わかめの特徴と種類!産地なども紹介

わかめの特徴

わかめの特徴

わかめ
海水が20℃以上だと枯れるわかめは、本州から九州にかけて日本全域に分布している海藻です。

生で美味しく食べられるのは寒い時期だけで、市場に出回るのは塩蔵や乾燥のものがほとんどになります。

わかめを食べるのは、日本と朝鮮半島だけともわいわれており、特に日本では古くから食用とされていて、古事記や日本書紀にも記されているほどです。

 
わかめは、若さに通ずるとして若布という漢字が使われていて、冬から早春の時期には生のわかめが出回ります。

生のわかめは、緑色が鮮やかで厚みと弾力があるものがよく、乾燥したわかめは、黒褐色でツヤのあるものがいいです。

近年では、茎わかめやめかぶなど、わかめの仲間たちも健康食材として注目されています。

わかめの種類と特徴

素干しわかめ

生わかめを乾燥したもの。

板わかめ

わかめを、すのこやすだれの上に平面上に広げ、板状に乾燥したもの。

灰干しわかめ

わかめに草木灰をまぶして乾燥したもの。

湯通し塩蔵わかめ

わかめを湯通ししてから冷水で冷却し、塩蔵したもの。

生わかめとして売られているものは、湯通し塩蔵わかめを塩抜きしたものです。

カットわかめ

湯通し塩蔵わかめを食塩水で洗ってから乾燥し、適当な大きさにカットしたもの。

茎わかめ

塩蔵等に加工する際に取り除く茎等の部分です。

めかぶわかめ

わかめの茎の下にあるヒダ状の部分をめかぶといいますが、めかぶは、ぬめりが強く歯ごたえがあって、わかめとは違った美味しさを味わうことができます。

刻むとねばりが出てとろろ状になりますが、アルギン酸やフコイダン・ヨード・カルシウムなどが含まれていて、栄養価もすぐれています。

わかめの産地

三陸・鳴門・伊勢地方が主な産地で、とくに潮の流れが激しい鳴門わかめや南部わかめは有名です。

ただ、1970年代に養殖が成功してからは、国産の流通量は激減しています。

一般に流通するものは岩手や宮城で養殖されたものが多く、塩漬けや乾燥させたものが出回っています。

最近では、中国や韓国から輸入されたものも増えています。

合わせてどうぞ

▼この他の海藻類の記事です▼

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。