レディーボーデンのカロリーと原材料・口コミ

レディーボーデンは、米国・ボーデン社によるアイスクリームのブランドで、 日本国内においてはライセンス供与によりロッテが販売を行っています。
1971年から販売が開始された昔からある商品であり、厳選された素材で仕上げられた上質な味わいを楽しむことができます。
他のアイスクリームと比較すると容量が多く、価格も高い商品ですが、昔ながらのファンが多い高級感があるアイスクリームになっています。

今回は、そんなレディーボーデンにおけるカロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

レディーボーデン(パイントバニラ)のカロリーと原材料

レディーボーデン パイントバニラ
【カロリー】
715キロカロリー(kcal)

【商品説明】
厳選された乳原料で仕上げ、くせのない上質な乳本来のおいしさを実現しました。
特別な時間を創出する上質なアイスクリーム。上質な乳原料とバニラの風味をお楽しみください。

【内容量】
470ml

【原材料名】
乳製品、砂糖、水あめ、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、着色料(カロチン、野菜色素、アナトー)

【栄養成分表示】
たんぱく質:10.6g 脂質:44.0g 炭水化物:68.8g 食塩相当量:0.35g

レディーボーデン(パイントチョコレート)のカロリーと原材料・栄養成分

レディーボーデン パイントチョコレート
【カロリー】
753キロカロリー(kcal)

【商品説明】
コクのあるチョコレートの味わいをお楽しみ下さい。

【内容量】
470ml

【原材料名】
乳製品、砂糖、ココア、カカオマス/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料

【栄養成分表示】
たんぱく質:12.4g 脂質:47.3g 炭水化物:69.7g 食塩相当量:0.50g

スポンサードリンク

レディーボーデン(パイントストロベリー)のカロリーと原材料・栄養成分

レディーボーデン パイントストロベリー
【カロリー】
606キロカロリー(kcal)

【商品説明】
厳選された乳原料とストロベリーの味わいをお楽しみ下さい。

【内容量】
470ml

【原材料名】
乳製品、ストロベリー加工品(ストロベリー、砂糖)、水あめ、砂糖、加糖ストロベリーピューレ/着色料(野菜色素、紅麹)、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、酸味料

【栄養成分表示】
たんぱく:質8.4g 脂質:31.3g 炭水化物:72.5g 食塩相当量:0.27g

レディーボーデン(パイントグリーンティー)のカロリーと原材料・栄養成分

レディーボーデン パイントグリーンティー
【カロリー】
647キロカロリー(kcal)

【商品説明】
苦味が少なく薫り高い抹茶のさわやかな味わいが楽しめます。

【内容量】
470ml

【原材料名】
乳製品、砂糖、水あめ、抹茶/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)

【栄養成分表示】
たんぱく質:10.6g 脂質:37.5g 炭水化物:66.5g 食塩相当量:0.32g

レディーボーデン(マルチシュガーコーン)のカロリーと原材料・栄養成分

レディーボーデン マルチシュガーコーン
【カロリー】
186キロカロリー(kcal)・ココアシュガーコーン
186キロカロリー(kcal)・シュガーコーン

【商品説明】
厳選した乳原料を使用した上質な乳の味わいと2つのコーンの味わいをお楽しみ下さい。

【内容量】
シュガーコーン75ml×2個、ココアシュガーコーン75ml×2個

【原材料名】
<シュガーコーン>乳製品、シュガーコーン(小麦を含む)、水あめ、砂糖、チョコレートコーチング、準チョコレート/乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(アナトー、野菜色素、カロチン)
<ココアシュガーコーン>乳製品、ココアシュガーコーン(小麦を含む)、水あめ、砂糖、チョコレートコーチング、準チョコレート/乳化剤(大豆由来)、着色料(カラメル、野菜色素、アナトー、カロチン)、安定剤(増粘多糖類)、香料、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示】
<ココアシュガーコーン>
たんぱく質:2.3g 脂質:9.6g 炭水化物:22.7g 食塩相当量:0.12g
<シュガーコーン>
たんぱく質:2.2g 脂質:9.5g 炭水化物:22.9g 食塩相当量:0.06g

レディーボーデン(マルチカップセレクション)のカロリーと原材料・栄養成分

レディーボーデン マルチカップセレクション
【カロリー】
113キロカロリー(kcal)・バニラ
121キロカロリー(kcal)・チョコ
98キロカロリー(kcal)・ストロベリー

【商品説明】
厳選した乳原料を使用した上質な3つの味わいをお楽しみ下さい。

【内容量】
470ml

【原材料名】
<バニラ>
乳製品、砂糖、水あめ/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(野菜色素、アナトー、カロチン)
<チョコレート>
乳製品、砂糖、ココア、カカオマス/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料
<ストロベリー>
乳製品、ストロベリー加工品(ストロベリー、砂糖)、水あめ、砂糖、ストロベリーピューレ/着色料(野菜色素、紅麹)、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、酸味料

【栄養成分表示】
<バニラ>
たんぱく質:1.7g 脂質:6.9g 炭水化物:10.9g 食塩相当量:0.07g
<チョコ>
たんぱく質:2.0g 脂質:7.5g 炭水化物:11.2g 食塩相当量:0.09g
<ストロベリー>
たんぱく質:1.4g 脂質:5.0g 炭水化物:11.7g 食塩相当量:0.05g

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●レディボーデンのバニラは、黄色い卵黄を使っているようで、濃い黄色のバニラです。
口に入れると濃厚で濃くのあるミルクの風味と卵黄の濃厚さがミックスされていてコクがあって美味しいです。
食感は口どけも良く、なめらかで美味しいです。
高級感の定義は解りませんが、上品さというよりは、いい材料を使って手作りした気取らないアイスクリームです。
つまりハーゲンダッツのようなチャレンジした上品で繊細なアイスというより、昔ながらのレトロな伝統の作り方を守った感じです。

●濃厚ミルクでこくがありとても美味しいです。
固めなのでお皿に取り分けるのが少し大変です。少しお値段はりますが、大きめなので家族で食べられます。

●昔からある高級アイスとして愛着があります。
バニラの風味が良い香りで、味も濃厚で美味しいです。
色んなバニラがありますが、このバニラは一番スタンダードなバニラだと思います。

●無駄な物が一切入っていない王道的なバニラアイスといった印象です。
とても固くなりやすいタイプのアイスなので、少し時間を置いてから食べることをおすすめします。

●昔は高級アイスといえばこれでしたけど、最近はハーゲンダッツなどいろいろあるので、印象は薄くなりました。
とはいえスーパーでは250円くらいで買えるので(昔はもっと高かったような?)コスパはいいです。
ハーゲンダッツより手軽に食べられるし、その上アイスは濃厚なので満足感もあります。

●レディーボーデンは高級なアイスのイメージがあります。
バニラの味がしっかりしていて美味しいです。
パンケーキに乗せたりコーヒーフロートにも良いです。

●高級感があって濃く、まったりとした舌触り。 かなり甘い。
量が多いからカロリー気になる。 ついつい食べ過ぎてしまう。 海外でアイスを食べてる気分になるアイス!

●レディボーデンのバニラアイスといえばちょっと贅沢な気分を味わえます。
フタを開けるとバニラビーンズの香りがほのかにします。
硬めなアイスなので少し溶かしてから食べるとなめらかで美味しいです。

●レディーボーデンバニラ。たまに無性に食べたくなります。
学生の頃、これをひとりで一気食いするのがひそかな楽しみでした。まさに「自分へのご褒美」でしたね。
それだけ、いくら食べても食べ飽きない味という証拠ですね。
さすがに50を過ぎた今では、家族5人でシェアですけど?

●アイスクリーム用のコーンと一緒によく購入します。
小さいときからよく食べていたアイスクリームですので、好きなバニラ味です。
安いのに、おいしいので、夏にはまとめ買いしています。

さいごに

レディーボーデン(パイントバニラ・470ml)のカロリーは715キロカロリーです。
他のアイスと比較すると高く、アイスクリームの中ではかなり高カロリーな商品になっています。
大容量のアイスになっていますので一度に食べるということはあまりないと思いますが、カロリーはとても高いので、何回かに分けて食べたほうがいいです。

今回はレディーボーデンを紹介しましたが、同じバニラを使った人気があるアイスクリームの仲間にモナ王があります。
こちらの記事にてモナ王のカロリーや栄養成分などを紹介していますので、よかったら見てくださいね。

 モナ王(バニラ)のカロリーと栄養成分・口コミ

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。