青椒肉絲(チンジャオロース)のカロリーと糖質・栄養成分

青椒肉絲(チンジャオロース)

青椒肉絲(チンジャオロース)のカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】
264キロカロリー(kcal・140g)

【糖質】
11.8g

【栄養成分】
たんぱく質:10.4g 食物繊維:1.9g 塩分:1.1g

チンジャオロース(CookDo)のカロリー

【カロリー】
31キロカロリー(kcal・1人分29g)

チンジャオロース(王将)のカロリー

【カロリー】
448キロカロリー(kcal・1人前)

チンジャオロース丼(セブンイレブン)のカロリー

【カロリー】
537キロカロリー(kcal・1人前)

チンジャオロース定食のカロリー

【カロリー】
620キロカロリー(kcal・1人前)

チンジャオロースのカロリー比較

他の中華料理のカロリーは、以下のようになっています。

レバニラ炒め

エビチリソース

肉団子の甘酢あんかけ

ホイコーロー

116キロカロリー(kcal)

159キロカロリー(kcal)

320キロカロリー(kcal)

304キロカロリー(kcal)

麻婆豆腐

麻婆茄子

麻婆春雨

酢豚

263キロカロリー(kcal)

249キロカロリー(kcal)

176キロカロリー(kcal)

453キロカロリー(kcal)

八宝菜

焼餃子

春巻き

バンバンジー

243キロカロリー(kcal)

207キロカロリー(kcal)

152キロカロリー(kcal)

205キロカロリー(kcal)

比較すると、カロリーは高くなっています。

チンジャオロースの特徴

青椒肉絲(チンジャオロース)とは、ピーマンとお肉の細切り炒めであり、人気がある中華料理のひとつになります。

日本では、「牛肉とピーマン」の取り合わせが定着していますが、中国では肉といえばまず豚肉で、牛肉を使った料理は「青椒牛肉絲」といいます。

油通しの代わりにぬるめの油でやわらかく火を通した牛肉は、こんがり炒めるのとはまた違った美味しさがあります。

緑鮮やかなピーマンと合わせ、オイスターソース入りの合わせ調味料でからめて仕上げます。

 
チンジャオロースには、ピーマンがよく使われています。

ピーマンは炒め物に向いている食材で、料理の見た目がよくなり、美味しさもアップします。

カロリーは低く、βーカロテンやビタミンCなどの栄養が豊富に含まれている野菜になります。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。