茄子(なす)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

ナスの栄養

なすの特徴

なすの原産地はインドで、日本には8世紀ごろ中国から伝わってきました。

日本だけでも180種類以上、世界では約1000種類もあり、品種がとても多くなっています。

なすは、「成す」・「生す」という言葉を思わせ、昔から縁起の良い野菜として親しまれてきました。

奈良時代から全国に広まり、丸型・卵型・長型・紫・白・緑等、形や色はさまざまですが、現在では地域による特徴のある品種が栽培されています。

 
なすには、「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがあります。

体を冷やす野菜なので、赤ちゃんを産むお嫁さんを気遣っているという意味と、美味しいので食べさせないという2つの解釈があります。

なすの種類

千両なす
全国的に最も多く生産されているなすです。
 
漬物や焼きなす・煮物と、調理の種類が多く人気があります。
水なす
生食が可能ななすは全国的に珍しく、通常のなすより丸みを帯びていて水分が多いです。

甘みがあり、アクも少ないので生食が可能になっています。

大阪の泉州地方で特に盛んに栽培されています。

米なす
アメリカ産の品種を改良したもので、ヘタが緑色をしているのが特徴。

果肉が締まっていて、煮物や揚げ物などの加熱調理に向いています。

小なす
甘みがあり皮がやわらかくタネも少ないので、おもに漬物用になっています。
長なす
やわらかい果肉で、やや水っぽいのが特徴。

西日本で一般的であり、焼きなすや炒めもの・田楽に向いています。

巾着なす
果肉がかたく締まっていてかためなので、加熱してもくずれにくいのが特徴。
白なす
果肉がやわらかであり、加熱するとトロリとした食感になります。
十全
新潟県の夏の風物詩であり、漬け物にすると絶品の丸型小なすになります。
赤なす
通常のなすの3倍ほど大きく、肉質はやわらかくタネもアクも少ないです。
青なす
緑色の果皮の品種であり、果肉は加熱するとやわらかくなります。
賀茂なす
京都の上賀茂地域で栽培されています。

やわらかくて甘みがあり、田楽・揚げ物に向いています。

関連記事

なすのカロリーに関する記事です。

なすの旬

旬のカレンダー
ナスの旬
なすは、ハウス栽培を中心に一年中出回っていますが、旬は夏です。 

なすの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

高知県
全国収穫の9.7%の構成比 31,900t
熊本県
全国収穫の9.3%の構成比 30,600t
群馬県
全国収穫の7.1%の構成比 23,200t

7月から11月にかけて出まわる夏秋なすは、露地ものです。

茨城・栃木・群馬といった、主に都市近郊で栽培されています。

12月から6月にかけて出まわる冬春なすは、高知や熊本・福岡といった、暖地のハウスなどの施設で生産されています。

なすの上手な選び方

  • 表面にシミや傷がないもの。
  • ずっしりと重みがあるものは水分が多いです。
  • 皮の色が濃く、ハリとツヤがあるもの。
  • ヘタがしっかりとし、とげが鋭くとがっているもの。
  • 皮に傷があるものは避けたほうがいいです。

 
ヘタは鮮度を見分ける方法の一つです。

ただ、鋭いトゲが生えていて、刺さって怪我をすることがあるので、注意する必要があります。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。