スイカの特徴や旬・産地・選び方・食べ方

スイカの特徴

スイカスイカの原産地は南アフリカであり、11世紀にシルクロード(絹の道)経由で中国に伝わったので、西域の瓜(うり) → 西瓜 という名前になりました。
日本には中国を経由して17世紀に伝わったとされ、江戸時代においては、赤い果肉の事を気味が悪いと敬遠していたそうです。

明治時代以降、人々の生活に合わせさまざまな品種が誕生していて、タネなしスイカや皮が黄色いもの・ラグビーボールのように細長いものもあります。
最近では、お手ごろサイズにカットされたものや、冷蔵庫で保存しやすい小玉スイカの新品種なども続々と誕生しています。

また、夏の風物詩としてスイカ割りがありますが、日本スイカ割り協会や公式ルールなども存在しています。

スイカは野菜?果物?

植物学上の分類では、野菜=一年草、果物=多年草とされています。
簡単にいうと、畑に作る植物が野菜で、木になる実を食用とする植物は果物となります。
これに当てはめると、スイカは野菜に分類されます。
このため、農林水産省の統計などではスイカは野菜として分類されています。

しかし、スーパーなどではスイカはフルーツとして販売されています。
こうした実際の扱われ方や食文化などからみると、スイカは果物として分類するのが一般的だといえます。

スイカの種類

大玉スイカ
スイカの中で最も有名な品種であり、果実の重さは5kg前後になります。
小玉スイカ
小さいけれど皮が薄く、食べられる部分が多いです。
黒皮スイカ
縞模様がなく、シャリッとした軽い口当たりでさわやかな甘みです。
黒美人
皮はやや黒くて細長く、2~3kgのお手軽サイズになります。
黄肉スイカ
色鮮やかなイエローの果肉が目印のスイカであり、味はあっさりとしています。
黒部スイカ
富山県の特産品になっている巨大なスイカであり、1個で20kg近いものもあります。
家庭で食べるというよりは贈答品に用いられることが多いようです。

スイカの旬

旬のカレンダー
スイカの旬
スイカは、夏のフルーツの代表格だけあって、美味しいものが安く出まわる旬の時期は夏になります。

スイカの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

熊本県
全国収穫の15.0%の構成比 55,500t
千葉県
全国収穫の11.7%の構成比 43,500t
山形県
全国収穫の9.9%の構成比 36,700t

熊本の早出しスイカは3月から市場に出まわり、千葉ではハウス → トンネル → 露地と栽培されていて、5月から出荷されています。
核家族化やクーラーの普及などで消費が減ったことと、栽培が安易ではないため、栽培面積は減少気味になっています。

スイカの上手な選び方

  • しま模様がはっきりでているもの。
  • 果頂部(お尻の部分)が小さいもの。
  • しっかりとした重みがあり、たたくといい音がするもの。
  • カットされたものは、実の色が鮮やかで種が黒々としているものがいいです。

スイカの食べ方

スイカの食べ方冷蔵庫で冷やしたスイカに、少し塩をかけるのが定番で一番美味しい食べ方であり、冷やして食べると食感がよくなるだけでなく、甘みも増します。
ただ、冷やしすぎると甘みが落ちるので、食べる1~2時間前位に冷やすのがおススメです。
また、ジュースやシャーベットなどにしても美味しいです。

縦に縞模様が入った一般的なスイカの場合は、その模様がくっきりとしているものが食べごろになります。
中心部がいちばん甘いので、放射線状に切るといいです。

スイカのタネは栄養豊富

スイカからたくさん取れる黒いタネがありますが、ビタミンEやリノール酸・たんぱく質などが豊富に含まれていて、老化防止や動脈硬化の予防に対する効果が期待できます。

洗って乾かしフライパンで軽く煎ると、皮をむいておやつ感覚で食べることができ、中国ではお茶菓子として好まれています。

スイカに天ぷらの組み合わせはなぜ悪いの?

水分の多いスイカを冷やしてたくさん食べると、胃酸が薄くなり、一時的に体温が下がって消化機能が低下します。

油っぽい天ぷらなどと同時に食べると、下痢をしたり胃腸の調子がくずれやすくなるのだそうです。

スイカの保存法

スイカは、丸のままなら2~3週間は保存可能です。
切ったものはラップをかけて冷蔵庫に入れ、早めに食べるほうがいいです。

味の落ちるものは、砂糖を少々加えてさっと煮た後、冷凍しておくのもいいです。

 
●関連記事●
スイカの栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。