生姜焼き定食のカロリーは高め!ほかの定食との比較は?

生姜焼き定食
生姜焼き定食といえば、ごはんや生姜をからめて焼いた豚肉・さまざまな具材などがセットになったもの。

美味しくて人気があり、ボリュームがあるのでお腹はいっぱいになります。

ただ、油を使ってお肉を焼いているうえ、たっぷりのタレをかけているのでカロリーは高めです。

豚バラ生姜焼定食(松屋)のカロリーと栄養成分

【カロリー】
841kcal

【栄養成分表示】
たんぱく質:27.7g 脂質:31.7g 炭水化物:107.7g ナトリウム:1794mg 食塩相当量:4.6g 

しょうが焼定食(やよい軒)のカロリーと栄養成分

【カロリー】
677kcal

【栄養成分表示】
蛋白質(g):23.4 脂質(g):28.1 炭水化物(g):81.6 食塩相当量(g):3.9 カリウム(mg):511 リン(mg):232

生姜焼き定食(なか卯)のカロリー

【カロリー】
957kcal

生姜焼き定食(オリジン東秀)のカロリーと栄養成分

【カロリー】
1245kcal

【栄養成分表示】
タンパク質:25.8 g 脂質:74.1 g 炭水化物:107.8 g ナトリウム:1598 mg 食塩相当量:4.1 g

生姜焼き定食とほかの定食のカロリー比較

他の定食のカロリーは以下のようになっています。

野菜炒め定食

餃子定食

エビフライ定食

鯖の塩焼き定食

576kcal

1125kcal

720kcal

717kcal

チキンカツ定食

ステーキ定食

チキン南蛮定食

コロッケ定食

820kcal

650kcal

1069kcal

780kcal

メンチカツ定食

カキフライ定食

ヒレカツ定食

アジフライ定食

850kcal

703kcal

1203kcal

808kcal

生姜焼き定食のカロリーはお店によっていろいろですが、700~1100kcalぐらいはあります。

比較すると、カロリーは少し高めになっています。

さいごに

外食チェーンの食事は、基本的にカロリーが高いです。

同じように販売している定食の場合、平均すると800kcalにもなります。

「外食ばかりしてると太る」とよくいわれますが、カロリーを気にする人は、食べる回数を調整したほうがいいと思います。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。