太刀魚(タチウオ)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

タチウオ
太刀魚は、全国各地で獲れる夏~秋が旬の魚。

白身魚で小骨が多く少し水っぽいですが、どんな料理にしても美味しいです。

特に塩焼きにするのが美味しく、熱を通すと淡白な白身がうま味を増します。

 
今回は、そんな太刀魚のカロリー一覧と糖質・栄養や効果について紹介したいと思います。

太刀魚のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】266kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.0g

太刀魚の刺身のカロリー

タチウオの調理法
【カロリー】150kcal・80g

旬の新鮮なものは、刺身にすると美味しい。

ほんのり甘く、コリコリとした食感があります。

あえて表面の銀色を少しだけ残すと、盛り付けに華がでます。

太刀魚の天ぷらのカロリー

【カロリー】130kcal・1個

太刀魚は、塩焼きや刺身にしてよく食べられていますが、天ぷらも美味しいです。

サクサクした天ぷらは、おつまみやご飯のおかずにピッタリ。

カロリーは少し高いですが、新鮮な太刀魚を手に入れたら天ぷらにしてみましょう。

太刀魚の塩焼きのカロリー

太刀魚の塩焼き
【カロリー】260kcal・1切れ

太刀魚の食べ方の中で、もっとも多いのが太刀魚の塩焼き。

上品な味の太刀魚は、塩焼きにするとその味がよくわかります。

とても美味しいですが、カロリーは高くなっています。

太刀魚の唐揚げのカロリー

【カロリー】170kcal・1人前

太刀魚を一口大に切り、ふっくらと揚げた太刀魚の唐揚げ。

二度揚げすると中までしっかり火が通るので、身離れがよく食べやすくなります。

冷めても美味しく、お弁当におすすめ。

太刀魚の煮付けのカロリー

太刀魚の煮付け
【カロリー】200kcal・1人前

ふっくらでやわらかな太刀魚の煮付け。

煮込む場合は、包丁で細かく切り目を入れると味がしみ込み、骨が取りやすくなります。

カロリーは少し高めですが、夕食のおかずにピッタリ

太刀魚のムニエルのカロリー

【カロリー】305kcal・1人前

クセのないシンプルな味わいの太刀魚は、ムニエルにしても美味しいです。

バターをたっぷりと使ったムニエルは、レモンをしぼるとさっぱりして食べやすくなります。

バターを使っているのでカロリーは高いです。

太刀魚の干物(みりん干し)のカロリー

【カロリー】350kcal・1食

太刀魚のあっさり淡白なうま味に、みりんの美味しさとゴマの香ばしさがよくマッチしています。

カロリーは高いので、食べる量は調節しましょう。

タチウオのチーズフライのカロリー

【カロリー】551kcal・1人分

タチウオの蒲焼重のカロリー

【カロリー】744kcal・1人分

太刀魚のソテーのカロリー

【カロリー】396kcal・1人分

太刀魚の竜田揚げのカロリー

【カロリー】140kcal・1人分

近海太刀魚の炙りにぎり(スシロー)のカロリー

【カロリー】69kcal・1カン

太刀魚と他の魚介類のカロリー比較

比較
他の魚介類のカロリーは、以下のようになっています。

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113kcal

133kcal

257kcal

108kcal

タイ

サバ

たら

アンコウ

142kcal

202kcal

77kcal

200kcal

アユ

キス

カンパチ

カワハギ

100kcal

85kcal

129kcal

83kcal

イサキ

カマス

ハモ

カジキ

127kcal

148kcal

144kcal

99kcal

アジ

いわし

カツオ

さんま

126kcal

217kcal

114kcal

297kcal

太刀魚は266kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりもかなり高くなっています。

太刀魚の栄養と効果

タチウオの栄養
太刀魚は、消化のいい良質なたんぱく質に加え、DHAやオレイン酸・ビタミンAなどが豊富に含まれている魚。

DHAは、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがある他、脳の神経細胞を活性化させる作用があります。

オレイン酸は、肌にハリとツヤを与える働きや悪玉コレステロールを減らす働きなどがあり、動脈硬化や心臓病の予防に対する効果が期待できます。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きが期待できます。

 
このほか、アレルギーを予防するとされているビタミンB6や、貧血を予防する効果が期待できるビタミンB12、カルシウムの吸収を促す作用があるビタミンD、細胞の老化を抑制する働きがあるビタミンE、血行を良くするとされているナイアシンなどが含まれています。

太刀魚の主な効果

動脈硬化の予防・骨粗しょう症の予防・記憶力の向上・アレルギー症状の改善

太刀魚の主な栄養成分

DHA・オレイン酸・ビタミンA・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンD・ビタミンE・ナイアシン

 
【太刀魚の特徴などはコチラ】
▶▶▶太刀魚(タチウオ)の特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。