ニラの特徴とは?旬や産地なども紹介

ニラの特徴

ニラ
ニラは、東アジア原産です。

中国や日本では人気がありますが、欧米諸国ではほとんど食べられていないという、アジア諸国に人気の野菜になります。

 
日本では、古事記や万葉集に記述があります。

古名の、「こみら・かみら・みら」が転じてニラになったといわれています。

中国料理に人気が出てきた戦後頃から、野菜として広く栽培されるようになりました。

 
ニラは、丈夫で栽培しやすく、刈り取っても再び新葉が伸びるため、年に数回収穫することができます。

最近では、アメリカなどの欧米でも、観賞用として栽培されるようになってきました。

花ニラ

ニラの花の部分を食用にしたものです。

専用の品種が栽培されていて、やわらかな花茎とつぼみの部分を食べています。

中華料理の食材としてよく利用されていますが、香りはマイルドで、甘みがあり、歯ざわりがいいです。

黄ニラ

別名をニラモヤシといいます。

通常のニラを、日光で遮断して軟白栽培したもので、見た目が美しく、やわらかくて甘みもあります。

肉や魚介類との相性がいいため、中華の炒めものなどにもよく使われています。

ニラの旬

旬のカレンダー
ニラの旬
ニラは、通年出荷されていて、旬がないようにも感じますが、春が旬になります。

ニラの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

高知県
全国収穫の23.7%の構成比 15,000t
栃木県
全国収穫の17.2%の構成比 10,900t
茨城県
全国収穫の12.5%の構成比 7,870t

ニラの生産は高知県がもっとも多く、国内生産量のおよそ4分の1を占めています。

ニラの上手な選び方

  • 特有のさわやかな香りがするもの。
  • 葉の先までハリがあり、鮮やかな緑色のもの。
  • 指でつまんだときにしっかりと弾力があるもの。
  • 根元の切り口がみずみずしいものがよく、古くなるとカラカラに乾燥したり、茶色く変色することがあります。
  • 葉先がしんなりしたり、色が半透明になっていたりするものは、古いので避けたほうがいいです。

【スポンサードリンク】

ニラの食べ方

ニラの調理法
ニラは、レバニラ炒めや餃子の具・スープ・卵とじ・雑炊などによく使われています。

独特のにおいで肉料理のくさみを消し、うま味と調和します。

ただ、加熱しすぎると色と風味がとんでしまうので、注意が必要になります。

 
ニラは、切らずにまるごと加熱したほうが、甘みとうま味が逃げず、美味しく仕上がります。

旬の美味しいニラは、丸ごとアルミホイルに包んで、蒸し焼きにするだけでも美味しいです。

 
ニラの根元の部分には、栄養分が多く含まれているので、切り捨てないほうがいいです。

根元は香り成分が強く、ギリギリまで美味しく食べることができるので、先端を約1mm切るだけで大丈夫です。

 
風邪や腹痛時には、ニラ粥やニラ雑炊などがおすすめ。

おなかを温めながら、症状をやわらげてくれます。

ニラの保存法

ニラは、傷つきやすく保存がしにくいので、なるべく買ったその日に調理するほうがいいです。

冷蔵保存する場合は、葉先が折れないように入れてください。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。