緑のたぬきのカロリーと原材料・栄養成分

緑のたぬきは、東洋水産が「マルちゃん」ブランドで製造・販売している和風カップ麺です。
1980年に発売してから約40年という長い間支持されている商品であり、武田鉄矢さんのインパクトのあるCMなどで評判となっています。
鰹節のだしをベースに、濃口醤油と砂糖でバランスよく関東風に仕上げた品のあるつゆに、そば特有の歯ごたえと滑らかさを持つ、食べやすい太さの角刃で切ったやや黒目のそばを合わせています。
具材は、自慢の香ばしい小えび天ぷら、かまぼこ、ねぎを使用しています。

今回は、そんな緑のたぬきにおけるカロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

緑のたぬきのカロリーと原材料・栄養成分

緑のたぬき
【カロリー】
480キロカロリー(kcal)

【内容量】
101g (めん72g)

【原材料名】
油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、とろろ芋、卵白)、かやく(小えび天ぷら、かまぼこ)、添付調味料(砂糖、食塩、醤油、魚介エキス、たん白加水分解物、香辛料、こんぶエキス、ねぎ、香味油脂)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、カラメル色素、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、豚肉、ゼラチンを含む)

【栄養成分表示】
たんぱく質:11.6g 脂質:23.8g 炭水化物:54.9g ナトリウム2.3g(めん・かやく:0.8g スープ:1.5g) ビタミンB1:0.40mg ビタミンB2:0.32mg カルシウム:160mg

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●天ぷらのサクサク食感とエビの風味がクセになる商品です。
個人的には、つゆが少し濃いいので、粉末を入れる量を少し減らして、つゆの濃さを調整しています。

●蕎麦が苦手でずっと食べていませんでしたが、最近食べ始めたので、初めてカップ麺の蕎麦を食べました。
意外と美味しくてびっくりしました。
麺も食べやすく、出汁と具材とよくマッチしていました。

●かつおだしがしっかり効いており、香りを嗅ぐだけでも食欲がそそります。
麺もこしがあります。天ぷらを後のせでサクサクです。
個人的には天ぷらがもう一回り大きければ嬉しいです。

●汁はあっさりしていて、いつも飲み干してしまいます。
天ぷらが大きく、サクサクのまま食べても、汁にひたしてふわふわにして食べても美味しく、食感の変化が楽しいです。

●数あるカップそばの中でもこれが一番お気に入りです。
スープも麺も非常においしくてまったく飽きがこないので頻繁に食べています。

●出汁の味がとても美味しく、そばの風味も本格的です。
小腹が空いたときに食べるとちょうどよい分量で、満腹感が得られます。
インスタントとは思えないクオリティです。

●おいしいですよねぇ〜‼️ たまにすごく食べたくなります。
つゆはダシが効いていて、香りがいいです。
麺は普通ですがカップ麺のなかではおいしい方だと思います。

●類似商品も出ている中、やはり天ぷらそばはマルチャンが一番すきな味です。
醤油の味よりもお出汁の味がしっかりしていて、スープも関西人が好む味だと思います。
天ぷらは後のせサクサク派なので、いつも食べる直前で入れてサクサクを楽しんで食べています。

●出汁のクオリティがかなり高いと思います。
その辺の蕎麦屋よりも美味しく思います。
天ぷらは少し脂っぽく感じますが、 私はお汁でふやかして崩して、 麺に絡めながら食べるのが好きです。

●だしが効いたスープで、一口飲むとホッとする味です。
麺はもちもちしていてうねっているのですが、スープとよく絡んでいると思います。
私はスープをよく吸わせてブヨブヨの麺になってから食べるのが気に入っています。
小さい蒲鉾が見た目のアクセントになっています。
天ぷらは少し油っぽいので、半分はサクサクのまま、半分はスープに溶かして食べています。

さいごに

緑のたぬきのカロリー(101g)は480キロカロリーです。
他のカップ麺と比較した場合、カップ ヌードルシーフード(75g)は323キロカロリー、日清ラ王 背脂コク醤油(115g)は423キロカロリーになっていますので、カロリーは少し高くなっています。

カロリーは高いので、気にする人はスープは少し残すなど、食べ方に工夫したほうがいいです。

今回は緑のたぬきを紹介しましたが、同じマルちゃんの仲間に赤いきつねがあります。
こちらの記事にて赤いきつねのカロリーや原材料などを紹介していますので、よかったら見てくださいね。

 赤いきつねのカロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミ

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。