あさりの特徴とは?旬や産地なども紹介

アサリ

あさりの特徴

あさりは、マルスダレガイ科の二枚貝。

北海道から九州全域・フィリピン・シナ海に分布しています。

おもに、内湾から水深数mまでの砂泥底に生息し、産卵期は5~12月です。

1年で3cmほどに成長しますが、一生をほぼ同じ場所で過ごしています。

日本では、古くから食べている貝で、貝塚などから数多くの貝殻が出土しています。

 
あさりという名前の由来は、浅い場所にいるということからだといわれています。

市場には、むき身や砂出しあさりなどのパック詰めなどが出回っていますが、市場価格は安定しています。

あさりがエサを獲ることで水質は浄化されるので、食べる以外にも重要な役割を持つ貝です。

 
また、あさりは、潮干狩りの主役でもあり、春の彼岸の風物詩ともされています。

関連記事

あさりのカロリーに関する記事です。

あさりの旬

旬のカレンダー
アサリの旬
地域によって旬はずれますが、特に春の産卵前が美味しくなっています。

晩春と晩秋が産卵期なので、その直前が身が太っていて美味しいです。

あさりの産地

魚の漁港
あさりは、日本各地に分布していますが、おもな産地は、東京湾や伊勢湾・瀬戸内海などです。

需要は多く、あさりの漁獲量は貝類の中でもトップになっています。

ただ、乱獲や生息域の埋め立てなどが原因で、漁獲量は年々減少しています。

現在では、中国や韓国からの輸入物が多くなっています。

あさりの上手な選び方

  • 生きているもの。
  • 重みがあり。模様がはっきりしているもの。
  • カラが大きく、割れていないもの。
  • 触れるとすぐに口を閉じるもの。
  • 塩水に入れると、水管から勢いよく水を噴き出すものは新鮮です。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。