鱈(タラ)の種類と特徴!旬や産地・栄養なども紹介♪

タラ 写真

タラの種類と特徴

マダラ

マダラ別称・方言
タラ/ヒゲダラ(神奈川県小田原)・イボダラ(富山)・アラ(長崎)

名前の由来
皮が少しまだらであることからという意味や、その他いろいろな説があります。

特徴
マダラは、タラ科の海水魚であり、単にタラと呼んだ場合は、マダラを指すことが多いです。

日本海および北日本太平洋岸・東シナ海北部・黄海・北太平洋に分布しています。
寒流性の底生魚で北国を代表する魚であり、体長約1mに達します。
一般に水深150~300mの深いところに生息し、魚類・甲殻類・頭足類・貝類をはじめさまざまなものを食べています。

マダラは貪欲な魚として知られていて、なんでも手当たり次第に食べるため、カニなどの鋭いとげで胃が傷つき、それが原因で潰瘍を起こすこともあります。

食べ方
タラは、とれたての新鮮なものなら刺身にできますが、タラちりなどの鍋にして食べられることが多いです。
この他、塩焼き・煮つけ・汁物・ホイル焼き・干物・粕漬けなど、さまざまな調理法があります。

昆布と相性がいいので、昆布じめの刺身やタラ昆布汁・松前蒸しなどにするのもいいです。

スケトウダラ

スケトウダラ別称・方言
スケソ・スケソウ・スケトオタラ・メンタイ/ヨイダラ(新潟)・キジダラ・シラミダラ(富山)・スケドオ(島根県今市)

名前の由来
漁に人手を要することから助っ人ダラといわれることや、その他さまざまな説があります。

特徴
スケトウダラは、タラ科の海水魚であり、山口県と千葉県銚子以北・オホーツク海・ベーリング海・太平洋の沿岸の浅場から、水深1000m以上の深海に広く分布しています。

体長は約70cmであり、大きな群れをつくり回遊し、魚類・甲殻類などを食べています。
マダラの近縁種になりますが、体形はマダラに比べて細長いです。
主漁期は12月~4月であり、釧路港は全国一の水揚げ量を誇り、マダラよりスケトウダラのほうが漁獲量が多いです。

食べ方
鮮魚としてはあまりなじみがなく、ちくわやかまぼこ・タラコ・明太子の原料として食べられています。
身は鮮度が落ちやすいので、そのほとんどは塩漬けや干物などに加工されています。

生のタラコは利用範囲が広いので、いろいろな料理に使われています。

コマイ

コマイ別称・方言
カンカイ/オオマイ(北海道厚岸)

名前の由来
コマイは、同類のマダラに対して小形であるため、小魚を意味する東北・北陸地方の方言から名前がついています。

特徴
コマイは、タラ科の海水魚であり、日本海北部・北海道東岸・オホーツク海・北太平洋に分布しています。

水深100m位に生息していて、マダラやスケトウダラに似ていますが小形であり、体長約30~40cm位です。
大きな移動や回遊は行なわず、底生動物を食べています。
成長は早く1年で体長20cmほどになり、生後2~3年で成熟します。

食べ方
脂が多いわりに淡白なので、焼くか煮るかの単純な料理がいいです。
白身のわりに腐敗が早いので、塩干しにした後、おつまみの珍味などに加工されています。

コマイは干物が有名であり、軽くあぶって食べると美味しいです。

スポンサードリンク

鱈の特徴

鱈は、フランス・イギリス・スペイン・ポルトガルなど、ヨーロッパをはじめ世界中で好まれている魚になります。

漢字では身が雪のように白いことからと書きます。
全長1mもの大きな魚のために、まるごと1匹で売られるよりも切り身で売られることが多いです。
たらふく食べたという表現があるように、海底の生物を貪欲に食べる魚です。

鱈は、味にクセがないのでさまざまな調理法に合いますが、鮮度が落ちるのが非常に早い魚なので、生のまま食べるのは避けたほうがいいです。
鍋料理の定番として知られていますが、とても火が通りやすく、くずれやすいのが特徴です。
一般に鱈といえばマダラ、タラコといえばスケトウダラの卵巣を指します。

タラコ

タラコは、スケトウダラの卵巣を塩漬けしたものであり、見た目をよくするために着色したものが多いです。
おにぎりの具材やお茶漬けの具などにして食べられています。

明太子

明太子は、タラコを赤唐辛子やみりんなどを混ぜた調味液につけたもので、ご飯にのせたり、焼いて食べられています。
韓国では、スケトウダラのことを明太(みょんて)と呼び、日本人のあいだでなまってめんたいとなり、その子なので明太子と呼ばれるようになったといわれています。

白子

白子は、鱈の精巣であり、マダラの白子は菊子と呼ばれて高級品になります。
クリーミーでまったりとした味であり、さっとゆでてポン酢じょうゆで食べるのが一般的な食べ方になります。

鱈の旬

旬のカレンダー
タラの旬
鱈は、1年中漁獲できますが、本来の旬は冬になります。

鱈の産地

農林水産省(平成24年漁業・養殖業生産統計)参照

北海道
全国漁獲の84.7%の構成比 236,000t
岩手県
全国漁獲の7.4%の構成比 20,500t
宮城県
全国漁獲の4.4%の構成比 11,100t

鱈は、北洋漁業の中心魚種であり、漁期は地域差があるため、市場には1年を通して入荷されますが、入荷量が多いのは秋から冬にかけてになります。

鱈の上手な選び方

  • 身が真っ白で透き通っているもの。
  • 切り身から水分が出ていないもの。
  • タラコや明太子は、透明感があり皮が薄いものがよく、なるべく自然の色のものがいいです。

スポンサードリンク

鱈の栄養と効能

タラの栄養鱈は、高たんぱく・低脂肪・低エネルギーであり、白身魚のなかでも脂肪分の少なさはトップクラスで、ダイエットにおすすめの食材です。
うま味成分であるグルタミン酸やイノシン酸が豊富に含まれていて、ビタミンやミネラルをまんべんなく含んでいる魚になります。

EPAやDHAが含まれているので、生活習慣病を予防する効果が期待できます。
タウリンが含まれていて、コレステロール値を下げ、肝機能を強化する効果が期待できます。
ビタミンAが豊富に含まれていて、抗酸化作用があり、視力低下の予防・皮膚や粘膜の健康維持に効果があるといわれています。

カルシウムがマダイの3倍ほども含まれていて、骨密度を高めて骨粗しょう症を防ぐ効果が期待できます。
ビタミンDが含まれていて、カルシウムの吸収を助けて骨や歯を丈夫にする効果が期待できます 。

カリウムが含まれていて、塩分の排出を促進して血圧を安定させます。
白子には、造血作用を持ち、悪性貧血を予防する効果のあるビタミンB12が豊富に含まれています。

鱈を加熱したときにできるチオプロリンというアミノ酸には、体内で発がん物質の生成を抑制する働きがあるとされています。

鱈の主な効能

骨粗しょう症の予防・動脈硬化の予防・貧血予防、改善・肝機能の向上

鱈の主な栄養成分

グルタミン酸・イノシン酸・EPA・DHA・タウリン・ビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD・カルシウム・カリウム

鱈の栄養を強化する食べ合わせ

鱈+じゃがいも

じゃがいものビタミンCは、加熱しても壊れにくいのが特徴です。
鱈に含まれているたんぱく質と組み合わせれば免疫力がアップするので、風邪の予防に最適になります。

鱈+しいたけ

鱈に含まれているカリウムは血圧を下げる効果があり、しいたけ特有の成分であるエリタデニンはコレステロールを下げる効果があるので、いっしょに食べることで、動脈硬化の予防につながります。

鱈+トマト

鱈の良質なたんぱく質が健康な細胞をつくり、トマトのリコピンとビタミンCの優れた抗酸化作用で免疫力をアップさせるので、アンチエイジングに対する効果が期待できます。

鱈(タラ)のカロリー(kcal)

鱈のカロリーは77kcalです。(※ 1切れ・可食部100gあたり)
カロリーは比較的高いので、ダイエットにはあまり向いていない食材といえます。

他の魚介類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の魚介類と比べるとカロリーは低くなっています。

  • サバ・・・247kcal・0.3g
  • イワシ・・・169kcal・0.1g
  • ブリ・・・257kcal・0.3g
  • タイ・・・177kcal・0.1g
  • カレイ・・・95kcal・0.1g

     

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。