グリーンピースの栄養や効能・カロリー

グリーンピースの栄養

グリーンピースの栄養グリーンピースは、たんぱく質や糖質のほか、様々なミネラルをバランスよく含んだ、栄養価の高い野菜です。
胃を健康にして食欲不振・吐き気・下痢などを改善する他、のどの渇きをいやし、授乳時の女性の母乳を出やすくする効果があるといわれています。

ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミンB群が豊富に含まれていますが、ビタミンB2は美容ビタミンとよばれ、女性には欠かせない栄養素になります。
他の食品から摂取しにくいビタミンB1が豊富に含まれています。
ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーに変えるときの補酵素としてはたらき、疲労回復や神経機能維持などの効果が期待できます。

野菜の中ではトップクラスの量の食物繊維が含まれていて、腸のぜん動運動を促進する不溶性食物繊維の割合が高いため、便秘の症状を改善したり、有害物質を体外に排出して大腸がんのリスクを軽減する効果が期待できます。
また、余分なコレステロールの排出を促し、糖質の吸収をおだやかにして血糖値の上昇を遅らせるといったはたらきが期待できます。

リジンが含まれていて、肝機能を高めて二日酔いを予防する効果が期待できます。
アルギニンが含まれていて、体脂肪の代謝を促して肥満予防にはたらく効果が期待できます。

ナイアシンが含まれていて、糖質や脂質などの代謝を助ける作用があります。
マンガンが含まれていて、活性酸素を分解する酵素を助ける作用があります。
水煮の缶詰も販売されていますが、ビタミンCはほとんどなくなり、ナイアシンやマンガンなどは半分くらいに減ってしまいますので、栄養面を考えるのであればできるだけ購入しないほうがいいです。

グリーンピースの主な効能

整腸作用・疲労回復・神経機能の維持・食欲増進

グリーンピースの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・食物繊維・リジン・アルギニン・ナイアシン・マンガン

グリーンピースの栄養を強化する食べ合わせ

グリーンピース+牡蠣

グリーンピースに含まれているマンガンと、牡蠣に含まれている亜鉛をいっしょに摂取すると、皮膚の代謝が活発になるので、傷の治りが早くなる効果が期待できます。

グリーンピースのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

93kcal

0%

76.5g

ナトリウム

カリウム

カルシウム

1mg

340mg

23mg

マグネシウム

リン

37mg

120mg

1.7mg

亜鉛

マンガン

1.2mg

0.19mg

0.48mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

0μg

1μg

65μg

ビタミンE

ビタミンB1

ビタミンB2

0.1mg

0.39mg

0.16mg

ナイアシン

ビタミンB6

葉酸

2.7mg

0.15mg

76μg

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

0.63mg

6.3μg

19mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

●関連記事:グリーンピースの特徴と食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。