焼き魚定食のカロリーは低い!おすすめする理由とは?

焼き魚定食

定食屋さんでよく品ぞろえされている焼き魚定食。

サケやサバ・サンマなどの魚と、ご飯やみそ汁・漬物などがセットになったものですが、手軽に焼き魚の美味しさを味わえるので人気があります。

油や調味料をほとんど使っていないので、ほかの定食よりカロリーは低くなっています。

 
今回は、そんな焼き魚定食のカロリーと糖質・栄養成分を紹介します。

焼き魚定食のカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】493kcal・ごはん200g・魚45g

【糖質】77g

【栄養成分】
たんぱく質:14.5g 脂質:11.3g 塩分:2.5g

焼鮭定食(松屋)のカロリーと栄養成分

【カロリー】524kcal・1人前

【栄養成分】
たんぱく質:18.4g 脂質:8g 炭水化物:91.4g ナトリウム:1495mg 食塩相当量:3.8g

焼魚定食(吉野家)のカロリーと栄養成分

【カロリー】566kcal・1人前

【栄養成分】
たんぱく質:24.0g 脂質:11.0g 炭水化物:88.5g 食塩相当量:3.5g

焼き魚定食とほかの定食のカロリー比較

比較
他の定食のカロリーは、以下のようになっています。

野菜炒め定食

天ぷら定食

ヒレカツ定食

刺身定食

576kcal

752kcal

1203kcal

457kcal

チキンカツ定食

ステーキ定食

チキン南蛮定食

コロッケ定食

820kcal

650kcal

1069kcal

780kcal

メンチカツ定食

カキフライ定食

エビフライ定食

アジフライ定食

850kcal

703kcal

720kcal

808kcal

焼き魚定食は、493kcal。

比較すると、刺身定食のつぎにカロリーが低くなっています。

焼き魚定食をおすすめする理由とは?

サンマの栄養
定食屋さんでは、天ぷら定食やチキンカツ定食・コロッケ定食などいろいろな定食が販売されています。

そのほとんどは油を使用しているので、カロリーが高い

平均すると800kcalくらいはありますが、中には1000kcalをこえる定食もあります。

 
成人男性が1日に必要としているエネルギー(カロリー)は2200kcal前後なので、800kcalは少し高いといえます。

焼き魚定食だと500kcal前後なので、カロリーをかなり減らすことができます。

 
また、焼き魚定食では、サケ・サバ・サンマなどが主に使われていますが、これらの魚はどれも栄養豊富。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあるDHAやEPAが含まれていて、動脈硬化や高血圧などさまざまな生活習慣病を防ぎます

カルシウムやビタミンDが豊富に含まれていて、歯や骨などの発育に有効とされています。

この他、悪性貧血を防ぐビタミンB12や鉄なども豊富に含まれています。

なので、カロリーが低く、からだにも良い焼き魚定食をおすすめします。

 
【さんまの塩焼きのカロリーはコチラ】
▶▶さんまの塩焼きのカロリーと栄養成分!カロリーを減らす食べ方とは?

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。