コチの種類と特徴!旬や栄養・食べ方なども紹介♪

コチ

コチの種類と特徴

マゴチ

コチ別称・方言
コチ/ヨゴチ(富山県新湊・四方)・シラコチ(兵庫県明石)・ゼニゴチ(長崎)・クチヌイユ(沖縄)

名前の由来
コチという名前は、骨がかたいのでコツ(骨)といわれていることから由来しています。

特徴
マゴチは、コチ科の海水魚であり、本州中部以南の内湾で外洋に面した浅海の水深30mより浅い砂泥底に生息しています。
体長約30~50cmであり、貪食で小魚・エビ・カニ類・イカ・タコ類などを食べています。
砂泥にもぐって越冬し、春になると活動を始め産卵期は夏になります。

一般的にコチというとマゴチのことを指し、夏といえばスズキかコチといわれるくらい、夏を代表する昔ながらの高級魚です。
あまり数が穫れないこともあってか、それほどなじみのない魚かもしれませんが、実は料亭などでよく使われる魚になります。
必ず夫婦いっしょにいる魚であり、オスかメスが1匹釣れるともう1匹釣れるといいます。

メゴチ

メゴチ特徴
メゴチは、コチ科の海水魚であり、南日本各地・東シナ海・黄海に分布しています。
体長約10~20cmであり、水深が100mより浅い沿岸や内湾などの砂底・砂泥底に生息しています。
甲殻類やゴカイ類などを補食し、産卵期は4~6月になります。

メゴチは高級魚とは思えないほどの風貌ですが、天ぷらにすると美味しくやみつきになる味があります。

ネズミゴチ

ネズミゴチ別称・方言
ノドクサリ/テグリチゴ(千葉)・メナゴ(東京・神奈川県三崎)・ヘタゴチ(新潟)・エゴラゴチ(京都府舞鶴)・カッチョウ(大阪)・テンコチ(兵庫県明石)・メメダレゴチ(広島)・ノドクサリ(徳島・高知)・エグリハゼ(福岡)・ヨドゴチ(熊本)

名前の由来
ネズミゴチという名前は、とがった鼻先と小さな口がネズミに似ていて、姿や生態などがコチに似ているということから由来しています。

特徴
ネズミゴチは、ネズッポ科の海水魚であり、新潟県および宮城県以南・南シナ海に分布しています。
内湾の浅い砂泥に生息し、体長約20cmでありうろこはなく体表にぬめりがあります。
主に甲殻類やゴカイ類などの小型底生動物を食べていて、産卵期は3~6月になります。
旬は夏であり8月がとくに美味しいですが、冬場は味が落ちます。

コチの旬

旬のカレンダー
コチの旬
コチは、種類によって少しの違いはありますが、6~8月の夏場が旬の時期になります。
7・8月の暑い時期に穫れるマゴチは照りゴチと呼ばれていて、最高に美味しいとされています。

コチの産地

千葉県内房・福島・九州などが産地です。
年間を通じて流通量が多く、最近は中国などから輸入されるものもあります。

コチの上手な選び方

  • 目が澄んでいるもの。
  • からだや腹にハリがあるもの。
  • 身体がふっくら太っているもの。
  • 皮がぬめっていると新鮮な証になります。
  • 腹が黄色みがかっているものは脂がのっています。

スポンサードリンク

コチの栄養と効能

コチは、たんぱく質が豊富に含まれていて、脂肪が少なくヘルシーな魚になります。
脂ののりが上品で、肉質は弾力があり、コラーゲンが豊富に含まれています。

カリウムが含まれていて、高血圧の予防に対する効果が期待できます。
EPAやDHAが豊富に含まれていて、がんや動脈硬化を防ぐ効果があるとされています。
その他、マグネシウムやビタミンB2・ビタミンB6なども含まれています。

コチの主な栄養成分

コラーゲン・カリウム・EPA・DHA・マグネシウム・ビタミンB2・ビタミンB6

コチの食べ方

コチの栄養コチは、たんぱくながら上品な甘みが味わえる白身魚です。
刺身が美味しく、夏場の関東では旬の活け物がフグのように食べられています。
頭や骨から出る出汁の強さなどがフグによく似ているため、別名「夏フグ」とよばれています。

うま味たっぷりのダシが取れるので、ちり鍋の材料としても使われていて、頭には身が少ないですが、頬の身は最高の味わいという人もいます。
皮は塩焼きにすると風味がよく、煮付けではにこごりを楽しむことができます。
身には深いコクのある味わいがあり、余計な脂肪分を落としてさっぱりと食べることができるあらいなどがおススメになります。

コチは、身の弾力がなくなるなど鮮度が落ちるのが早い魚として知られているので、新鮮なものを選んだほうがいいです。

「コチのさばき方」動画はコチラ
↓ ↓ ↓

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。