堅あげポテト(カルビー)のカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

堅あげポテトは、カルビーが販売しているスナック菓子です。
厚切りのじゃがいもをゆっくり丁寧に低温で長時間フライしており、アメリカの伝統的な釜揚げ製法で作られたポテトチップスになります。
堅い食感で、噛むほどにじゃがいもの味わいが楽しめる美味しさがあります。

堅あげポテトは、油を使っているのでカロリーは高いと思わますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は、そんな堅あげポテトにおけるカロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

 

堅あげポテト(うすしお味)のカロリーと原材料・栄養成分

堅あげポテト(うすしお味)【カロリー】
333キロカロリー(kcal)

【商品説明】
味付けは、じゃがいもの味わいを引き立てるシンプルなうすしお味です。

【内容量】
65g

【原材料名】
じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、食塩、コーンスターチ、こんぶエキスパウダー / 調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)

【栄養成分表示】
たんぱく質:3.9g 脂質:17.4g 炭水化物:40.2g 食塩相当量:0.5 g カリウム:793mg リン:115mg

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●堅あげは芋の味がちゃんとするので好きです。
とくにこの塩味は、その芋の味をうまく引き立ててくれているのでいい!
脂っこさも普通のポテトチップスよりましな気がします。それもいいですね!

●カルビーから販売されている、ポテトチップスです。
堅あげポテトうすしお味です。
ふつうのポテトチップスよりもいくらかハードな食感で、じゃがいものそのもののうまみを感じられます。

●ガリガリバリバリ!
良い意味で歯切れが悪く、噛みごたえのある生地です。
じゃがいも本来の味を邪魔しない、薄い塩味が良いですね。
じゃがいも食べてるなーって実感できるポテトチップスです。

●こども達が喜んで食べてくれました。
堅あげなので、小さなお子さんには口の中を切らないように注意してください。

●塩味が少し強く感じますが美味しいです。
ボリュームもあり満足出来る商品だと思います。
ただ、厚く堅いので口の中が荒れます。

堅あげポテト(ブラックペッパー)のカロリーと原材料・栄養成分

堅あげポテト(ブラックペッパー)【カロリー】
331キロカロリー(kcal)

【商品説明】
粗挽きブラックペッパーのピリッとしたうまさと、食欲をそそる贅沢な香りが、「堅あげポテト」の魅力を引き立てます。

【内容量】
65g

【原材料名】
じゃがいも(遺伝子組換え でない)、植物油、食塩、黒こしょう、デキストリン、砂糖、ぶどう糖、オニオンパウダー、コーンスターチ、酵母エキスパウダー、還元水あめ、粉末しょうゆ(小麦・大豆 を含む)、シナモン、調味油(豚を含む)、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)

【栄養成分表示】
たんぱく質:3.9g 脂質:16.9g 炭水化物:40.7g 食塩相当量:0.6 g カリウム:826mg リン:94mg

購入者さんたちの口コミ

●ポテチ系は食べると胃もたれしちゃうのですが、これはあまり重くならない。
油が少ないのかな?
歯ごたえがあるからゆっくり食べられるし、ブラックペッパー感が辛すぎずちょうどいい。
一周回って戻ってくる安定したうまさ。

●ブラックペッパーに飽き、他の味に浮気するも結局はブラックペッパーに戻る。

●このポテトチップに出会い、毎日食べてたら5キロ以上太ってしまった。
美味しくて病みつきになる味。

●癖になる硬さと、ブラックペッパーの辛味が大好き。
堅あげポテトを食べた後、普通のカルビーポテトチップスを食べた時の歯ごたえと味の物足りない感じが、このポテトチップスの美味しさを表現してると思う。

●堅あげポテトの中では一番美味しい。
他の味(ノーマルな塩やコンソメなど)があるが、ブラックペッパーは飽きずに何個も食べれる。
食感も最高。

さいごに

堅あげポテト(うすしお味・65g)のカロリーは333キロカロリーです。
かっぱえびせん(90g)が445キロカロリー、サッポロポテト(つぶつぶベジタブル・85g)が413キロカロリー、とんがりコーン(あっさり塩・75g)が409キロカロリーとなっていますので、他のスナック菓子と同様、カロリーは高くなっています。

美味しくて食べやすいので1袋はすぐに食べきってしまうと思いますが、カロリーを考えると、他のお菓子やジュースなどと同時に食べないほうがいいと思います。

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。