煮魚定食のカロリーと糖質!ほかの定食との違いとは?

煮魚定食

サバやカレイ・メバルなどの煮魚がメインの煮魚定食。

定食屋さんなどで販売されている人気のメニューになります。

コトコトと煮た煮魚はとても美味しく、ご飯がすすむ定食になっています。

 
今回は、そんな煮魚定食のカロリーと糖質・栄養成分を紹介します。

煮魚定食のカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】502kcal・ごはん200g・魚100g

【糖質】84.1g

【栄養成分】
たんぱく質:2705g 脂質:2.7g 塩分:3.1g

煮魚定食とほかの定食のカロリー比較

比較
他の定食のカロリーは、以下のようになっています。

野菜炒め定食

天ぷら定食

ヒレカツ定食

刺身定食

576kcal

752kcal

1203kcal

457kcal

チキンカツ定食

ステーキ定食

チキン南蛮定食

コロッケ定食

820kcal

650kcal

1069kcal

780kcal

メンチカツ定食

カキフライ定食

エビフライ定食

アジフライ定食

850kcal

703kcal

720kcal

808kcal

煮魚定食は、502kcal。

比較すると、刺身定食のつぎにカロリーが低くなっています。

煮魚定食とほかの定食との違いとは?

定食屋さんでは、ヒレカツ定食やチキン南蛮定食・エビフライ定食など、いろいろな定食が販売されています。

ただ、油で揚げている食材を使っていることが多く、カロリーは全体的に高いです。

煮魚定食だと、しょうゆやみりん・砂糖などは使っていますが、油を使用していないためカロリーは抑えられています。

 
カロリーが気になる人は、煮魚定食に変えてもいいのではないでしょうか?。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。