萩の月のカロリーと原材料・購入者さんたちの口コミ

萩の月
萩の月は、1979年から「菓匠三全」が販売している、オリジナルのカスタードクリームを高級なカステラ生地で包んだ饅頭型のお菓子のことです。
萩の咲き乱れる宮城野の空に、ぽっかり浮かぶ名月をかたどったお菓子であり、ふんわりやわらかい口当たりとまろやかな甘味が特徴になります。
笹かまぼこや牛タンなどと並ぶ仙台の名物として知名度が高い商品になっています。

今回は、そんな萩の月におけるカロリーと、原材料や購入者さんたちの口コミなどを紹介します。

 

萩の月のカロリーと原材料

【カロリー】
136キロカロリー(kcal・1個)

【原材料名】
牛乳・卵・砂糖・小麦粉・還元水飴・乳製品・バター・トレハロース・グリシン・乳化剤・香料・膨張剤

スポンサードリンク

購入者さんたちの口コミ

●友達が先日、仙台に旅行に行ったみたいで、甘い系のお土産がいいとリクエストしたところ、萩の月というのを頂きました。
ふんわりしたスポンジの中に濃厚なカスタードクリームが入っていて、とても美味しかったです。
口どけも良くてまろやか、あと引く上手さに何個でもいけちゃいます。

●出張で同僚が買ってきてくれました。
一口食べてハッとなりました。
小さい頃、たまに母が会社から持って帰ってきてくれた、あのお土産。
子供ゆえ、きちんとした名前が言えなかった、「お月さまのおまんじゅう」。

柔らかい外側とカスタードが滑らかな内側。
手のひらサイズで少し小さく感じたのは、大人になったからでしょう。
仙台に行く人がいれば、必ず頼みますし、物産展がやって来ても買ってしまいます。
小さな満月で大きな満足です。

●見た目が本当に月みたいでかわいく、とてもおいしそうな香りがします。
外側の高級カステラ生地はとてもふわふわで、中のカスタードクリームはそこまで甘くないけれど、とても濃厚でカステラとうまくマッチしていてとても美味しいです。
何個でも食べられます。

●少し遅めの夏休みを取った同僚が、実家の仙台に帰省し、お土産でこの萩の月を頂きました。
今思うと類似品を良く食べていたので、頂いた時には特に珍しく思わずにいました。
封を開けるとふわふわしっとり。これは今まで食べていた物と全然違う!!
お味も卵の味がしっかりあって本当に美味しかったです。

●言うまでもなく有名な仙台銘菓です。
会社のお土産でいただいて食べたのは随分前の話しです。おいしいと感動しました。
特に中に入っているカスタードクリームがなんとも良いお味です。
1個ずつの包装になっているのも、私だけにいただいた感じがあって嬉しかったのを思い出します。
お値段は高めと思いますが、もらって喜ばない人はおりません。

●一個ずつ立派な箱に入っていて、高級感があります。
ふわふわした生地と中のカスタードクリームとのハーモーニーがたまりません。
これまで何度もいただいているのに、お土産が萩の月だととても嬉しいです。
どなたに差し上げても喜ばれると思います。

●とてもおいしかったので、日ごろお世話になっている人にもおすそ分けしました。
みなさん喜んでくれました。

●萩の月はとても評判が良いです。
仙台=萩の月のイメージがあるくらい知名度も高いです。
皆さんに喜んでもらえました。
駅の売店で気軽に買えるところも良いです。「お土産を買い忘れた」でも、すぐ売店で買えますので。

●安定の美味しさですね。
温めたり・凍らせたり・そのまま食べたりと、色んなバリエーションで美味しく食べさせて頂いてます。
このカスタードクリームの味わいは萩の月さんならではの美味しさです。

●萩の月は個別包装、箱の中に袋入りの可愛いカスタードケーキが入っています。
お土産としては持ち帰りも、その場で食べることもでき、いただいて嬉しかったです。
お菓子自体はスポンジケーキの中にカスタードクリームが入っていて甘すぎず、老若男女にオススメしたいお菓子です。

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。