カワハギ(煮付け)のカロリーや栄養

カワハギ

カワハギのカロリー

食べ物のカロリー
【カロリー】
83キロカロリー(kcal・※可食部100gあたり)

カワハギの煮付けのカロリー

【カロリー】
87キロカロリー(kcal・100g)

関連記事

カワハギの特徴などはコチラ。

他の魚介類のカロリー

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113キロカロリー(kcal)

133キロカロリー(kcal)

257キロカロリー(kcal)

108キロカロリー(kcal)

タイ

サバ

タラ

アンコウ

142キロカロリー(kcal)

202キロカロリー(kcal)

77キロカロリー(kcal)

200キロカロリー(kcal)

アユ

キス

カンパチ

イサキ

100キロカロリー(kcal)

85キロカロリー(kcal)

129キロカロリー(kcal)

127キロカロリー(kcal)

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266キロカロリー(kcal)

148キロカロリー(kcal)

144キロカロリー(kcal)

99キロカロリー(kcal)

にしん

カレイ

ヒラメ

ししゃも

216キロカロリー(kcal)

95キロカロリー(kcal)

103キロカロリー(kcal)

177キロカロリー(kcal)

ふぐ

穴子

うなぎ

コチ

84キロカロリー(kcal)

161キロカロリー(kcal)

255キロカロリー(kcal)

127キロカロリー(kcal)

アジ

いわし

カツオ

さんま

126キロカロリー(kcal)

217キロカロリー(kcal)

114キロカロリー(kcal)

297キロカロリー(kcal)

タコ

イカ

エビ

トビウオ

76キロカロリー(kcal)

83キロカロリー(kcal)

82キロカロリー(kcal)

79キロカロリー(kcal)

うに

サザエ

あさり

毛ガニ

120キロカロリー(kcal)

89キロカロリー(kcal)

30キロカロリー(kcal)

72キロカロリー(kcal)

牡蠣

しじみ

ホタテ

はまぐり

60キロカロリー(kcal)

64キロカロリー(kcal)

88キロカロリー(kcal)

36キロカロリー(kcal)

比較すると、カロリーは低くなっています。

カワハギの栄養と効果

カワハギ
カワハギは、高たんぱくで低脂肪なうえに、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸やビタミン類を豊富に含む、栄養価が高い魚になります。

DHA・EPA

DHAやEPAはコレステロール値を下げたり、血栓を防ぐ作用があります。

動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

ビタミンD

ビタミンDが豊富に含まれていて、骨や歯を丈夫にするカルシウムやリンの吸収率を高めてくれるので、骨粗しょう症の予防に対する効果が期待できます。

ビタミンDは、油に溶けやすい脂溶性なので、揚げ物や炒めものなど油を使って調理すると効率的に摂取することができます。

その他

高血圧やコレステロールを抑制するとされているカリウムやタウリンが含まれています。

インスリンの合成に関与するビタミンB6やナイアシンを含むため、糖尿病を予防する効果が期待できます。

 
肝にはビタミンAが豊富に含まれています。

皮膚のトラブルや髪のパサつきを予防・改善するビタミンB2が豊富に含まれています。

カワハギの主な効果

骨粗しょう症の予防・糖尿病の予防・動脈硬化の予防・美肌効果

カワハギの主な栄養成分

DHA・EPA・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンD・カルシウム・リン・カリウム・タウリン

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。