みょうがの特徴とは?旬や産地なども紹介

ミョウガの栄養

みょうがの特徴

みょうがは、東アジアが原産。

しょうがとともに大陸から持ち込まれたものが野生化し、本州から沖縄までの日本各地で自生したものになります。

 
野菜として栽培しているのは日本だけです。

普段食べているのは、みょうがの地下茎から出る花穂で、花みょうがとも呼ばれています。

スーパーで販売されているものには、鮮やかな赤いものが多いですが、直売所などでは、土つきや緑がかったみょうがなどもあります。

 
みょうがは、江戸時代の名家の家紋によく使われています。

これは、知らないうちに受ける神仏の加護などに通じて、縁起をかついだものとされています。

みょうがを食べると物忘れしてしまう?
昔から、みょうがを食べると物忘れがひどくなるといわれています。

ただ、学術的な根拠はなく、栄養学的にそういう成分は含まれていないです。

物忘れしがちになる年齢層に好まれているので、勘違いされているだけのようです。

みょうがタケ

若い茎を軟白栽培し、ほんの少しだけ日にあてて赤みをつけたもの。

大きく育ちすぎたものは、風味が弱くてかたいです。

【スポンサードリンク】

みょうがの旬

旬のカレンダー
ミョウガの旬
みょうがの旬は6月~10月になりますが、1年中手に入れることができます。

みょうがは、夏に花をつける夏みょうがと、秋に花をつける秋みょうががあります。

夏みょうがは少々小ぶりで、秋みょうがは大きくて色鮮やかです。

みょうがの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

高知県
全国収穫の81.4%の構成比 4,382t
奈良県
全国収穫の4.5%の構成比 241t
群馬県
全国収穫の4.3%の構成比 233t

みょうがは、高知県での生産量が圧倒的に多く、全体の80%近くを占めています。

みょうがの上手な選び方

  • さわやかな香りがあり、傷がなく締まっているもの。
  • 小ぶりでふっくらと丸みがあり、ツヤがあるもの。
  • 実が硬くぎっしり詰まっているもの(フカフカのものは鮮度が悪いです)
  • 花が出ているものは避けたほうがいいです。
  • 切り口や先端が褐色に変色し、半透明のものは避けたほうがいいです。

みょうがの食べ方

ミョウガの調理法
みょうがは、基本的には生で食べる香味野菜であり、シャキッとした食感やさわやかな香りが特徴です。

風味を生かすために、サラダやそうめん・そば・冷奴の薬味として使うといいです。

サッとゆでて、酢みそ和えや寿司のネタ・甘酢漬けなどにしても美味しいです。

 
みょうがは、アクがあるため、生で食べる場合は切ってすぐ水にさらす必要があります。

ただ、さらし過ぎると、せっかくの風味や栄養分が損なわれるので、注意が必要になります。

 
また、みょうがは、中に土が入っていることも多いです。

縦半分に切ってから、ボウルに張った水の中で、揺すって土を落とすと効果的です。

 
比較的早く花芽や黄色い芯が出てきてしまいますが、取り除けば食べることができます。

乾燥すると香りが損なわれ、効果が薄れるので、新鮮なうちに食べきったほうがいいです。

みょうがの保存法

みょうがは 、日がたって花が咲く前に小切りにし、1回分ずつラップで包みます。

密閉性のある袋に入れ、冷蔵庫で保存するといいです。

 
冷凍庫で保存する場合は、みょうがを縦にふたつに切ってから、保存袋に入れ、空気をぬいてください。

凍ったまま、みじん切りやせん切りにして冷ややっこにのせたり、冷やしたうどんやそうめんの薬味につかうと便利です。

合わせてどうぞ

みょうがのカロリーや栄養などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。