バナナの特徴や種類・旬・産地・栄養・効能・カロリー・食べ方

バナナの栄養

バナナの特徴

一年を通して手ごろな価格で手に入ることから、庶民派フルーツの代表ともいえるバナナですが、紀元前から栽培が始まっていたとされ歴史は古く、マレー半島が原産であり、熱帯地域を中心に世界の広い範囲で栽培されています。

大企業が中南米へと進出し、広大な未耕地を開発して大農園を作り上げ、安価な果物として大量生産が始まりましたが、約4分の3が生食用で4分の1が調理用になります。
薄切りにしたものを乾燥させ揚げたバナナチップや、干しバナナなどの加工品にも利用されています。

バナナという名前は、アラビア語やアフリカで指を意味するバナマやバナーンが由来とされています。
バナナというとタネのないのが当たり前のように思っていますが、昔の人々はかたいタネのあるバナナを食べていたといわれています。
5000~1万年ほど前に今のようなタネなしバナナが発見されて以来、広く栽培されるようになり、現在では世界中に200~300種類ぐらいあるといわれています。
その中には煮たり焼いたりしないと食べられないものや、タネがいっぱい入ったさやえんどうのようなものもあります。

日本に初めてバナナが伝わったのは16世紀の半ば頃、ポルトガルの宣教師ルイスが織田信長に献上したのが始まりとされています。
現在では、価格が安く手に入りやすいバナナは、カロリーが高く栄養が摂れ消化が良いので、赤ちゃんからお年寄りまで人気の果物になっています。

食用としてもっとも多く出回っているのは、フィリピン産のキャベンディッシュという品種であり、さっぱりとした味わいが特徴です。
この他、モンキーバナナやモラード・台湾バナナ・島バナナなどがあります。
最近では、クエン酸を多く含んだスポーツバナナやリンゴの風味を持つバナップルなども注目を集めています。

バナナが朝食やスポーツ選手によく利用されている理由とは!?
バナナは、ショ糖や果糖・ブドウ糖・でんぷんなどの糖質が多く含まれていて、腹持ちが良くて美味しく、簡単に食べることができます。
寝ぼけた頭に素早くエネルギーを送り込むことができるので、朝食向きの果物であり、忙しい朝などに朝食代わりとしてよく利用されています。

時々 、バナナをスポーツ選手が食べている姿を見ますが、それは即効性と持続性があり皮をむくだけなので食べやすく、持ち運びにも便利なうえに甘くて美味しいからです。

バナナの種類

キャベンディッシュ
世界の流通の約5割を占める最も人気のある品種です。
なめらかでさっぱりとしていて食べやすいです。
モンキーバナナ
小型の生食用バナナで、やわらかくて甘みが強いです。
モラード
皮が赤く甘みはあっさりとしていて、やや酸味があります。
台湾バナナ
台湾産のバナナで、ねっとりとした食感であり味も濃厚です。
島バナナ
沖縄や奄美諸島で栽培されていて、フルーティでクリーミーな味わいです。

バナナの旬

熱帯地域では1年中食べられているバナナですが、輸入物が主力になるので、旬は1年中ということになります。

バナナの産地

バナナは、熱帯地方でしか栽培できないので、市場にでまわるほとんどは輸入物になり、現在ではフィリピン産が輸入の90%くらいを占めています。

日本では、熟したものは輸入できないので、まだ青い未熟のうちに収穫・輸入し、エチレンガスで追熟させています。

現在、国産バナナの主体はモンキーバナナになり、産地は沖縄や鹿児島県の奄美大島などになります。

バナナの上手な選び方

  • 全体的に黄色で傷がないもの。
  • つけ根がしっかりとしているもの。
  • 茶色の斑点が出始めていないもの。

スポンサーリンク

バナナの栄養と効能

バナナバナナは、糖質が多くエネルギー源に最適であり、バナナを2本食べるだけでごはん1杯分の炭水化物を摂取したことになります。
高カロリーで消化吸収がよく、アスリートはもちろん、子供や病人のエネルギー源の補給源としても適しています。

バナナの糖質は、消化吸収のよいショ糖や果糖・ブドウ糖・でんぷんであり、それぞれの糖が体内に吸収されるのまでの時間に差があります。
ですから、食べるとすぐに血糖値が上がりますが、2時間後でも下がることはありません。
つまり、食べると即エネルギーになり、それが持続するというわけです。
また、バナナは、即効性&持続性の効果があるので、朝や運動時の補給にはおススメなのですが、夜は体脂肪のもとになるので、控えめにするほうがいいです。

バナナに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

食物繊維・オリゴ糖

食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれていて、整腸作用があるので、便秘の予防や改善に対して有効とされています。
食物繊維による整腸作用で、老廃物が体外に排出されやすくなるので、ダイエットや美肌作りに効果があります。

また、ショ糖の一種であるフラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌の栄養になる成分であり、食物繊維と共に働き、腸内環境を改善するのに役立ちます。

トリプトファン

アミノ酸の一種であるトリプトファンが睡眠をサポートします。
同じくトリプトファンを含む牛乳やナッツ・大豆食品と合わせて摂るとより効果的ですす。

セロトニン

セロトニンが含まれていますが、セロトニンには脳をリラックスさせる働きがあり、脳内で新たにセロトニンを生成する働きがあるトリプトファンとビタミンB6も含まれているので、イライラをしずめる効果が期待できます。

カリウム

カリウムが、100gあたり360mgと豊富に含まれています。
余分なナトリウムを尿内に排出する作用があり、高血圧を予防する効果に期待ができます。

その他

たんぱく質合成に欠かせないビタミンB6が多いので、筋肉増強や皮膚・髪のケア・妊娠中の補給・生理前症候群や不眠の改善などの効果が期待できます。
複数のポリフェノールや色素成分を含むため、強い抗酸化作用があり、アンチエイジング・コレステロール対策・血流改善・老化防止・免疫力アップなどの効果が期待できます。

貧血の予防に効果的な葉酸・ストレスから守る働きがあるマグネシウム・神経の伝達機能を活性化して脳の老化防止に効果があるメラトニンなども含まれています。

バナナの主な効能

動脈硬化の予防・疲労回復・高血圧の予防、改善・整腸作用

バナナの主な栄養成分

トリプトファン・ビタミンB6・セロトニン・食物繊維・オリゴ糖・カリウム・メラトニン・マグネシウム・ポリフェノール・葉酸

バナナのカロリー(kcal)と糖質

バナナのカロリーは86kcal・糖質は21.4gです。(※ 可食部100gあたり)
カロリーは少し高いので、ダイエットにはあまり向いていない食材になります。

他の果物類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の果物類と比べるとカロリーは少し高くて、糖質はかなり高くなっています。

  • モモ・・・40kcal・8.9g
  • ナシ・・・43kcal・10.4g
  • カキ・・・60kcal・14.3g
  • メロン・・・42kcal・9.9g
  • リンゴ・・・61kcal・14.3g

      

スポンサーリンク

バナナの食べ方

バナナの食べ方バナナは、生のまま食べたり、ジュース・砂糖漬け・洋菓子の材料などにすると美味しいです。
黄色い皮の表面がツルツルしてきれいなものは食べるのが少し早く、バナナの中で最も甘いのはつけ根から見て下の方であり、上から食べると最後が一番甘くなります。

バナナの表面に出る黒い斑点(シュガースポット)が、見かけは悪くても食べ頃になり、甘味が増すだけでなく、免疫力も高まる効果があります。
また、生のバナナは体を冷やす作用があるので、からだが熱っぽい場合には最適なのですが、冷え性の人には向いていないので、ドライバナナがおススメになります。

果肉を切ってから空気に触れると変色しますが、レモンやオレンジの果汁をかけておくと変色を防ぐことができます。

牛乳やタマゴを加えてバナナセーキにすると、美味しくなり栄養価も高まります。

バナナの栄養を強化する食べ合わせ

バナナ+ヨーグルト

バナナには食物繊維が豊富に含まれていますが、ヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌といっしょに摂取すると、整腸効果が高まるので、便秘の予防・改善に対する効果がアップします。

バナナ+牛乳

バナナには精神を安定させる働きがあるセロトニンが含まれていて、牛乳に含まれているカルシウムはイライラをしずめる効果があるので、いっしょに摂取すると、精神を安定させる効果が期待できます。

バナナの保存法

バナナは常温で保存するほうがよく、 1本ずつポリ袋に入れ、すずしいところに置いておくとより長く保存することができます。
最近では、バナナスタンドも販売されていて便利なので、これを使うのもいいです。

冷蔵庫に入れると、すぐに黒ずんで傷むので注意が必要になります。
皮をむいてから保存袋に入れると冷凍で保存することができ、シャーベットやスムージーにすると美味しいです。

バナナの食品成分

水分

たんぱく質

脂質

炭水化物

75.4g

1.1g

0.2g

22.5g

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

360mg

6mg

32mg

27mg

亜鉛

マンガン

0.3mg

0.2mg

0.09mg

0.26mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

1

7μg

0.5mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.05mg

0.04mg

0.7mg

0.38mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

26μg

0.44mg

1.4μg

16mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。