パセリの旬の時期は?特徴や産地・選び方なども紹介♪

パセリの栄養

パセリの旬

旬のカレンダー
パセリの旬
パセリは、1年中出回っていますが、旬は3~4月になります。

パセリの特徴

パセリパセリは、料理のつけ合わせや彩り、ソースの香りづけ、ブーケガルニの材料など、幅広く使われているハーブになります。

原産地はヨーロッパで、紀元前から食用にされてきたハーブであり、ギリシャやローマでは早くから食中毒の薬草として使われていました。
現在では世界中で食べられていますが、日本には明治時代以降に伝わったとされていて、オランダから日本に伝わったのでオランダゼリの和名があります。
鉢一つで手軽に栽培することができ、常に葉を残すようにしておけば長期間楽しむことができます。

葉や茎がかたく、くせのある味なので、料理の主役になるというよりは料理のアクセサリーとして使われることが多くなっています。

パセリの種類

カーリーパセリ
モスカールドパセリとも呼ばれる、日本で主流のパセリになります。
よく添え物として利用されていますが、栄養価は高いです。
イタリアンパセリ
カーリーパセリよりも葉が平たく、ちぢれがないです。
苦味が少なく、香りのクセも強くないです。
パセリの品種には、ちぢれ葉種(カーリーパセリ)と平葉種(イタリアンパセリ)などがありますが、ヨーロッパではイタリアンパセリがほとんどになります。

パセリの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

長野県
全国収穫の25.2%の構成比 923t
千葉県
全国収穫の22.7%の構成比 831t
静岡県
全国収穫の11.0%の構成比 404t

長野・千葉県の生産量が、全体の半分くらいを占めています。

パセリの上手な選び方

  • 葉がちぢれているもの。
  • 緑色がはっきりと濃く、しおれていないもの。
  • 茎がみずみずしく、ハリと弾力があるもの。
  • 香りが強く、葉が小さく密集しているもの。
  • 葉が黄色くなっているものは避けたほうがいいです。

パセリの食べ方

パセリの調理法パセリは、鮮やかな緑色と形が美しい野菜であり、西洋料理の皿にはパセリがそなえられていて、料理に彩りを与えています。
肉や魚料理には香味野菜として使われていますが、香りを活かすためには、切った後、水にさらさないようにするのが重要です。
揚げる場合は、ころもを少しつけるかそのまま揚げるとよく、低い温度で揚げるのがコツになります。
オリーブオイルとニンニクでソテーした肉や野菜・魚介類にたっぷりのパセリをかけ、仕上げにレモン汁をひとふりすれば、シンプルながら食材を引き立てる上品な味わいの一品に変わります。

パセリは栄養価が豊富なので、みじん切りにしてスープやサラダにふりかけたり、素揚げや天ぷらなどの料理に添えたりして、もっと積極的に食べたほうがいいです。

パセリの保存

パセリは、みじん切りにして密閉容器に入れて冷凍保存すれば、いつでも使うことができますが、香りは少し落ちてしまいます。

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。