み合わせてもOKです。
他の具材と組み合わせにより、いろいろな味を楽しむことができます。

じゃがいも自体のカロリーは100gあたり73kcalとそれほど高くはないのですが、その他いろいろな食材を使えば使うほど、カロリーは高くなってしまうので、カロリーが気になる人は、じゃがいも+野菜を中心とした組み合わせで作ったほうがいいです。
また、油や塩などの調味料を控えめにすると、カロリーを低く抑えることができます。

今回は、そんなジャーマンポテトにおける一般的なレシピとカロリーを紹介します。

ジャーマンポテトのカロリーとレシピ

【カロリー】
185キロカロリー(kcal・1人分)

【材料 4人分】
じゃがいも・・・3個
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1片
ベーコン・・・3枚
サラダ油・・・大さじ2
塩・・・小さじ1
こしょう、パセリ(みじん切り)・・・各少々

【作り方】
①じゃがいもは、よく洗って皮つきのままラップで包み、電子レンジで2分30秒加熱し、上下を返してさらに2分30秒ほど加熱します。

②①のじゃがいもが熱いうちに手早く皮をむいて横半分に切り、さらに縦3等分の一口大に切ります。

③玉ねぎとにんにくは薄切りにし、ベーコンは1.5cm幅に切ります。

④フライパンに、サラダ油と③のにんにく・ベーコンを入れて弱めの中火にかけ、ゆっくりと加熱します。

⑤④のベーコンとにんにくがカリッときつね色になったら、網じゃくしなどでペーパータオルの上に取りだして余分な油をきります。

⑥⑤のフライパンに残った油で玉ねぎと②のじゃがいもを中火で焼きつけるように炒めます。
玉ねぎが薄く色づきはじめたら⑤のベーコンとにんにくを戻し入れ、塩とパセリのみじん切り・こしょうを加えてひと炒めして仕上げます。

いも類は元気の素
いも類は、1日100gは食べたいものです。
ベーコンや玉ねぎと組み合わせて炒めれば、主菜としてたっぷり食べることができます。
パセリのみじん切りを多くすれば、ビタミンAの補給にもつながります。

居酒屋のメニューのカロリー

焼きそば(めん170g キャベツ50g 豚バラ35g)

ぶり大根(ぶり60g 大根100g)

アジフライ(アジ70g)

ポテトサラダ(じゃがいも70g きゅうり15g ハム10g)

685カロリー(kcal)

210カロリー(kcal)

264カロリー(kcal)

165カロリー(kcal)

軟骨の唐揚げ(なんこつ85g)

どて焼き(牛すじ60g こんにゃく40g)

ほっけの塩焼き(ほっけ250g)

じゃがバター(じゃがいも100g)

79カロリー(kcal)

181カロリー(kcal)

220カロリー(kcal)

144カロリー(kcal)

ジャーマンポテトは、居酒屋でよく出てくるメニューですが、他のメニューと比較するとカロリーは同じくらいになっています。

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。