カレイのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

カレイの調理法
日本の食卓ではおなじみの魚であるカレイ。

煮付けや唐揚げ・塩焼きなど、さまざまな調理法があります。

やわらかい身をもつカレイは、食べやすくて美味しいのでとても人気があります。

 
今回は、そんなカレイのカロリー一覧と糖質・栄養や効果などを紹介したいと思います。

カレイ(切り身)のカロリーと糖質

カレイの栄養
【カロリー】95kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.1g

カラスガレイのカロリー

【カロリー】186kcal・可食部100g当たり

子持ちカレイのカロリー

【カロリー】143kcal・可食部100g当たり

カレイのえんがわのカロリー

【カロリー】342kcal・可食部100g当たり

カレイの唐揚げのカロリー

【カロリー】215kcal・100g

カリカリに揚がった、香ばしいカレイの唐揚げ。

フワッとした身が美味しく、あんかけにしても美味しいです。

油を使っているのでカロリーは少し高いですが、食べごたえのある一品になっています。

カレイのみりん漬けのカロリー

【カロリー】131kcal・100g

カレイをみりんやしょう油などに漬けた後、焼いたカレイのみりん漬け。

漬けた後は焼くだけでよく、カレイのフワッとした食感が美味しいです。

カロリーは比較的高めなのですが、味が濃いのでお酒のおつまみにはピッタリ。

カレイの煮付けのカロリーと糖質・栄養成分

カレイの煮つけ
【カロリー】135kcal・200g

【糖質】7.4g

【栄養成分】
たんぱく質:20.3g 脂質:1.3g 塩分:1.4g

子持ちガレイの煮付けカロリーと糖質

【カロリー】249kcal・175g

【糖質】17.3g

カレイの煮付けは、カレイを煮ながら、しょうゆなどで味付けした料理。

カレイを使った料理でよく知られているのがこのカレイの煮付けであり、カレイの美味しさを十分に味わうことができます。

ご飯のおかずやお酒のおつまみなどによく合いますが、料理自体は簡単で、すぐに作ることができます。

カレイの塩焼きのカロリー

【カロリー】146kcal・1尾・200g

カレイを丸ごと一匹焼いたカレイの塩焼き。

ボリュームがあるのでご飯のおかずにピッタリで、カレイの美味しさをそのまま味わうことができます。

焼く事により、生よりもカロリーは少し減っています

カレイの西京焼き(1切れ)のカロリー

【カロリー】75kcal・70g

カレイをみりんや味噌などに漬けた後、焼いたカレイの西京焼き。

やわらかな口当たりと、まろやかな味わいがある上品な料理になっています。

ほかの調理法と比較すると、カロリーは低くなっています。

カレイのムニエルのカロリー

ヒラメのムニエル
【カロリー】95kcal・100g

外はカリッと中はフワフワなカレイのムニエル。

野菜などを添えていますが、淡白なカレイにタルタルソースがよく合います。

バターやソースの組み合わせで、カロリーはかなり変わってきます。

干しかれいのカロリー

【カロリー】117kcal・100g

カラスカレイのフリッターのカロリー

【カロリー】256kcal・1人分

あぶらカレイのホイル焼きのカロリー

【カロリー】165kcal・1人分

カレイのムニエルのカロリー

【カロリー】179kcal・1人分

カレイのみりん干しのカロリー

【カロリー】214kcal・1人分

かれいの刺し身のカロリー

【カロリー】37kcal・1人分

カレイの煮付け定食のカロリー

【カロリー】531kcal・1人前

かれいの甘酢あんかけのカロリー

【カロリー】287kcal・1人分

カレイの南蛮漬けのカロリー

【カロリー】193kcal・1人分

カラスカレイの照り焼きのカロリー

【カロリー】140kcal・1人分

カレイの竜田揚げのカロリー

【カロリー】351kcal・1人分

かれいの照煮(セブンイレブン)のカロリー

【カロリー】196kcal・1切れ

かれいのえんがわ(くら寿司)のカロリー

【カロリー】94kcal・1食

カレイと他の魚介類のカロリー比較

比較
他の魚介類のカロリーは、以下のようになっています。

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113kcal

133kcal

257kcal

108kcal

タイ

サバ

たら

アンコウ

142kcal

202kcal

77kcal

200kcal

アユ

キス

カンパチ

イサキ

100kcal

85kcal

129kcal

127kcal

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266kcal

148kcal

144kcal

99kcal

アジ

いわし

カツオ

さんま

126kcal

217kcal

114kcal

297kcal

カレイは95kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

カレイの栄養と効果

カレイ
カレイは、高たんぱくで低脂肪の魚。

消化が良いので、胃腸が弱っている人や高齢者に向いています。

カレイに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

コラーゲン

エンガワには、コラーゲンが豊富に含まれています。

肌の若さを保つ効果や、老化防止に有効とされています。

 
コラーゲンをムダなく摂取するなら、煮つけがおすすめ

煮ることによってコラーゲンがゼラチン状になって出てくるので、効率よく摂取することができます。

また、煮魚なら煮汁もいっしょに食べるので、汁に流れ出たコラーゲンも逃さず摂ることができます。

カルシウム・ビタミンD・ビタミンB1

カルシウムが含まれていて、ストレスに対抗する働きがあります。

ビタミンDが含まれていて、カルシウムの働きを助けてくれる作用があります。

また、ビタミンB1が含まれていて、イライラやストレスをやわらげてくれる効果が期待できます。

 
これらの栄養素が含まれているので、精神を安定させる効果が期待できます。

その他

タウリンが豊富に含まれていて、血圧やコレステロールを下げる効果が期待できます。

ビタミンB2がヒラメの約3倍と豊富に含まれていて、たんぱく質とともに髪や肌を健康に保ちます。

タマゴを持っている子持ちカレイには、ビタミンB1やビタミンB12・葉酸・パントテン酸などのビタミンB群がより多く含まれています。

糖質や脂質の代謝促進・貧血予防に対して有効とされています。

カレイの主な効果

精神安定・老化予防・コレステロールの上昇抑制・美肌効果

カレイの主な栄養成分

DHA・EPA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンD・ビタミンE・コラーゲン・タウリン・カルシウム・葉酸・パントテン酸

さいごに

カレイは、手軽に購入できる食材なので、家庭で調理する機会も多いと思います。

とても簡単に調理することができる食材なのに、上品な味がして美味しいです。

100g当たり95kcalであり、魚の中だとカロリーは低いので、いろいろな調理法を楽しみましょう。

 
【カレイの種類や特徴などはコチラ】
▶▶▶鰈(カレイ)の種類と特徴!旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。