チョコモナカジャンボのカロリーと原材料・栄養成分・口コミ

チョコモナカジャンボは、森永が販売しているアイスクリームです。
18山で分けやすくなっているのが特徴で、チョコやモナカはパリパリ、アイスクリームの中に板チョコが入っています。
モナカの香ばしさ・まろやかなアイスクリーム・パリッとしたチョコレートの絶妙なバランスが味わえるロングセラーのアイスクリームです。

今回は、そんなチョコモナカジャンボにおけるカロリーと原材料・栄養成分・購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

チョコモナカジャンボのカロリーと原材料・栄養成分

チョコモナカジャンボ
【カロリー】
302キロカロリー(kcal)

【内容量】
150ml

【原材料名】
チョコレートコーチング、砂糖、モナカ(小麦・卵を含む)、乳製品、植物油脂、水あめ、デキストリン/加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、セルロース、安定剤(増粘多糖類)、香料、アナトー色素、カロテン色素

【栄養成分表示】
たんぱく質:3.9g 脂質:16.7g 炭水化物:34.1g 食塩相当量:0.12g

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●もうずっと昔ですが、初めて食べた日に感動しました。
真ん中に食感のあるものを挟むとこんなに美味しいものかと夢中になって食べました。
ハーフサイズもあればいいです。

●昔から大好きなアイスの一つです。
モナカのパリパリ感とバニラアイスにサンドされた大きな一枚のチョコレートがとっても美味しいです。
オーブントースターでちょとだけ焼いて食べても美味しいです。

●一年を通して楽しめる定番のアイス。
モナカやチョコの食感を楽しみながら、体温で少しずつ溶けるなめらかなクリームを味わう。 至福のひと時です。

●バニラアイスの味を、中心に入っているチョコレートがとてもひきたてていておいしいてす。
チョコレートが冷えてパリパリと音を立てて気持ちいいです。

●モナカはぱりぱり、バニラアイスは甘さ控えめでお気に入りです。
残念なのが、チョコレート。商品名にまで入っているのに、ほんのちょっとしか入ってなくて、物足りないです。

●モナカの定番ではないでしょうか。夏には必ず食べます。
食べない年はないというほどよく食べています。
コンビニをはじめ,スーパーなどには必ず置いてあるので誰もが周知しているアイスですね。
パリッとした食感の板チョコが中に入っていて,そのまわりのバニラアイスもおいしいです。
手で割りやすいので,みんなで分けて食べることもできます。価格も手頃です

●チョコレートの部分が固すぎず、甘すぎずと本当にちょうどよいチョコレートになっており、好きですね。
バニラも甘すぎない味だと思います。
割って食べたり、そのままかじったりと食感なども楽しいアイスクリームだと思います。

●子どもの頃から大好きです。変わらないおいしさ。しょっちゅう食べてます。
外はパリパリ、チョコもパリパリでとても美味ししです。お腹も大満足です。

●チョコレートのパリッとした食感が絶妙でたまらないです。
また、バニラとチョコレートのバランス、ハーモニーが素晴らしく、リピートしている商品です。

●我が家の定番アイスのひとつです。
真ん中にパリパリの板チョコをサンドしたバニラアイスを、内側を薄くチョコでコーティングしたモナカで包んだアイスです。
中心部の板チョコとモナカの内側のチョココーティングのおかげで、パリパリの食感が楽しめます。
チョコとバニラアイスのバランスと、甘さがちょうど良くて美味しいですね。

さいごに

チョコモナカジャンボのカロリー(150ml)は302キロカロリーです。
爽バニラ(190ml)は230キロカロリー、あずきバー(65ml)は110キロカロリー・パナップ(180ml)のカロリーは155キロカロリーなので、他のアイスクリームと比較した場合、カロリーはかなり高くなっています。

1個のカロリーが高いので、気になる人は半分だけにしておいたほうがいいです。

今回はチョコモナカジャンボを紹介しましたが、同じチョコを使った人気があるアイスクリームの仲間にジャイアントコーンがあります。
こちらの記事にてジャイアントコーンのカロリーや原材料などを紹介していますので、よかったら見てくださいね。

 ジャイアントコーン(チョコナッツ)のカロリーと原材料・口コミ

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。