みょうがの特徴とは?旬や産地なども紹介

ミョウガの栄養

みょうがの特徴

みょうがは、東アジアが原産。

しょうがとともに大陸から持ち込まれたものが野生化し、本州から沖縄までの日本各地で自生したものになります。

 
野菜として栽培しているのは日本だけです。

普段食べているのは、みょうがの地下茎から出る花穂で、花みょうがとも呼ばれています。

スーパーで販売されているものには、鮮やかな赤いものが多いですが、直売所などでは、土つきや緑がかったみょうがなどもあります。

 
みょうがは、江戸時代の名家の家紋によく使われています。

これは、知らないうちに受ける神仏の加護などに通じて、縁起をかついだものとされています。

みょうがを食べると物忘れしてしまう?
昔から、みょうがを食べると物忘れがひどくなるといわれています。

ただ、学術的な根拠はなく、栄養学的にそういう成分は含まれていないです。

物忘れしがちになる年齢層に好まれているので、勘違いされているだけのようです。

みょうがタケ

若い茎を軟白栽培し、ほんの少しだけ日にあてて赤みをつけたもの。

大きく育ちすぎたものは、風味が弱くてかたいです。

関連記事

みょうがのカロリーに関する記事です。

みょうがの旬

旬のカレンダー
ミョウガの旬
みょうがの旬は6月~10月になりますが、1年中手に入れることができます。

みょうがは、夏に花をつける夏みょうがと、秋に花をつける秋みょうががあります。

夏みょうがは少々小ぶりで、秋みょうがは大きくて色鮮やかです。

みょうがの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

高知県
全国収穫の81.4%の構成比 4,382t
奈良県
全国収穫の4.5%の構成比 241t
群馬県
全国収穫の4.3%の構成比 233t

みょうがは、高知県での生産量が圧倒的に多く、全体の80%近くを占めています。

みょうがの上手な選び方

  • さわやかな香りがあり、傷がなく締まっているもの。
  • 小ぶりでふっくらと丸みがあり、ツヤがあるもの。
  • 実が硬くぎっしり詰まっているもの(フカフカのものは鮮度が悪いです)
  • 花が出ているものは避けたほうがいいです。
  • 切り口や先端が褐色に変色し、半透明のものは避けたほうがいいです。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。