らっきょうのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ラッキョウ
らっきょうは、甘酢漬けで食べられることが多い食べ物。

カレーを食べると胃がもたれてしまう事がありますが、らっきょうといっしょに食べると、カレーの辛さをまろやかにして胃の働きを補います。

また、らっきょうの漬けものを炒めものに少し入れたり、すりおろして使ったり、みじん切りにしてマヨネーズに混ぜたりすると、味にアクセントがつくので美味しくなります。

 
今回は、そんならっきょうのカロリー一覧と糖質・栄養や効果について紹介したいと思います。

らっきょうのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】118kcal・可食部100g当たり

【糖質】8.6g

らっきょう(1個)のカロリー

【カロリー】6kcal・5g

生らっきょうのカロリー

【カロリー】83kcal・可食部100g当たり

島らっきょうのカロリー

【カロリー】49kcal・可食部100g当たり

花らっきょう(桃屋)のカロリーと栄養成分

【カロリー】116kcal・100g当たり

【栄養成分】
たんぱく質:0.3g 脂質:0.1g 炭水化物:30.1g  糖質:26.8g 食物繊維:3.3g ナトリウム:1.2g 食塩相当量:3.0g

シャキシャキ食感のらっきょう(セブンイレブン)のカロリーと栄養成分

【カロリー】88kcal・1人前 (80 g)

【栄養成分】
たんぱく質:0.5g 脂質:0.2g 炭水化物:22.6g 糖分:19.3g 食物繊維:3.3g ナトリウム:1800mg

らっきょうの甘酢漬けのカロリー

【カロリー】12kcal・10g

らっきょう酢のカロリー

【カロリー】172kcal・100g当たり

塩らっきょう漬けのカロリー

【カロリー】45kcal・100g当たり

島らっきょうの天ぷらのカロリー

【カロリー】212kcal・1人前

岩下のピリ辛らっきょう(コストコ)のカロリー

【カロリー】114kcal・100g当たり

らっきょうの栄養と効果

ラッキョウの栄養
らっきょうは、強い殺菌作用で口内炎を防ぐほか、胃もたれの解消や食欲増進・風邪予防にも有効とされ、最近ではがん予防に対しての効果も報告されています。

また、血行がよくなったり、乳酸を分解して疲労回復を早めたり、脳や神経を健康に保つなど、その他にもさまざまな薬効が期待できます。

 
独特の香り成分には硫化アリルの仲間であるアリシンが含まれています。

食物繊維がゴボウの3~4倍と豊富に含まれていて、血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きがあり、糖尿病の予防効果が期待できます。

カリウムが含まれていて、血圧の調整作用があるので、高血圧の人は毎日食べると効果的。

 
漢方では、胸部の痛みや腹痛を緩和させたり、みぞおちがつかえた嘔吐や下痢などに有効とされています。

狭心症や神経痛・気管支炎などによる症状の他、感染性腸炎などによる腹痛や下痢などの治療薬として利用されています。

1日に5~6粒食べることで、動脈硬化やストレス疾患など、生活習慣病に対する効果が期待できます。

らっきょうの主な効果

便秘の予防、改善・大腸がんの予防・食欲増進・血行促進

らっきょうの主な栄養成分

アリシン・食物繊維・カリウム

 
【らっきょうの特徴などはコチラ】
▶▶▶らっきょうの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。