モナ王(ロッテ)のカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

モナ王は、ロッテが販売しているアイスクリームです。
しっとりとしたモナカと、さっぱりとしたバニラアイスの一体感を楽しむことができるモナカアイスになります。
モナカアイスの定番として、大人から子供まで親しまれていて、とても人気があります。

今回は、そんなモナ王における、カロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

 

モナ王(バニラ)のカロリーと原材料・栄養成分

モナ王(バニラ)【カロリー】
284キロカロリー(kcal)

【商品説明】
8つ山の形状なので、一人で食べるだけでなく、友達や家族と分けて食べることもできます。

【内容量】
160ml

【原材料名】
乳製品、砂糖、モナカ、植物油脂、水あめ、加工でん粉、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、膨張剤、着色料(アナトー、クチナシ)、甘味料(アセスルファムK)、(原材料の一部に卵、小麦、大豆を含む)

【栄養成分表示】
たんぱく質:5.1g 脂質:13.2 g 炭水化物:36.3g

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●モナ王にひとくちかぶりついてみると、モナカがしな〜っとしているんです。
歯にくっつく感じもありながら、もぐもぐしていると……ふいにその美味しさの虜になります。
バニラアイスは、甘すぎずさっぱりしていて、ミルク感がとても美味しいです。
モナカは別にパリッとしていなくても美味しいんです!モナ王を食べて気づきました。

●小さい頃からあるモナカアイスです。
モナカアイスと言えばモナ王。少し柔らかめのモナカですが、美味しいです。
バニラアイスも甘すぎることなく、最後まで飽きることなく食べれます。

●昔からある定番のモナカで、味も量も変わってない気がします。
外側のモナカがしっとりとして、アイスクリームもあっさりしていて大好きです。
かっちり割れるようになっているので、食べたいときにちょっとだけ食べて、後は冷凍庫へ。
モナ王は我が家のアイスクリームの定番です。

●モナ王のもなかはしっかりというよりもしっとりしているタイプです。 甘さはきつくありません。
ボリュ-ムは結構あるので、お腹は膨れます。美味しいです。

●時々、モナカのアイスが食べたいな~と思ったらこれにします。
外のモナカはしっとりとして、中のバニラクリームはあっさりとした味で後味がいいです。
割って食べることができるので、他の人と分けたり残しておくこともできて食べやすいです

●シンプルなモナカアイスですが、不思議と無性に食べたくなることがあります。
手がべたつかないように工夫して作られているのも良いポイントです。

●モナカがしんなりしていて、バニラに馴染んでいるところが好きです。
バニラも濃厚で美味しい上に、ボリュームもあり、とても満足できます。

●シンプルなもなかアイスで、名前のとおり、ボリュームを含め王様ですね。
バニラアイスがさっぱりしているところが好きです。
もうすこし皮の部分がパリパリすると満点です。

●モナカアイスのなかでも、いちばんボリュームがありそうなので、よく購入します。
後味からみると、さっぱり系のモナ王は優等生だと思います。
丸ごと食べても、みんなで分けて食べても、楽しいアイスです。

さいごに

モナ王(バニラ・160ml)は284キロカロリーです。
1個まるまる食べるとカロリーは高いので、気になる人は、半分食べて残りは冷凍庫で保存し、また後日残りを食べるといったような食べ方にしたほうがいいと思います。

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。