金目鯛(キンメダイ)の旬の時期は?特徴や産地・食べ方や栄養なども紹介♪

キンメダイ

金目鯛の旬

旬のカレンダー
キンメダイの旬
金目鯛は、通年水揚げされますが、産卵期となる11月~3月が旬であり、この時期は特に良質な脂がのっています。

金目鯛の特徴

キンメダイの栄養

別称・方言
アカギ(神奈川県三崎)・マキンメ(神奈川県小田原)・アコウダイ(佐渡ヶ島)・カゲキヨ(三重県尾鷲)・カタジアラ(沖縄)

名前の由来
金目鯛という名前は、目が金色に輝き魚体の色が赤いことから由来しています。

特徴
金目鯛は、名前にタイとついていますがタイとは異なる種類で、キンメダイ科の海水魚になります。
金目鯛の目が大きいのは、深海に棲んでいるからであり、光の届かない場所でエサを捕らえるために発達しています。

金目鯛は、釧路沖以南の本州太平洋側や太平洋・インド洋・大西洋・地中海などの暖海に分布しています。
水深100~800mにわたり生息しており、移動範囲は広く若魚は岸寄りの浅場にいますが、成長とともに沖の深場に移動します。
夜行性で小魚や甲殻類・イカ類などを食べていて、産卵期は夏であり、寿命は14年以上と長いです。

かつては脂っこいので安く食べられていましたが、最近は人気が出て高級魚になっています。
体の赤い色がもてはやされ、美しい姿から縁起物としても人気が高く、昔からマダイの代わりとして祝の席に用いられてきており、年末年始に関しては、需要が多いため値段が高騰します。

金目鯛の産地

金目鯛は、銚子や勝浦・稲取などの水揚げが多いのですが、 身が厚く通年脂が落ちない銚子産は有名になります。
漁期は周年にわたり、最盛期は9月~4月までで、好不漁の差が大きく相場の変動も大きいです。
また、伊豆七島の名産としても広く知られていて、高級干物として店頭に並んでいます。

国産物だけでは足りないので冷凍での輸入も多くなっていますが、冷凍物は手軽な値段で出回っています。

金目鯛の上手な選び方

  • 真っ赤で目にハリのあるもの。
  • ウロコがしっかりついていて金色に光っているもの。
  • 鮮度が落ちてくると尾びれの先が黄ばんできます。
  • 切り身は皮がピンクがかって透明感のあるもの。

スポンサーリンク

金目鯛の食べ方

キンメダイの調理法金目鯛は、煮付けにしてよく食べられていますが、最近では、刺身やしゃぶしゃぶ・グリエ・カルパッチョなど様々な料理にして食べられています。
脂肪が多いわりにさっぱりしていて、幅広く使うことができますが、やや臭いが強いため、塩焼きにはあまり向いていないです。

鍋にした場合は、スープもいっしょに食べると、金目鯛の栄養分をまるごと摂ることができます。
鮮度が落ちるのが早いので、できるだけ買ったその日のうちに食べるほうがいいです。

金目鯛の煮付け

金目鯛の見た目と味の両方を楽しみたいなら、煮付けにするのが一番です。
煮付けにするには、まずウロコとエラ・内臓を取り出し、開きの状態にします。
あとは、酒・みりん・醤油・三温糖をあわせた調味料とショウガを鍋に入れ、中火で15分ほど煮込むだけです。

金目鯛は脂が強いので、煮付けはこってりさせると美味しいですが、うろこがとにかく硬いので、取り残しに注意が必要になります。

「こんなに簡単 料亭の味 金目鯛の煮付け★」紹介動画はコチラ
↓ ↓ ↓

金目鯛の栄養

金目鯛は、良質なたんぱく質と脂質が多く、意外と水分が少ない白身魚であり、マダイと比べて、マグネシウムが約2倍・ビタミンAが約8倍含まれています。
リンが豊富に含まれていて、骨や歯を丈夫にするほか、細胞分化を活性化させる作用があります。
カルシウムやマグネシウム・リンなどが含まれているため、骨粗しょう症の予防に対する効果が期待できます。

強い抗酸化作用のある赤い色素成分のアスタキサンチンDHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸を含んでいて、細胞のはたらきを活発にし、高血圧を予防する効果が期待できます。
目玉やアラの部分にはコラーゲンが豊富に含まれているので、美肌に対する効果が期待できます。

ビタミンの中で比較的多く含まれているのがビタミンB1とビタミンB2になります。
この他、カリウムや鉄などのミネラルも含んでいます。

金目鯛の主な効能

高血圧の予防、改善・骨粗しょう症の予防・美肌効果・老化抑制

金目鯛の主な栄養成分

マグネシウム・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・アスタキサンチン・DHA・EPA・コラーゲン・リン・カリウム・鉄

関連記事

コメントは受け付けていません。