ごぼうの特徴とは?旬や産地なども紹介

ゴボウの保存法

ごぼうの特徴

ごぼうは、ユーラシア大陸原産で、平安時代に中国から薬草として伝わったとされています。

食用としているのは日本と台湾だけであり、その他の国ではほとんど食べられていないみたいです。

独特の香りや歯ごたえを持ち、古くから親しまれていますが、日本で主に食べるようになったのは江戸時代からになります。

 
お正月のおせち料理の中にごぼうの料理が入っていますが、細く・長く・つつましく生きるという意味が込められています。

欧米では、根を薬用のハーブや、生薬・漢方薬などにも使っています。

ごぼう抜き

リレーや駅伝などで、後方からほかの選手をいっきに抜き去ることをいいます。

大浦ごぼう

千葉県八日市場市大浦で栽培されている希少品種であり、直径が10cmもあります。

中心は空洞で、やわらかく繊維は少なめです。

滝野川ごぼう

東京都北区滝野川地区発祥の江戸野菜で、現在は全国で栽培されています。

かおりごぼう

大和野菜の一種で、名前の通り香りが高く、きんぴらや天ぷらにすると美味しいです。

関連記事

ごぼうのカロリーに関する記事です。

ごぼうの旬

旬のカレンダー
ゴボウの旬
ごぼうは一年中出回っていますが、旬は11月~1月になっています。

6~7月頃に出回るものを新ごぼうといいます。

香りがよく、違った美味しさを味わうことができます。

ごぼうの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

青森県
全国収穫の33.4%の構成比 55,900
茨城県
全国収穫の13.9%の構成比 23,300t
北海道
全国収穫の10.9%の構成比 18,300t

青森や茨城・北海道で、全国の生産量の半分以上を占めています。

ごぼうの上手な選び方

  • 指の太さくらいで全体が同じ大きさのもの。
  • 握ったときにしっかりと弾力があるもの。
  • 土付きのほうが日持ちがする上、香りやうまみは強いです。
  • 先端がしおれたりひび割れているものは、鮮度が落ちているので避けたほうがいいです。
  • 切ってパックに詰められているものは、栄養が少ないので避けたほうがいいです。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。