鯵(アジ)の種類と特徴

アジの種類

マアジ

マアジ

別称・方言
アジ、メダマ(東京)・ジンタ、ノドグロ(神奈川)・アヂジャコ(三重・和歌山)・トッカアジ(和歌山)・マルワリ(兵庫県神戸)・トッパクアジ(高知)・キンべアジ(鹿児島)・ガソン(奄美)・ミンチヤ(沖縄)

名前の由来
真に美味しいアジという意味からです。

特徴
マアジは、アジ科の淡水魚であり、最も普通に見られるアジ科の一種であるために、一般には単にアジとも呼ばれています

日本各地や東シナ海・朝鮮半島に分布しますが、体長約40cmです。
温暖性で群れをなす沿岸回遊魚で、大群で春から夏に北上し、秋から冬に南下します。
浮遊性の小型の甲殻類や動物プランクトン・小魚などを食べます。

産卵期は回遊魚のため地域差がありますが、3~6月頃であり、マアジの旬は夏になります。
市場には1年を通して流通し周年取れる魚ですが、漁獲量が多いのは春と秋で、需要が多く近年は養殖も行なわれています。

マアジは、食用または干物の材料とされ、日本で水揚げされるアジ類の約90%を占めています。

食べ方
鮮度の良いものは、刺身やたたき・寿司だねなどにすると美味しいです。
その他、塩焼きや煮つけ・揚げもの・酢のもの・南蛮漬けなど、幅広い料理に用いられていますが、干物にしたり、中身を揚げて骨せんべいなどにしても美味しいです。

シマアジ

シマアジ別称・方言
オオカミ(東京)・ソジ(和歌山県串本)・コセアジ(高知)・アブラカマジ(奄美)・ヒラアジ(熊本)・カツオアジ(鹿児島)・オーガシ・ソウジ(沖縄)

名前の由来
体の中央部に黄色の縦帯があることや、黒潮の影響の強い沿岸や島々の周辺で多く穫れることからなどからです。

特徴
シマアジは、アジ科の海水魚であり、本州中部以南や東部太平洋を除く全世界の暖海に分布しています。
体長約80~100cmに達し、体の背側は青く腹側は銀白色です。
岸近くから水深200メートルまでの中下層に生息し、昼行性で夜は頭部を斜め下に向けてゆっくりと遊泳します。

伊豆諸島をはじめ各地で養殖が行なわれていますが、天然物とは体色が違い、体型も太めになっています。
現在では、ニュージーランドからの輸入物も増えてきています。

魚類やイカ類を食べていて、シマアジの旬は夏になり、アジ科の中でもっとも味が良いといわれ、刺身やすし種として人気があります。

食べ方
2kgくらいまでの小型のものが味が良いです。
新鮮なものは刺身がよく、やや厚切りにすると、ほどよい甘みと歯ごたえを楽しめますが、焼き物や煮つけなどにしても美味しいです。

マルアジ

マルアジ別称・方言
マル(東京)・アカムロ、ムロアジ(和歌山県田辺)・シムロ(高知県室戸)・ガツン、ナガウオ(沖縄)

名前の由来
体の断面がまるみを帯びていることからです。

特徴
マルアジは、アジ科の海水魚であり、ムロアジ類の一種で、アオアジと呼ばれることもあります。
南日本から東シナ海にかけて分布し、体長約30~40cmになり、沿岸から沖合の表層や中層を群れをつくって泳ぎまわります。

おもに小型の甲殻類や魚類などを食べていて、マルアジの旬は夏になります。
食用とされ干物に加工されますが、漁獲量が多くマアジよりも安いです。

食べ方
新鮮なものは刺身やたたきなどにすると良いですが、塩焼きや煮つけなどにしても美味しいです。

ムロアジ

ムロアジ別称・方言
アカゼ、モロ(東京)・アジサバ(富山)・アヲアジ(広島)・モロアジ(長崎)・オホムロ(三重県尾郭島・和歌山県辰ヶ浜)・セイメイ(高知県室戸)・ウルメ(鹿児島)・メナガムロ(屋久島・種子島)・イリチミジュン(沖縄)

名前の由来
播州室津で多く穫れたことや伊豆の地名などからです。

特徴
ムロアジは、アジ科の海水魚であり、南日本や東シナ海に分布しています。

体長25~45cmほどであり、体はマアジより体高が低く、断面は丸みを帯び筒形で細長いです。
やや沖合に群れをなして住んでいますが、5~6月の産卵期には接岸し、おもに動物プランクトンを捕食しています。

食べ方
鮮度が落ちやすく、多くは干物や練り製品の材料になりますが、カツオ節のようなだしの材料としても加工されています。
伊豆諸島の特産品であるくさやの干物は、このムロアジを独特の塩汁に漬けて天日干しにしたものです。

 
●関連記事●
鯵(アジ)の特徴や旬・産地・栄養・食べ方・カロリー 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。