サッポロ一番塩ラーメンのカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

サッポロ一番塩ラーメンは、サンヨー食品が販売している袋麺およびカップ麺です。
とても人気があるラーメンであり、市販のラーメンの中で一番好きだという人も多いです。

厳選された小麦粉に山芋の粉を練り込んだモチモチ食感のめんは、喉越しの良いみずみずしさが特長です。
スープはチキンとポークをベースにオニオン、ガーリックなどの野菜のうまみと香辛料を絶妙なバランスで配合し、すっきりしながらも具材の味をしっかり受けとめる、真似のできないコク深い味わいに仕上げました。
また別添の「切り胡麻」がスープに豊かな風味を添えています。

今回は、そんなサッポロ一番塩ラーメンにおけるカロリーと、原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

 

サッポロ一番塩ラーメンのカロリーと原材料・栄養成分

サッポロ一番塩ラーメン【カロリー】
443キロカロリー(kcal)

【内容量】
100g

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、ラード、でん粉、植物油脂、食塩、やまいも粉)、スープ(食塩、香辛料、糖類、チキンエキス、ポークエキス、ねぎ、かつおエキス、発酵調味料)、やくみ(ごま)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

【栄養成分表示】
たん白質:9.5g 脂質:16.6g 炭水化物:63.8g ナトリウム:2.3 g(めん・やくみ:0.6g・スープ:1.7g) ビタミンB:0.33mg ビタミンB2:0.58mg カルシウム:232mg

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●やっぱりどの会社がどんなに頑張っても、サッポロ一番は超えられない。
インスタントラーメンの金字塔を打ち立ててから、もう何年なんだろうか。
これと、冷えたご飯があれば、しあわせ。

●最近の商品はどれも入れ替わりが激しいですが、こちらの商品は30年前から大きくパッケージも中身も変わらず好感が持てます。
味は当時のままで飽きも無く食べることができます。
シンプルが故に、麺やスープのおいしさを感じ取れます。

●孫たちも大変喜んで食べています。
寒い冬には、うれしいですね。
ありがとうございました。

●昭和の時代からある本商品。
塩ラーメンはなぜかコレが一番美味しい。
余裕があるときは、野菜を炒めるかレンジでチンして、塩コショウを載せると美味しい。
バターをひとかけら落として塩バターにすると、もっと美味しい。
「美味しい」ばかりですが、本当に美味しいのです。
ただ、のびやすいのが注意です。

●インスタントの塩ラーメンの代表的な存在です。
そのままでももちろん、野菜・肉を多く乗せると一層旨くなります。
麺は平凡ですが、スープが格別です。
誰にでも勧めたくなるラーメンです。

●何十年か食べてますが、麺もコシがあり、一番好きなインスタントラーメンです

●間違いなく袋麺ナンバーワンです。
正麺なんかも食べてみましたがやはりこれに戻ります。
麺を茹でるお湯と、スープのお湯を分けると麺の油分が取れるので、倍の量お湯をわかして調理しています。
スープの方のお湯で、野菜やきのこを茹でると立派な食事になります。

●いろんな野菜を入れて合うのはやはりこれでしょう!
野菜から水分が出るので、最初の水を少なめにした方が美味しいです。

●サッポロ一番と言えば、やっぱりこれです♪
他のインスタントを食べましたが、この味にはかないません。

●時間が無いときや小腹がすいたときに買い置きがあって助かってます。
サッポロ一番は他より少し高めですが、その分おいしいと思います。

さいごに

サッポロ一番塩ラーメンのカロリー(100g)は443キロカロリーです。
カロリーは高いので、気になる人はスープを少し残すなどの工夫をしたほうがいいです。

他のラーメンと比較した場合、辛ラーメン(120g)のカロリーは506キロカロリー・カップ ヌードルシーフード(75g)は323キロカロリーになっていますので、カロリーはそれほど変わらないようになっています。

今回はサッポロ一番塩ラーメンを紹介しましたが、同じサッポロ一番のラーメンにサッポロ一番味噌ラーメンがあります。
こちらの記事にてサッポロ一番味噌ラーメンのカロリーや原材料などを紹介していますので、よかったら見てくださいね。
 サッポロ一番味噌ラーメンのカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。