小松菜(こまつな)の特徴とは?旬や産地なども紹介

小松菜の特徴

コマツナの栄養
小松菜は、中国が原産。

江戸時代に、小松川(現在の東京都)で栽培されていたことからこの名前がついています。

また、雪の下でも枯れないので、雪菜・冬菜ともよばれています。

寒い冬の時期は緑の野菜が少ないので、昔は貴重な野菜でした。

 
茎がピンと立つものや葉の色が濃く大きすぎないといったものが市場で好まれているので、姿・形のバリエーションは意外と少ないです

現在流通している小松菜は、1年を通じて収穫が可能なように改良された品種。

関東以外の関西や福岡などでも栽培されていて、人気があります。

ちぢみ小松菜

寒締め栽培や品種改良により葉にちぢみの入ったものであり、うま味が濃く甘みも強いです。

小松菜の旬

旬のカレンダー
コマツナの旬
小松菜の甘みが増して葉もやわらかくなるのは、12月~3月までの寒い時期であり、旬は冬になります。

冬に美味しさが増すので、冬の代表野菜のひとつになります。

小松菜の産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

埼玉県
全国収穫の17.4%の構成比 17,500t
東京都
全国収穫の7.8%の構成比  7,790t
神奈川県
全国収穫の7.0%の構成比 6,990t

小松菜は、昭和40年代から周年出荷される野菜になりました。

現在では主に関東で栽培されていて、ハウス栽培がさかんになっています。

 
作付面積はほとんど変化ありませんが、ここ数年出荷量が増加しています。

将来性がある葉もの野菜として注目されています。

小松菜の上手な選び方

  • 茎にツヤとハリがあるもの。
  • 肉厚でふっくらとしていて、固いもの。
  • 葉の色が濃くみずみずしいもの。
  • 葉と茎の長さがほぼ同じくらいのもの。
  • 茎が半透明に変色しているものは鮮度が落ちている証拠であり、折れているものは避けたほうがいいです。

【スポンサードリンク】

小松菜の食べ方

コマツナの調理法
小松菜は、アクが少ないので下ゆでせずに調理が可能。

関東においては、正月の雑煮などに使われています。

味にクセがないので、和え物や炒め物・煮物・みそ汁・洋風料理など、幅広く使うことができます。

 
寒い時期には、豊富な栄養分をまるごと摂ることができる、スープやシチューなどがおすすめです。

ただ、しょう油などを使うと色が変わってしまいます。

色合いを楽しみたいのであれば、味付けは塩やだしなどにしたほうがいいでしょう。

 
また、根元部分に土がたまりやすいので、洗う前に確認したほうがいいです。

根元を少し切って水に4~5分ほどつけておくと、葉っぱがピンとしてみずみずしくなります。

さらに、ついている泥などもいっしょに落ちます。

ただ、長くさらしすぎると栄養素が逃げてしまうので、時間は短めにしてください。

 
小松菜の独特の食感と色を楽しむためには、強火で手早く炒めたほうがいいです。

火を入れすぎると、ビタミンCが失われてしまうので、加熱のしすぎには注意が必要になります。

火が通りにくい芯は、そぎ切りにしてから炒めると火が通りやすくなるので、炒め時間を短縮することができます。

 
アクが少ないので、新鮮なものはそのままジュースなどにするといいです。

豊富な栄養分をまること摂ることができるので、おすすめです。

ジュースにする場合は、オリーブオイルやココナッツオイルなどの油を少量加えると、小松菜に含まれているβ-カロテンの吸収率を高めることができます。

「ダイエットに最適 グリーンスムージー レシピ!」動画はコチラ
↓ ↓ ↓

小松菜の保存法

コマツナの保存法
冷蔵保存する場合は、生で湿らせた新聞紙で根元のほうを包み、立てて保存するといいです。

冷凍保存する場合は、水洗いしてから水気を切り、使いやすい大きさに切ってから、保存袋に入れてください。

凍ったままおひたしやスープ・炒めものなどに使えるので、便利ですよ。

 
また、冷凍することで、小松菜の青臭さがおさえられます。

繊維がくずれるので、なめらかで美味しいスムージーを楽しむことができます。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。