ふぐのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ふぐの特徴
ふぐは、真冬を代表する高級魚。

透明感の強い白身は、煮ても焼いても非常に美味しく、奥深いうま味があります。

秋~冬になると、スーパーでは鍋セットが販売されますが、とても人気です。

 
今回は、そんなふぐのカロリー一覧と糖質・栄養や効果などを紹介したいと思います。

ふぐのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】84kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.0g

ふぐの白子のカロリー

【カロリー】62kcal・100g

ふぐの皮のカロリー

【カロリー】78kcal・100g

ふぐ鍋(てっちり)のカロリー

アンコウ鍋
【カロリー】224kcal・1人前

ふぐの料理としてもっともよく知られているのが、ふぐ鍋(てっちり)。

淡白ですが奥深い上品な味がするので、鍋の中でいちばん好きという人も多いです。

カロリーは低く、ポン酢につけて食べると美味しいです。

ふぐの湯引きのカロリー

【カロリー】90kcal・1人前

ふぐのおつまみであるふぐの湯引き。

やわらかくクセのない味に仕上がっていて、ネギなどの薬味とともにぽん酢で食べることが多いです。

カロリーは少し高めなので、食べる時は1人前だけにしておきましょう。

ふぐの刺身のカロリー

ふぐの刺身
【カロリー】27kcal・1人前

ふぐ料理の中でよく知られているのがふぐの刺身。

透き通ったふぐが、大皿の上に1枚ずつきれいに盛り付けられています。

カロリーはとても低く、1人前くらいであれば気にしなくても大丈夫です。

ふぐの一夜干しのカロリー

【カロリー】43kcal・1人前

ふぐの一夜干しは、下処理をしたふぐを一晩かけて乾燥させたもの。

そのまま焼くのが一般的な食べ方ですが、天ぷらや唐揚げ・炊き込みご飯にしても美味しいです。

カロリーは低いので、いろいろな料理に活用しましょう。

ふぐのみりん干しのカロリー

【カロリー】65kcal・1人前

ふぐの寿司(たたき)のカロリー

【カロリー】38kcal・1カン

最近では、回転寿司でも販売されているふぐの寿司。

あっさりとした味が美味しく、人気があります。

1カン当たりのカロリーは、マグロ(赤身)が60kcal、サーモンが60kcal、うなぎが76kcalなので、ふぐは低いです。

ふぐの唐揚げのカロリー

ふぐの唐揚げ
【カロリー】100kcal・1人前

ふぐ料理の中でも人気があるふぐの唐揚げ。

深みのあるあっさりとした味で、お肉の唐揚げとはまったく違った味わいがあります。

カロリーは少し高いので、美味しいとはいえ1人前だけにしておきましょう。

ふぐの天ぷらのカロリー

【カロリー】339kcal・1人前

ふぐ(くら寿司)のカロリー

【カロリー】38kcal・1カン

ふぐ雑炊のカロリー

【カロリー】210kcal・1人前

ふぐと他の魚介類のカロリー比較

比較
他の魚介類のカロリーは、以下のようになっています。

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113kcal

133kcal

257kcal

108kcal

タイ

サバ

たら

アンコウ

142kcal

202kcal

77kcal

200kcal

アユ

キス

カンパチ

イサキ

100kcal

85kcal

129kcal

127kcal

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266kcal

148kcal

144kcal

99kcal

アジ

いわし

カツオ

さんま

126kcal

217kcal

114kcal

297kcal

ふぐは84kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりもかなり低くなっています。

ふぐの栄養と効果

フグ
ふぐは、良質なたんぱく質を含んでいて、低カロリーでヘルシーな魚。 

イノシン酸やタウリン・グリニシンなどのアミノ酸が豊富に含まれているので、独特のうま味と歯ごたえがあります。

タウリンは、免疫力を高める効果があるほか、グリニシンとの相乗効果で、血圧やコレステロール値の低下に対して有効に作用します。

 
皮には、強力な抗酸化作用を持ち、がんの予防や精力減退・更年期障害の予防にもいいとされているセレンが含まれています。

また、コラーゲンが豊富に含まれているので、美肌や美容効果が期待できます。

 
精巣には、アルギニンが豊富に含まれています。

体の脂肪の代謝を促し、病気になりにくい体を作る効果が期待できます。

この他、糖質や脂質の代謝を促すナイアシンが豊富に含まれています。

ふぐの主な効果

高血圧の予防、改善・美肌効果・老化抑制・コレステロールの上昇抑制

ふぐの主な栄養成分

イノシン酸・タウリン・グリニシン・セレン・コラーゲン・アルギニン・ナイアシン

さいごに

ふぐは、食べやすく上品な味がして美味しいです。

料理屋さんではコースで食べることも多いのですが、カロリーは低いので、あまり気にしなくても大丈夫。

魚の中でも高級品といわれるふぐの味を楽しみましょう。

 
【ふぐの種類や特徴などはコチラ】
▶▶▶河豚(ふぐ)の種類と特徴!旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。