チョコフレークのカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

チョコフレーク
チョコフレークは、コーンフレークをチョコレートでコーティングしているお菓子です。
昔からある食べやすいチョコレート菓子で、甘くて軽い食感が人気となっています。
現在では、いろいろな味のチョコフレークが販売されていますが、今回は、そんなチョコフレークのカロリーや原材料・栄養成分などを紹介したいと思います。

 

チョコフレークのカロリーと原材料・栄養成分

チョコフレーク(日清)【カロリー】
382キロカロリー(kcal)

【商品説明】
チョコフレークが、食べたい分を食べたい時に食べられる便利なチャック付きスタンドパックになりました。
マイルドなコクのガーナ産カカオと、華やかな香りのエクアドル産カカオをブレンドした、新配合の“Wブレンドカカオチョコレート”です。
より一層カカオのコクと香りがアップした、ロングセラーのチョコスナックになっています。

【価格】
120円 (税別)

【原材料名】
とうもろこし(遺伝子組換えでない)、砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス(カカオ豆:エクアドル63%、ガーナ37%)、ココアパウダー、食塩、麦芽エキス、モルトシロップ/乳化剤(大豆由来)、香料、酸化防止剤(ビタミンE)

【栄養成分表示】
たんぱく質:4.9g 脂質:15.0g 炭水化物:56.9g 食塩相当量:0.78g

チョコフレーク おいしいスリム 砂糖50%オフのカロリーと原材料・栄養成分

チョコフレーク おいしいスリム 砂糖50%オフ【カロリー】
275キロカロリー(kcal)

【商品説明】
チョコフレークのおいしさそのまま、砂糖の使用量を「チョコフレーク」の半分にした「チョコフレーク おいしいスリム」が、食べたい時に“チョコっと”楽しめる、便利なチャック付きスタンドパックになりました。
食物繊維がたっぷりのチョコスナックです。

【価格】
120円 (税別)

【原材料名】
とうもろこし(遺伝子組換えでない)、植物油脂、砂糖、全粉乳、マルチトール、カカオマス(カカオ豆:エクアドル57%、ガーナ43%)、水溶性食物繊維、ココアパウダー、食塩、麦芽エキス、モルトシロップ/乳化剤(大豆由来)、香料、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)

【栄養成分表示】
たんぱく質:4.1g 脂質:11.1g 炭水化物:45.2g 糖質:40.5g 食物繊維:4.7g 食塩相当量:0.60g ショ糖:7.0g

チョコフレーク クリスプボールのカロリーと原材料・栄養成分

チョコフレーク クリスプボール【カロリー】
308キロカロリー(kcal)

【商品説明】
薄焼きコーンフレークと隠し味に塩を効かせたココアパフを、こだわりのチョコレートでコーティングした「チョコフレーク クリスプボール」。
食べたい時に“チョコっと”楽しめる、便利なチャック付きスタンドパックになりました。
新配合の“Wブレンドカカオチョコレート”で、よりカカオのコクと香りがアップしたチョコスナックです。

【価格】
120円 (税別)

【原材料名】
砂糖、とうもろこし(遺伝子組換えでない)、小麦粉、植物油脂、全粉乳、カカオマス(カカオ豆:エクアドル63%、ガーナ37%)、ココアパウダー、食塩、麦芽エキス、モルトシロップ/乳化剤(大豆由来)、炭酸カルシウム、香料、酸化防止剤(ビタミンE)

【栄養成分表示】
たんぱく質:4.2g 脂質:13.2g 炭水化物:43.2g 食塩相当量:0.48g

チョコフレーク 濃厚仕立てのカロリーと原材料・栄養成分

チョコフレーク 濃厚仕立て【カロリー】
310キロカロリー(kcal)

【商品説明】
チョコレートを「チョコフレーク」と比較して30%増量した「チョコフレーク 濃厚仕立て」が、食べたい分を食べたい時に食べられる便利なチャック付きスタンドパックになりました。
マイルドなコクのガーナ産カカオと華やかな香りのエクアドル産カカオをブレンドした、新配合の“Wブレンドカカオチョコレート”で、より一層カカオのコクと香りがアップした、濃厚仕立てのチョコスナックです。

【価格】
120円 (税別)

【原材料名】
とうもろこし(遺伝子組換えでない)、砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス(カカオ豆:エクアドル63%、ガーナ37%)、ココアパウダー、食塩、麦芽エキス、モルトシロップ/乳化剤(大豆由来)、香料、酸化防止剤(ビタミンE)

【栄養成分表示】
たんぱく質:3.9g 脂質:13.5g 炭水化物:43.1g 食塩相当量:0.52g

チョコフレーク プチパック 8袋入りのカロリーと原材料・栄養成分

チョコフレーク プチパック 8袋入り【カロリー】
57キロカロリー(kcal)

【商品説明】
いつもの「チョコフレーク」を小分けし、かわいい三角形のテトラパックで包んだ「チョコフレーク プチパック」。
今回、コクと香りを一層お楽しみいただけるよう、チョコレートのカカオ感をアップしました。
プチパックならではの “シェアするメッセージ” も新たに10種類追加して全20種類となり、分けあう楽しみも広がりました。

【原材料名】
とうもろこし(遺伝子組換えでない)、砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス(カカオ豆:エクアドル63%、ガーナ37%)、ココアパウダー、食塩、麦芽エキス、モルトシロップ/乳化剤(大豆由来)、香料、酸化防止剤(ビタミンE)

【栄養成分表示】
たんぱく質:0.7g 脂質:2.2g 炭水化物:8.6g 食塩相当量:0.12g

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●ゴロゴロとした塊があって、ザックリとした食感が良いです。
チョコは甘めのミルクチョコレートといった感じで、板チョコで言えば森永のハイミルク系の甘めのチョコレートです。
カロリーも糖質も高めですが止められないお菓子の一つです。

●プレーンのコーンフレークにミルクチョコレートが薄くコーティングされています。
甘過ぎずサクサクした食感で、美味しいです。
手で食べているとチョコレートが溶けて手が汚れてしまうので、スプーンで食べるようにしています。

●子供の頃からとても好きな商品です!
フレークのしっとりした食感と、チョコの甘さがマッチしていて後引く美味しさです。
手が汚れるのが難点ですが、それがチョコフレークを食べるときの醍醐味でもあります…笑

●チョコレートでコーティングされていて、そのチョコレートもミルク感が強くて、甘さもちょうどよくて美味しかったです。
さくさくで牛乳とも相性良かったです。

●今は冷蔵庫で冷やして食べています。
すぐ常温に戻ってしまいますが、サクサクした食感が良くて美味しいです。
バニラアイスと一緒に盛ってパフェ風にしたりすると、さらに冷えて楽しめると思います。

●一口食べたらアウト、止まりません。
コーンフレークにしっかりとチョコレートがついていて口どけもいいです。
サクサクと食べながら食感も楽しめます。
夏は溶けやすいので冷蔵庫で冷やすことをすすめます。

●昔ながらの一品。牛乳を飲みながら食べるのがすき。
おやつとしてはもちろん、朝食としてもぴったり。ついつい食べすぎてします。

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。