にしんのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ニシン
にしんは、塩焼きやみそ煮・天ぷらなどにすると美味しいです。

独特の脂臭さがあるので、調理する時には、濃い目の味付けがおすすめ。

脂がのっているにしんは、塩焼きにすると美味しいですが、小骨が多いので食べる時には注意が必要です。

 
にしんは、鮮度が落ちやすく、寄生虫がいることもあるので、生では食べないほうがいいでしょう。

天日干しにすると、成分が凝縮されてうま味や栄養分がアップします。

近年では、子持ち昆布という、にしんが昆布に卵を産みつけたものが輸入され、数多く販売されています。

 
今回は、そんなにしんのカロリー一覧と糖質・栄養や効果などを紹介したいと思います。

にしんのカロリー

食べ物のカロリー
【カロリー】216kcal・可食部100g当たり

にしんそばのカロリー

にしんそば
【カロリー】450kcal・1人分

にしんの昆布巻きのカロリーと糖質

【カロリー】106kcal・25g

【糖質】12.9g

かずのこ(塩蔵)のカロリーと糖質

【カロリー】16kcal・18g

【糖質】0.1g

数の子とは、にしんの卵巣を海水で血抜きをし、水洗いしてから塩漬けにしたもの。

乾燥させると、干し数の子になります。

塩抜きした数の子はいたみやすいので、できるだけその日のうちに食べたほうがいいでしょう。

抗酸化作用のあるミネラルやセレンなどが含まれています。

にしんの甘露煮のカロリー

【カロリー】112kcal・1人分

身欠きにしんのカロリー

【カロリー】246kcal・1人分

身欠きにしんは、にしんを3枚におろして煮干ししたもの。

よく乾燥させたものと、生干しがあります。

もともと大量に獲れたにしんの保存法としてつくられたものですが、現在では生よりも需要があります。

生のものより水分が少なく、カルシウムやビタミンDをより多く含んでいます。

にしんの塩焼きのカロリー

【カロリー】356kcal・1尾

にしんの酢漬けのカロリー

【カロリー】118kcal・1人分

にしんの菜の花漬けのカロリー

【カロリー】271kcal・1人分

にしんの燻製 のカロリー

【カロリー】199kcal・1枚

にしんの刺身のカロリー

【カロリー】173kcal・1人分

にしんの飯寿司のカロリー

【カロリー】218kcal・100g当たり

にしんの照り焼きのカロリー

【カロリー】208kcal・100g当たり

ニシンの南蛮漬けのカロリー

【カロリー】406kcal・1人分

やわらか仕上げ にしん姿煮(フジッコ)のカロリー

【カロリー】250kcal・100g当たり

にしん蒲焼(キョクヨー)のカロリー

【カロリー】190kcal・100g当たり

にしんと他の魚介類のカロリー比較

比較
他の魚介類のカロリーは、以下のようになっています。

アマダイ

サケ

カワハギ

マグロ

113kcal

133kcal

83kcal

108kcal

ブリ

タイ

たら

アンコウ

206kcal

142kcal

77kcal

200kcal

アユ

キス

カンパチ

イサキ

100kcal

85kcal

129kcal

127kcal

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266kcal

148kcal

144kcal

99kcal

アジ

いわし

カツオ

さんま

126kcal

217kcal

114kcal

297kcal

にしんは216kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも高めになっています。

にしんの栄養と効果

にしんの栄養
にしんは、脂質が多いためカロリーは高めですが、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれている魚。

にしんに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

DHA・EPA

不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれていて、コレステロールの増加を抑制する働きがあります。

DHAは脳細胞を活性化させ、EPAは血液をサラサラにする作用があるので、動脈硬化の予防や改善に効果的です。

ビタミンB12・鉄

ビタミンB12には、造血作用や中枢神経の機能を正常に保つ働きがあるとされています。

鉄が含まれていますが、ビタミンB12と合わせると、貧血の予防や改善に対する効果が期待できます。

その他

ビタミンAが含まれていて、肌のトラブルや老化を防ぐ効果に期待ができます。

ビタミンDが含まれていて、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。

セレンが含まれていますが、その量は魚介類の中でもトップクラスの含有量を誇ります。

カリウムが豊富に含まれていて、体内の余分なナトリウムの排出を促すので、血圧を下げる働きがあります。

 
にしんに含まれている栄養分は、脂溶性のものが多いです。

バター焼きなど、油を使った料理にすると吸収率が高まります。

にしんの主な効果

老化の抑制・貧血の予防、改善・美肌効果・骨粗しょう症の予防

にしんの主な栄養成分

ビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD・セレン・DHA・EPA・カリウム

 
【にしんの特徴などはコチラ】
▶▶▶にしんの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。