にんにくの特徴とは?旬や産地なども紹介

ニンニクの栄養

にんにくの特徴

にんにくは、中央アジア原産で、中国では2000年以上も前から栽培されてきました。

古代エジプトではピラミッドを作る労働者たちに、スタミナ剤としてにんにくを与えていたといわれています。

 
日本に伝わったのは平安時代で、強い強壮効果を持つ薬用植物として利用されてきました。

ただ、においを嫌う仏僧や公家・武士など仏教思想のもとでは、食することを禁じられていました。

薬草としてではなく、中華料理や西洋料理の香辛料として広まったのは、昭和になってからのことです。

食用にするのは地下茎が肥大した部分であり、若い花茎がにんにくの芽になります。

 
生のにんにくは刺激が強いです。

一度に多く食べ過ぎると、胃炎や下痢などの胃腸障害を起こすことがあるので、注意が必要になります。

生の状態であれば1日1片程度が良く、加熱したものであれば1日1~2片程度にしてください。

 
にんにくを、薬味や調味料にする場合はすりおろすとよく、炒めものや煮物には、みじん切りかうす切りにしたほうがいいでしょう。

切ったりつぶしたりすると香りが出てくるので、香りを強調したい時には、細かく切るかつぶしてください。

にんにくの香りが出る前にほかの食材を加えると、にんにくのいやな臭いがして味を損ねます。

まな板ににんにくの香りが移るとなかなか落ちないので、かまぼこの板をにんにく専用の小さなまな板にして、その上で切るという方法もあります。

 
炒める時は、焦がさないようにする必要があります。

焦がしてしまうとせっかくの風味が台無しになるので、火をつける前のフライパンに、油といっしょに入れてください。

また、にんにくの芽は焦げやすいので、取り除いたほうがいいでしょう。

 
うす切りのにんにくをつけておいたしょう油は、焼肉のタレに最適

にんにく自体を味わうには、蒸して漬け物にするといいです。

 
にんにくのみじん切りを、油に2・3日漬けておくとガーリックオイルができます。

毎回、にんにくのみじん切りを油につけて、香りづけをする手間が省けるので便利です。

すりおろしたにんにくが緑色になるのはなぜ!?
にんにくをすりおろして、しばらくそのままにしておくと、緑色に変色していることがあります。

これは、にんにくの香り成分が分解されて、鉄と反応するためだといわれています。

からだに害はないので、そのまま食べても大丈夫。

にんにくの芽

茎にんにくともいい、中国ではよく使われています。

球根よりも香りがやわらかで甘みがあり、炒めものや煮物に使われています。

にんにくしょうゆ漬け

にんにくを1片ずつ切り離して、薄皮をむいたものをしょうゆに漬けたもの。

香りが移ったしょうゆは調味料として、にんにくは刻んで薬味用として使います。

フルーティにんにく

にんにくを熟成発酵させたもので、真っ黒な色が特徴。

にんにく臭は消えていて甘酸っぱいです。

プチにんにく

中の粒が分かれていない、一粒タイプの小型にんにく。

中国産で、においは大型タイプのものと比べると、やわらかいのが特徴です。

草聖(そうせい)にんにく

発芽させたにんにくの茎と、玉の部分の両方を食べることができる品種。

生で薬味にしたり、炒め物や餃子の具に向いています。

にんにくの旬

旬のカレンダー
ニンニクの旬
にんにくは、中国産が1年中出回っていますが、旬は5月~7月。

にんにくの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

青森県
全国収穫の67.7%の構成比 13,600t
香川県
全国収穫の3.7%の構成比 736t
宮崎県
全国収穫の2.3%の構成比 460t

国内での生産は青森県が圧倒的に多く、ブランド化されたにんにくが有名です。

にんにくの上手な選び方

  • 全体的に白くふっくらとしているもの。
  • 粒が大きくハリがあり、持った時に重いもの。
  • 黄色く変色したものは古いです。
  • 新にんにくの場合、表面の皮が赤いものがありますが、味に影響はないです(皮をむけば中身は白いです)。
  • お尻の部分がカラカラに乾燥しているもの(ただし軽くて外皮と身にすき間があるものは、水分が抜けすぎになります)。

にんにくの保存法

ニンニクの保存法
にんにくをネットに入れ、風通しのよい冷暗所などに吊るしておくと、2ヶ月くらいは保存できます。

皮をむいたものはラップで包み、冷蔵庫に入れておきましょう。

 
また、1片ずつに分けてから薄皮を残して冷凍しておくと、さまざまな料理に使うことができ便利です。

使うときは、凍ったまま根の部分を切り落とし、切り口から薄皮をむくといいでしょう。

 
【にんにくのカロリーや栄養はコチラ】
▶▶▶にんにくのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。