カップヌードルシーフードのカロリーと原材料・栄養成分

カップ ヌードルシーフードは、日清食品が販売しているカップ麺です。
独特のつるみのある麺に、ポークと魚介のコクのあるスープで、具材はイカ・カニ風味カマボコ・たまご・キャベツ・ネギが入っています。
カップヌードルはいろいろな味の商品が販売されていて、ノーマルな普通のカップヌードルやカレーなどにおいては不動の人気がありますが、このシーフードも同じようにファンがとても多い商品となっています。

今回は、そんなカップ ヌードルシーフードにおける、カロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

 

カップ ヌードルシーフードのカロリーと原材料・栄養成分

カップ ヌードルシーフード【カロリー】
323キロカロリー(kcal)

【内容量】
75g

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料)、スープ(チキンエキス、ポークエキス、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、乳等を主要原料とする食品、ポーク調味料、野菜調味料、たん白加水分解物、魚介エキス、野菜調味油、食塩、魚醤、ポーク調味油)、かやく(いか、キャベツ、魚肉練り製品、味付卵、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、香辛料抽出物、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

【栄養成分表示】
たんぱく質 :9.8g 脂質:11.2g 炭水化物:45.8g 食塩相当量:4.8g(めん・かやく: 2.1g・スープ: 2.7g) ビタミンB1:0.94mg ビタミンB2:0.22mg カルシウム:95mg

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●シーフードは海外の雰囲気を感じられる、塩らしいあっさりした味が好きです。
スープがタコやエビによく合い、クセになります。
麺が多めで大満足。

●風味がしっかりしていて本当に美味しいです。
牛乳いれるのは定番ですが、今回はラー油をいれてみました。
これまた美味しく、海鮮中華のようで、辛いのが好きな方にはお薦めです。

●カップヌードルの中では、シーフード味が一番好きです。
ちょっと塩気が多いですが、そこが後を引いて一気に食べてしまいます。
書いていたらまた食べたくなりました(笑)

●山に登ったときのお昼ご飯は、いつもカップヌードルシーフードです。
あっさりとしているけど、シーフードの味がしっかりしていて、体の疲労を回復してくれるラーメンです。

●カップヌードルの中で一番好きなのが、日清のシーフードヌードルです。
私の中では絶大な人気です。
麺・スープ・具材全ての組み合わせが、どれも欠かす事の出来ないカップラーメンです。

●海鮮の味がよく染み出たスープがとても美味しいと思います。
適度な塩加減があるので、麺とスープにからみうまみを感じられていいと思います。

●時々、無性に食べたくなるのが、カップ麺の中でも一番なじみがあるシーフードヌードルです。
それも、遅い時間のスポーツ中継などを観ながら食べると、余計美味しく感じます^^;
シーフードの旨味が溶け込んだ、まろやかでコクのあるスープが飽きないですね。

●思っていた以上に美味しくびっくりした。
スープも少し濁っていていい感じだった。
いろんなサイズの物が販売されており、量を選ぶことができうれしい。
簡単に作れてすぐ食べられるので助かっています。
もう少し具材が多いとなおいいと思います。

●ときどき無性に食べたくなります。
他のラーメンには無いスープの味です。
あまりお上品な食べ方ではないですが、私はシーフードヌードルにはマヨネーズを入れて食べるのが好きです。
ちょっと酸味が加わって意外に合います。

●シーフードのコクとクリーミーさ、絶妙な塩加減が美味しくてたまに食べたくなる味です。
馴染みのある美味しさで、カップラーメンで何を買おうか迷ったときは、これを買えば失敗なしという安心感があります。

さいごに

カップ ヌードルシーフードのカロリー(75g)は323キロカロリーです。
辛ラーメン(120g)は506キロカロリー・サッポロ一番塩ラーメン(100g)は443キロカロリー・赤いきつね(96g)は432キロカロリーになっていますので、他の即席麺と比較した場合、カロリーはそれほど変わらないようになっています。

今回はカップ ヌードルシーフードを紹介しましたが、同じカップヌードルの仲間にカップ ヌードルカレーがあります。
こちらの記事にてカップ ヌードルカレーのカロリーや原材料などを紹介していますので、よかったら見てくださいね。
 カップヌードルカレーのカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。