ニラの旬の時期は?特徴や産地・選び方や食べ方なども紹介♪

ニラ

ニラの旬

旬のカレンダー
ニラの旬
ニラは、通年出荷されていて旬がないようにも感じますが、春が旬になります。

ニラの特徴

ニラの栄養ニラは、東アジア原産であり、中国や日本などでは人気がありますが、欧米諸国ではほとんど食べられていないという、アジア諸国に人気の野菜になります。
日本では古事記や万葉集に記述がありますが、古名のこみら・かみら・みらが転じてニラになったといわれています。
中国料理に人気が出てきた戦後頃から、野菜として広く栽培されるようになりました。

ニラは、丈夫で栽培しやすく、刈り取っても再び新葉が伸びるため、年に数回収穫することができます。
最近では、アメリカなどの欧米でも観賞用として栽培されるようになってきました。

花ニラ

ニラの花の部分を食用にしたものであり、専用の品種が栽培されていて、やわらかな花茎とつぼみの部分を食べています。
中華料理の食材としてよく利用されていて、香りはマイルドで甘みがあり歯ざわりがいいです。

黄ニラ

別名ニラモヤシといい、通常のニラを日光で遮断し軟白栽培したもので、見た目が美しく、やわらかくて甘みもあります。
肉や魚介類との相性がいいため、中華の炒めものなどにもよく使われています。

ニラの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

高知県
全国収穫の23.7%の構成比 15,000t
栃木県
全国収穫の17.2%の構成比 10,900t
茨城県
全国収穫の12.5%の構成比 7,870t

ニラの生産は高知県がもっとも多く、国内生産量のおよそ4分の1を占めています。

ニラの上手な選び方

  • 特有のさわやかな香りがするもの。
  • 葉の先までハリがあり、鮮やかな緑色のもの。
  • 指でつまんだときにしっかりと弾力があるもの。
  • 根元の切り口がみずみずしいものがよく、古くなるとカラカラに乾燥したり、茶色く変色することがあります。
  • 葉先がしんなりしたり、色が半透明になっていたりするものは古いので避けたほうがいいです。

スポンサーリンク

ニラの食べ方

ニラの調理法ニラは、レバニラ炒め・餃子の具・スープ・卵とじ・雑炊などによく使われています。
独特のにおいで肉料理のくさみを消し、うま味と調和しますが、加熱しすぎると色と風味がとんでしまうので、注意が必要になります。

ニラは、切らずにまるごと加熱したほうが、甘みとうま味が逃げずに美味しく仕上がります。
旬の美味しいニラは、丸ごとアルミホイルに包んで蒸し焼きにするだけでも美味しいです。
また、ニラの根元の部分には栄養分が多く含まれていますので、切り捨てないほうがいいです。
根元は香り成分が強く、ギリギリまで美味しく食べられますので、先端を約1mm切るだけで大丈夫です。

風邪や腹痛時には、ニラ粥やニラ雑炊などがおススメであり、おなかを温めながら症状をやわらげてくれます。
ゆでると匂いがやわらぎますので、たっぷり摂ることができます。

ニラは、炒めものに向いている食材なのですが、油を使って調理すると、ニラに含まれているβ-カロテンの吸収率があがります。
レバーや豚肉との相性は抜群で、代謝がよくなり疲労回復を助け、夏バテ防止にも活躍します。

ニラの保存法

ニラは、傷つきやすく保存がしにくいので、なるべく買ったその日に調理するほうがよく、冷蔵保存する場合は、葉先が折れないようにポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存するといいです。

ニラのおススメ料理

レバニラ炒め

レバニラ炒めニラの料理といえばまず思い浮かぶのかレバニラ炒めだと思います。

中華料理屋では定番のメニューになりますが、家庭でも意外と簡単に作ることができます。

レバーはとても栄養が豊富であり、ニラと組み合わせることで夏に不足しがちな栄養を摂取することができますので、夏バテ解消メニューになります。

 

ニラ玉

ニラ玉ニラは、さまざまな料理に使用することができる便利な野菜になりますが、ニラを使った料理でよく作られれるのがニラ玉です。

この料理は、ニラとタマゴを合わせたものであり、とても簡単に作れるものでありながら夕食の主役にもなれる料理になります。

カロリーは92kcalと抑えられていて、調理時間も8分で作ることができますので、おススメです。

出典:AJINOMOTO・レシピ大百科(ニラ玉)

ニラの簡単チヂミ

ニラの簡単チヂミチヂミは、居酒屋や韓国料理店でよく見かけるメニューであり、チヂミにはニラが欠かせないものになります。

家庭で作るのは少し難しいと思っていましたが、このレシピは身近な材料で作ることができ、調理時間も5分とかなり短くなっています。

カロリーは376kcalとかなり多いので、ダイエットなどには向きませんが、お酒のつまみなどに作るといいと思います。

出典:レタスクラブニュース(ニラの簡単チヂミ)

関連記事

コメントは受け付けていません。