空芯菜(クウシンサイ)の特徴とは?旬や産地なども紹介

くうしんさい

空芯菜の特徴

空芯菜は、サツマイモの葉茎によく似た中国野菜であり、中身が空洞になっていることからこの名前がつきました。

池に浮かべておくと水がきれいになるという特性があり、エンサイ・ヨウサイ・アサガオナという別名があります。
  
 
マレーシアや台湾など高温多湿の地域で広く栽培されてますが、葉にはぬめりがあり、茎にはシャキシャキとした歯ごたえがあります。

空芯菜は、アサガオやサツマイモと同じヒルガオ科であり、発芽した双葉はアサガオにそっくりです。

 
畑で放任栽培するとサツマイモのつるのように横に伸びていきますが、暑い夏が大好きなところなどもよく似ています。

家庭でも簡単に栽培することができ、一度の種まきで何度も収穫することができます。

【スポンサードリンク】

空芯菜の旬

旬のカレンダー
くうしんさいの旬 
空芯菜の旬は6~8月であり、夏野菜になります。

空芯菜の産地

空芯菜は、沖縄県など温かい地域で栽培されています。

沖縄では昔からウンチューといわれ親しまれています。

空芯菜の上手な選び方

  • 葉や茎がみずみずしい緑色で全体にハリがあるもの。
  • 茎がまっすぐに伸びていて、ピンとハリがあるもの。
  • 葉先がしおれているものは避けたほうがいいです。

空芯菜の食べ方

くうしんさいの調理法
空芯菜は、味にクセがないので下ゆでせずに調理が可能な野菜になります。

生のままサラダで食べたり、炒めものやおひたしなどさまざまな調理に使われています。

たっぷりのお湯に入れて、強火でサッとゆでてから素早く氷水で冷やすといいですが、茎のシャキッとした歯ごたえを楽しむためには、ゆで過ぎないほうがいいです。

炒める時は、葉と茎を切り分け、茎を先にサッと炒めてから、葉を入れて短時間で仕上げるといいですが、炒めた後時間が経つと酸化して黒ずんでしまうので、注意が必要になります。

 
台湾やタイなどでは、ニンニクと空芯菜を油で炒めて食べています。

高温の油でシャキシャキとした歯触りを残す程度に炒めて食べると美味しい。

中華ではオイスターソースで、タイではナンプラーで味付けするのが一般的になります。

合わせてどうぞ

空芯菜のカロリーや栄養などに関する記事です。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。