空芯菜(クウシンサイ)の特徴とは?旬や産地なども紹介

くうしんさい

空芯菜の特徴

空芯菜は、サツマイモの葉茎によく似た中国野菜であり、中身が空洞になっていることからこの名前がつきました。

池に浮かべておくと水がきれいになるという特性があり、エンサイ・ヨウサイ・アサガオナという別名があります。
  
 
マレーシアや台湾など高温多湿の地域で広く栽培されてますが、葉にはぬめりがあり、茎にはシャキシャキとした歯ごたえがあります。

空芯菜は、アサガオやサツマイモと同じヒルガオ科であり、発芽した双葉はアサガオにそっくりです。

 
畑で放任栽培するとサツマイモのつるのように横に伸びていきますが、暑い夏が大好きなところなどもよく似ています。

家庭でも簡単に栽培することができ、一度の種まきで何度も収穫することができます。

関連記事

空芯菜のカロリーに関する記事です。

空芯菜の旬

旬のカレンダー
くうしんさいの旬 
空芯菜の旬は6~8月であり、夏野菜になります。

空芯菜の産地

空芯菜は、沖縄県など温かい地域で栽培されています。

沖縄では昔からウンチューといわれ親しまれています。

空芯菜の上手な選び方

  • 葉や茎がみずみずしい緑色で全体にハリがあるもの。
  • 茎がまっすぐに伸びていて、ピンとハリがあるもの。
  • 葉先がしおれているものは避けたほうがいいです。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。