紅生姜のカロリーは低い!牛丼の付け合わせに最適な理由とは?

紅生姜
紅生姜は、ショウガを梅酢に漬けた漬物。

吉野家やすき家の牛丼といっしょに食べるものとしてよく知られています。

甘辛い味とご飯の相性がとてもよく、牛丼以外だと、冷やし中華や焼きそばなどに添えられています。

 
今回は、そんな紅生姜のカロリーと糖質・栄養成分を紹介します。

紅生姜のカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】
2kcal・10g

【糖質】
0.2g

【栄養成分】
たんぱく質:0.0g 食物繊維:0.2g 塩分:0.7g

 
紅生姜のカロリーはかなり低いです。

紅生姜(吉野家)のカロリー

【カロリー】
10.8kcal・60g

紅生姜(すき家)のカロリー

【カロリー】
19kcal・100g

紅生姜の天ぷらのカロリー

【カロリー】
32kcal・1枚

紅生姜のかき揚げのカロリー

【カロリー】
267kcal・1人前

紅生姜の卵焼きのカロリー

【カロリー】
127kcal・1人前

紅生姜が牛丼の付け合わせに最適な理由とは?

牛丼
牛丼を食べる時、紅生姜をたくさんのせている人がいますが、牛丼と紅生姜の相性はとてもいいです。

牛丼は食べていると、味に飽きやすくなってしまいます。

牛丼のお肉と紅生姜をいっしょに食べると、酸味の効いた紅生姜が加わることでアクセントになり、最後まで飽きずに食べることができます。

これを、他の漬物で出来るかというと、紅生姜のようにはうまくいかないと思います。

 
また、牛丼のカロリーは高く、吉野家の牛丼だと並盛で652kcalもあります。

この時、カロリーが高い付け合わせだと、カロリーはさらに高くなってしまいます。

けれども、紅生姜だと10g食べても2kcalなので、ほとんど影響がありません。

なので、紅生姜が牛丼の付け合わせに最適だといえます。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。